今日は商店再開に関する閣議:封鎖解除計画

 昨日(14日)のコロナ閣議では制限解除の今後の段階に関して話し合われた。昨日は空港規制以外の重要な決定はなされていない。「マゲン・イスラエル(イスラエルの盾)」本部局長ナフマン教授は、教育関係者、医療関係者、治療所や運転手など人との接触が多い従業員へのワクチン接種又はPCR検査の義務付けを推薦している。また同本部は、未接種の市民リストを地方自治体へ保健省が送付することを可能にする法の制定も推奨している。

 オーリット観光大臣の提案した空港規制では、ベングリオン空港から毎日2千人までの入国が許可される。また空港監視員により幅広い権限が与えらえる法の制定、国防省による強制隔離ホテルの十分な受け入れ態勢、保健省が特例委員会を開設することなど。主な規制は承認され、今後細かい規制が承認される予定である。接種者と回復者は隔離される必要は無いと見られており、また接種者と回復者の海外旅行再開の可能性も検討されている。ネタニヤフ首相は海外から帰国する者でホテル強制隔離を拒否する者への法的罰則の可能性を検討することを要求した。

 また昨夜は、教育施設再開に関する最新の信号色別都市リストが承認されたが、大きな混乱を招いている。テルアビブでは幼稚園と小学校低学年が再開されるが、エルサレムでは火曜日から、エイラットでは水曜日から、ネタニヤでは未定となっている。各都市内でも居住区によって再開と未再開と分かれており、各家庭で調べる必要がある。

 これらを受けてコロナ閣議は今日、封鎖解除計画に関する話合いを持つ予定である。今日は商店再開が重要な議題なっている。カホール・ラバン政党では、今週から「グリーン証明書」の利用を開始し、文化、観光、娯楽、ジムや商店を再開することを要求している。同政党では、ネタニヤフ首相は「時間を利用」して、総選挙日に近い期日での再開を狙っていると主張している。

●封鎖解除計画

予定日 2段階目2月23日予定 3段階目3月9日予定


教育 小学校5~6年生 中学校1~高校1年生

高校2~3年生 グリーンとイエロー都市

グリーンとイエロー都市 オレンジは接種率70%以上

オレンジは接種率70%以上


グリーン証明書無 ストリートショップ

シナゴーグ


グリーン証明書有 モール、市場、アウトレット レストラン(事前予約)

ジム、スタジオ ホテル(通常営業)

文化イベント、スポーツ 式場、学会、アトラクション

博物館、素泊まりホテル

プール、展示会


集合人数規制 屋内10人、屋外20人 屋内20人、屋外50人

 グリーン証明書と平行し、カホール・ラバン政党ではプリム祭での制限を要求している。同政党によると、商店、教育や集合人数の短縮をプリム祭だけでも実施し、感染の悪化を懸念している。もしこれが承認されなければ、完全封鎖を検討するよう推奨する予定である。

最新記事

すべて表示

PCR検査会場閉鎖準備:検査費用140シケル請求

アロン本部司令官リリー准将は、これに反対している。「ラベルを変更するのは重要だあるが、検査の可用性を変更することではない。ドライブイン検査場の閉鎖は大した節約にもならず、実際には作戦的柔軟性に被害を与えると予想される。ドライブイン検査場は、1日で約6千件のPCR検査に対応している。更に週末では保険会社も休んでいる為に、必要で唯一の解決策ともなっている」と語った。 平行して保健省では、不必要と定義さ

感染終息?4人のみがエクモに接続

感染の束縛から段々と解放され続けている。閣議は昨日、追加緩和を承認した。医療前線では、病院は段々とエクモを必要としておらず、昨日はたったの4人しか接続されていない。 明日から有効となる緩和内容は、室内の人数制限は50人、屋外は500人まで。ジムとスポーツ施設、プールとアトラクションがパープル規制による運営承認、グリーン規制の枠内で活動していた場所の制限解除などである。閣議はまた、グリーン規制を必要

保健省の躊躇:12~15歳を接種するべきか

保健省では子供へのワクチン接種に関する話し合いを凍結し、12~15歳の子供達へのワクチン接種についてどのように、また根本的な推奨がまとめられるかどうかを検討している。この過去数カ月間に保健省上層部が、根本的に子供の接種を支援する立場を表明したが、ここ数週間の医療システム関係者達の主張によると、子供達への接種を可能にする傾向はあるが、現段階で接種への推奨がなされるかは不明確であるとのこと。 保健省の