中央統計局:世界のユダヤ人人口は1925年の数

 2019年度末には、世界のユダヤ人人口は1千480万人で、1925年の人口と同じ数である。このようなデータが、木曜日のホロコースト記憶日の為に中央統計局から発表された。

 このデータによると、1939年の第二次世界大戦勃発前夜には、世界のユダヤ人人口は1千660万人で、その内の44万9千人(3%)がイスラエルに住んでいた。1948年のイスラエル建国前夜には、世界のユダヤ人人口は1千150万人となり、その内の65万人(6%)がイスラエルに住んでいた。

 統計局によると2020年末には、ホロコースト生存者人権当局によって承認された、イスラエルに在住のホロコースト生存者は約18万人であった。世界のどこにユダヤ人が住んでいるのか?1千230万人(83%以上)が2か国、イスラエルとアメリカに住んでいる。イスラエルのユダヤ人人口は、統計局によると680万人となっており、アメリカには570万人住んでいる。

◎世界の国々に住んでいるユダヤ人人口:

1.イスラエル 680万人

2.アメリカ 570万人

3.フランス 44万8千人

4.カナダ 39万3千人

5.イギリス 29万2千人

6.アルゼンチン 18万人

7.ロシア 15万5千人

8.ドイツ 11万8千人

9.オーストラリア 11万8千人

 実際に世界のユダヤ人の46%がイスラエルに住んでおり、530万人はイスラエル生まれ、約150万人が海外で生まれ、その内の1百万人がヨーロッパとアメリカ大陸、28万9千人がアフリカ大陸、15万9千人がアジア大陸生まれとなっている。

最新記事

すべて表示

テロリストを認識して攻撃:ガザ国境で戦うイスラエル軍最新ロボット

国境付近で戦うロボットが初公開。ガザ師団では、航空産業社製のロボット「ヤグアル」(ジャガー)が導入され、遠隔操作でテロリストを認識・攻撃が可能となる最初のロボットになると期待されている。 エルビット社とエルタ社製のテクノロジーで、ここ数年間イスラエルで開発された。ロボットは既に現場の最初の軍事作戦結果を出しており、ベイト・ラヒヤとベイト・ハヌーン正面に駐屯する北部旅団の管轄下にある。このロボットの

二日連続:ガザ周辺でロケット着弾、イスラエル軍がガザを攻撃

昨夜(金曜日)ガザから発射されたロケットは、ネゲブ西部のエシュコール自治体の野原に着弾した。ミサイル発射により、ホリットとシャデイ・アブラハムで21時43分に警報が作動した。イスラエル軍によると、国内へ向けたロケット発射が1発確認されたとのこと。エシュコール自治体によると、ロケットは居住地外の野原で爆発したと思われ、軍が調査をしていると伝えている。負傷者や被害は出ていない。 その報復として、イスラ

シュデロット市の野原でロケットが着弾、イスラエル軍はガザに報復攻撃

独立記念日が明けた直後にガザから発射されたロケットがシュデロット市付近の野原に着弾した。昨夜は21時1分に、シャアル・ハネゲブ地方自治体のシュデロット市とキブツ・ニール・アム付近で警報が鳴った。シュデロット市役所からは、負傷者や被害の報告はないと伝えられている。この報復としてイスラエル軍はガザのハマス拠点を攻撃した。 イスラエル軍スポークスマンによると、ガザで攻撃された標的は、武器製造工場、武器密

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.