中央統計局:世界のユダヤ人人口は1925年の数

 2019年度末には、世界のユダヤ人人口は1千480万人で、1925年の人口と同じ数である。このようなデータが、木曜日のホロコースト記憶日の為に中央統計局から発表された。

 このデータによると、1939年の第二次世界大戦勃発前夜には、世界のユダヤ人人口は1千660万人で、その内の44万9千人(3%)がイスラエルに住んでいた。1948年のイスラエル建国前夜には、世界のユダヤ人人口は1千150万人となり、その内の65万人(6%)がイスラエルに住んでいた。

 統計局によると2020年末には、ホロコースト生存者人権当局によって承認された、イスラエルに在住のホロコースト生存者は約18万人であった。世界のどこにユダヤ人が住んでいるのか?1千230万人(83%以上)が2か国、イスラエルとアメリカに住んでいる。イスラエルのユダヤ人人口は、統計局によると680万人となっており、アメリカには570万人住んでいる。

◎世界の国々に住んでいるユダヤ人人口:

1.イスラエル 680万人

2.アメリカ 570万人

3.フランス 44万8千人

4.カナダ 39万3千人

5.イギリス 29万2千人

6.アルゼンチン 18万人

7.ロシア 15万5千人

8.ドイツ 11万8千人

9.オーストラリア 11万8千人

 実際に世界のユダヤ人の46%がイスラエルに住んでおり、530万人はイスラエル生まれ、約150万人が海外で生まれ、その内の1百万人がヨーロッパとアメリカ大陸、28万9千人がアフリカ大陸、15万9千人がアジア大陸生まれとなっている。

最新記事

すべて表示

中国の影だけではない:日本経済の最大の問題点

日の出国か、沈む国か?世界の殆どの国のように、この1年間は日本にとっても大変な年であった。健康面、社会面と共に、経済的、政治的側面も同様である。先週日本の菅首相が、1年のみの役職を退くことを発表した。これもコロナ禍に於ける東京オリンピック開催の決定への多大な市民の批判、また市民の首相に対する支持率の大幅な低下を背景としている。 しかしいつもこのような状況では無かった。約20年間、80年代末から20

新年祭:イスラエル人口は約9,391,000人

ユダヤ暦5,752年の新年祭で、イスラエルの人口は約9,391,000人となっている。中央統計局が今朝発表したデータで明らかになった。中央統計局では、2024年末までに、イスラエル人口は1千万人に到達すると予想されており、2,065年には約2千万人に達すると予想されている。国家統計家のダニー教授は政府の会議に於いて、今年のユダヤ教徒の割合はイスラエル人口の32%、アラブ人は19.3%になるとしてい

北アフリカ系ユダヤ人達もエクソドス号に乗っていた

エクソドス号は、シオニズムの歴史の中で最も有名な難民船である。この船のヘブライ名は「出ヨーロッパ」であったが、現在判明しているのは、その船上には北アフリカから来た約50人の帰還者も乗っており、この話は誰にも語られずに埋もれてしまっていた。来月ハパルマッハ・ハウスで初めてのエクソドス号帰還者の集いが持たれ、モロッコ、チュニジアとアルジェリアからエクソドス号に乗ってきた若者のグループをテーマとする。