今週木曜日(7日)夜中零時から2週間の完全封鎖を政府が承認

 今夜(火曜日)数時間に及んだ政府閣議の結果、封鎖の強化が決定した。木曜日と金曜日の夜中零時からイスラエルは封鎖引締めを開始し、保育園、幼稚園と学校が全て閉鎖される。現在の不完全な封鎖が10日間実施されても感染拡大を防止できなかったため、封鎖引締めは2週間継続する。


●封鎖引締め内容:

 ・木曜日の夜中零時から開始し2週間継続。

 ・特別学校以外の教育施設は全て閉鎖。

 ・室内は5人、屋外は10人までとする。

 ・必要な職種のみ通勤可能で、許可される職種は削減。

 ・プロスポーツ活動の禁止。

 ・自宅からの外出距離1km、他人の家の滞在禁止は継続。

 ・封鎖以前にフライト・チケットを購入した者のみフライトを許可、封鎖後には特別委員

  会の許可を得る必要あり。

 ・レッドカントリーから帰国する者は、イギリスと南アフリカ変異種拡大防止の為にホテ

  ル強制隔離。PCR検査を受けて陰性の場合のみ隔離から解放される。


 明日政府は再度閣議で、今晩中に保健省と法務省が作成した規制内容を最終的に承認する。木曜日の夜中に有効となるまでに、政府には1週間内に決定内容を承認、拒否、変更することが出来る。

 現在までイスラエルでは約30件のイギリス変異種が確認されており、そこから189人の感染者が確認された。現在約900個の変異種の疑いがあるサンプルが研究所にあり、その中の200件の検査から30人の感染者が確認されている、つまり約15%の陽性率という計算になる。

最新記事

すべて表示

パレスチナ総選挙:何故今なのか

アメリカ大統領選の時期、ラマッラの政治マップに熟知しているパレスチナ関係者と、トランプ政権が継続される場合、又は民主党が勝った場合のパレスチナ当局の動向に関して話し合ってみた。「もしバイデンが勝つならば、パレスチナ当局は総選挙に行くだろう」と彼は確信して言った。 彼の予想には驚かされた、というのもトランプ政権が勝ってパレスチナの孤立化が継続するならば、ハマスと手を組んでイスラエルとアメリカに対抗す

ベンジャミン・デ・ロスチャイルド男爵が57歳で死去

エドモンド・デ・ロスチャイルド・グループ責任者のベンジャミン・デ・ロスチャイルド男爵が、昨日心臓発作でスイスの自宅で亡くなった。享年57歳。 ベンジャミン氏は1963年7月30日にエドモンド男爵とバロネス・ナディン・デ・ロスチャイルドの家庭に生まれ、1997年から父親が設立したグループの総責任者となり、同グループのビジネスと慈善事業の開発・拡大を担ってきた。ここ数年はグループの未来ビジョンの策定に

過去からの教訓:イスラエル国会議事堂が襲撃された契約書

市民の反対がピーク時の1952年にドイツの賠償金支払い契約書に調印がなされ、ナチス政権崩壊から7年しか経過していなかった。国会議事堂での運命的な閣議中にベギンは叫んだ、「汚れた数百万マルクのせいで、我々が獲得した少々の誇りさえ奪うのか?」、その後大勢の市民が国会議事堂に雪崩れ込んだ。暴動にも関わらず、外貨不足と緊縮財政政策がこの問題の決定を下した。 「俺の家族全員が殺害され、それを黙らせる為に金を

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.