中学生への接種が日曜日から開始:今日から予約受付開始

 若者へのワクチン接種が開始する。保健省の決定により、12~15歳の中学生への接種が開始することとなり、保健省も指示をはpp法している。どこで行われるのか、いつ予約が受付されるのか?

クラリット保険会社

 来週日曜日からワクチン接種が開始すると通知した。予約受付は、ホームページか専用アプリで今日(木曜日)の夜から可能となる。ワクチンは全国で展開され、接種場所の詳細はホームページか専用アプリに表示される。

マッカビー保険会社

 ワクチン接種は来週日曜日から開始。保健省の規制に沿った接種会場、プロセスや両親から必要な許可に関する詳細な情報も近日中に発表される予定。接種は事前予約のみ。予約受付は今晩17時からマッカビーのホームページ、専用アプリか電話受付(*3555)で可能となる。希望者には21日間の間隔で、2回の接種が予約される。

メウヘデット保険会社

 既に水曜日から対象者を接種開始していると通知した。12~16歳までの子供達の両親は、事前予約をアプリ、又は電話受付(*3833、*1、1)で入れる必要がある。

レウミット保険会社

 接種は来週日曜日から開始。事前予約受付も今日から開始。

 正式な決定によると、接種が受けられるのはリスクグループに属する子供達のみとなっている。12~15歳の中学生であり、”コロナ重症化の恐れがある医療リスクがあり、重症の恐れがある家族と居住する者、また海外へ行く予定の家族”となっている。特に慢性の病気、呼吸器官の病気、糖尿病、肥満や癌患者の子供達を対象にしている。健康体の子供達も、もし希望するならば接種を受けられることが出来る。

 対象の年齢層の子供達全員を接種する決定がないのは、接種による心臓筋肉炎症が若者に発生することに関係しており、酷い時には死に至る恐れがある。保健省では接種者の間でこの現象に関するデータを収集することに専念している。保健省の発表によると、「12~30歳までの若い男性の間で、2回のワクチン接種と心臓筋肉炎症との間に関係があるとされており、他の年齢層と比較して、特に16~19歳の年齢層に多い。年齢が上がるほどこの現象は弱くなっている」と伝えている。

 しかし保健省では、「軽い症状のケースがほとんどで、数日間で過ぎ去る」と強調している。

 対象者全員に接種を与える推奨が受け入れられなかった原因は他にもある。最近の感染減少と、若者の間での軽症化により、現状の理解に変化が起こり、保健省がワクチン接種を推奨したとしても、多くの両親はそれを無視して子供達には接種させないと予想している。

 21日間を隔てた2回の接種であり、今までと同様である。接種者には特典は無い。グリーン規制が解除されたことにより、接種済み、又は無接種の子供達には何も相違点は起こらない。

 ちなみに昨日の新規陽性者数は5人、重症者は46人となっている。

最新記事

すべて表示

重症者167人、4月半ば以来の最高数

重症者数が2日間安定していた後に、再度懸念する上昇が発生した。保健省のデータによると、全国の入院している重症者数は167人となり、昨日は151人であった。その内の26人は呼吸器付で、4月20日以来の最高記録となっている。 また昨日の新規陽性者数は2,140人で、4日間連続で2千人以上を記録している。約9万4千件のPCR検査に対し、陽性率は2.37%となった。また新規陽性者の約10%に当たる198人

昨日は2,165人の新規陽性者、諜報部警告:何もしなければ重症者は増加する

昨日(水曜日)の新規陽性者数は2,165人であり、約9万6千件のPCR検査に対し、陽性率は2.35%であった。 諜報部報告書では、「重症者数は、明確に国内の感染を表しており、検査数には依存していない。実効再生産数も未だ高く、7~10日間毎に新規陽性者数と患者数を倍増させている。何も対策無く、市民の幅広い接種が無ければ、新規陽性者数と重症者数は増大し、数週間後に病院や治療所に負荷となることが予想され

来週から3回目の接種準備:昨日は2,260人の新規陽性者

保健省では、来週から高年齢者への3回目の接種投与準備を開始している。同時に1日の新規陽性者数も増加し、昨日(火曜日)は2,260人であった。 今日持たれる保健省の感染対策チームの会議で、3回目の接種に関する決定が下される。医療システムでは、3回の接種推奨が決定されるのは確かであるが、感染対策チームの決定から、保健省では既に来週からワクチン接種を高齢者に呼び掛ける予定である。 保健省では、ファイザー