世界初:イスラエルの免疫抑制者に3回目のワクチン接種

 世界で初めて免疫抑制者に対して3回目の接種を受けさせる研究が、シバ医療センターで来週開始する。これは透析患者、臓器移植患者とHIV感染者を対象としており、彼等の免疫機能が比較的低下しており、抗体の製造が困難となっている人達である。

 この前代未聞のプロセスは、テルハショメル医療センター感染病ユニット責任者のガリヤ教授を筆頭とする。これも最近発表された様々な研究で、これらの対象者グループでは特にワクチンの効果性が低いことが示されていたことを背景としている。3回目のワクチン接種を受けるのは30人の臓器移植者となっている。

 この研究結果は、このテーマに関する国際的ガイドラインが無いために、3回目のワクチン接種に関する保健省の立場の定式化に影響を与える可能性はある。「3回目の接種以降に彼等が免疫確保する可能性はとても高く、必要ならば4回目も接種する」とガリヤ教授は説明した。「ワクチンはとても効果性が高いが、一部の臓器移植者達の抗体レベルがとても低い。もう1回の接種で抗体のレベルが上がるはずだ。世界で初めて行う研究で、対象者達は3回目の接種を受けたいと要望しているのも正しい」と語った。

 ベーリンソン病院で実施された新しい研究では、肺移植者へのワクチン接種の効果性を調べた研究で、一般人では約95%の効果性があったにみ関わらず、168人の対象者のうちたったの18%のみが抗体を獲得した。

 またラニアード病院で実施された研究では、2回目の接種を受けた56人の人工透析対象者のうち96%が抗体を獲得したが、免疫レベルが非常に低かった。

 保健省の感染治療チームが最近話し合った内容では、免疫抑制者に対して3回目の接種を与えるかとの疑問であり、この件に関する公式の推奨は無かった。「現在一般人には3回目の接種は必要とされていない」と、同チーム書記長のタル医師は語った。「接種で免疫が十分に獲得されていない人口があり、主に免疫抑制者達となっている。我々は3回目の接種が免疫を改善させるかは明確には分からない。プロセスの影響を調べる為に、研究の監視下で整然とした状況で3回目の接種が与えられるならば、個人的にはそれに賛成している。免疫抑制者達は感染病に対してリスクが非常に高く、彼等にとって免疫環境はとても重要である。彼等の家族も接種を受け、大規模なイベントなどの参加は控えることを厳守することが必要となる」と説明した。

最新記事

すべて表示

現在感染の波のピークだが、感染速度は減少

安息日の朝に発表した、梅津マン研究所コロナ予測モデル構成者のエレン教授のデータによると、昨日(金曜日)は、現在感染の波の新規陽性者数のピークを記録した。データによると、昨日は1,416人の新規陽性者数であった。 しかしエレン教授は、昨日新規陽性者の最多数が記録されたが、検査数も最高数(9万8千件)を記録しており、全体的には感染の減少を示していると強調している。教授によると、実効再生産数は1.3に減

ワクチン効果率が感染では39%、重症化では91%へと減少

ワクチンの効果率がまた減少した。ワクチン効果率が感染では39%に激減し、軽症化には40%となっている。入院と重症化阻止への効果率は高いままで、入院は88%、重症化は91%となっていることが、保健省のデータにより明らかになった。 このデータは過去1か月間のものであり、6月20日以降となっている。イスラエルでは、ワクチン接種作戦開始から約半年が過ぎ、デルタ株に対するファイザー社製ワクチンの効果率に減少

昨日は1,336人の新規陽性者、120人が海外から帰国

昨日は1,336人が新規陽性者として判明し、保健省の発表によると、77,512件のPCR検査に対し、陽性率は1.74%となっている。全国の病院には72人が重症者として入院し、一昨日より4人増加、その内15人が呼吸器付となっている。 現在感染者数は9,673人、この24時間で判明した新規陽性者の中の120人は、ここ10日間で海外から帰国した者達であった。死者は6,455人となっている。 現在までに5