ワクチン副作用を軽減する方法

 ワクチン接種の速さが世界で一番のイスラエルに対して世界が目を向けている。ヨーロッパ、アメリカやカナダの医療機関は、イスラエルで展開されているワクチン作戦を称賛しており、1回目のワクチン接種数は2百万人を突破した。2回目の接種を受けて7日後になる来週から抗体が出来上がる。ファイザー社とモデルナ社の調査によると、感染と重症化に対するほぼ完全な抗体になると予想されている。

 しかし最速で抗体反応を起こし、人類史上開発されたワクチンで最高でもあるmRNAワクチン技術の前進と同時に、接種者の中には数時間から数日間継続する気分の悪い副作用を経験している。保健省のデータによると、2百万人の接種者の内、約15人が重度の慢性疾患性の病気で入院している。調査によると、殆どの入院患者の原因は慢性疾患性の病気であってワクチンが原因ではないことが判明している。しかしアレルギー反応、倦怠感、顔面惹きつけ、ITPと呼ばれる赤色斑点の発疹などの数件には可能的要因関係があると見られている。

・副作用

全体的   47%

部分的   34%

神経性   9%

アレルギー 7%

その他   2%

(170万人中1,127件報告)

 接種した人達の中で、92件が各種神経性の副作用を訴え、顔の惹きつけや神経麻痺、口中の鉄のような又は苦い味や、現在調査中のその他の副作用が報告されている。部分的な副作用が最も多く、痛み、赤みと腫れ、運動性の低下、部分的な変色、リンパ腺の腫れ、部分的な発疹や炎症などである。また全体的な倦怠感、頭痛、めまい、筋肉痛、吐き気、寒気、関節痛、腹痛、下痢、高脈拍、熱や食欲の低下などがある。

 何故起きるのか?予想によると、強力な他のワクチンと同様にコロナワクチンも、免疫機能に嵐のような反応を引き起こす。mRNAが筋肉に注入されると、筋肉細胞の周りにコロナ・シェルに似たタンパク質の急速な製造が開始され、免疫機能を急速に活発化させる。短時間で注入付近にB型白血球が送られ、タンパク・シェルの様々な箇所に抗体を製造開始し、記憶細胞として機能するT細胞の製造も行われる。身体は注入されたコロナ・シェル・タンパク質が本物の細菌と認識して攻撃を継続し、その過程でインターロイキンと呼ばれる炎症性物質が放出される。この物質が殆どの副作用の原因とされている。

・部分的副作用

痛み      61%

部分的副作用  18%

運動性の低下  13%

リンパ腺の腫れ 38%

発疹      1.3%

(170万人中381件の報告)

 またインターロイキンは血管を傍聴させ、注入部分に多くの白血球を送り込もうとする。この原因で注射部分が熱を持ち、赤く腫れて痛みが出る。インターロイキンは、インフルエンザで知られている他の現象も引き起こす。高熱、倦怠感、疲労感、目まい、吐き気、時には嘔吐。身体中のリンパ腺が腫れ、それが白血球を放出している。

 結論的に言えば、ワクチン接種に対して「免疫の長期戦争」のようなものが製造されている。2回目の接種後に、体内の嵐のような反応はもっと強化され、mRNAワクチンが体内に注入され、またコロナ・シェルに似たタンパク質が製造されることとなる。1回目の接種で体内に生産された抗体が直ちに反応し、身体に侵入したと思わせたコロナ細菌(勿論本物ではなく身体が製造したタンパク・シェルだが)を抹殺しようとして多くの白血球が送られてくる間に、他の中和抗体の製造を引き起こす。

 何故ワクチン接種によって女性の方が副作用を引き起こすのが多いのか、その理由はまだ定かではないが、この現象は他のワクチンでも同様に起きている。どちらにしろ一部の接種者は、1回目の接種後に様々な副作用を引き起こす恐れがあり、特に2回目後の方が可能性は高い。

・全体的副作用

倦怠感 24%

頭痛  20%

目まい 17%

発熱  9%

筋肉痛 5%

吐き気 4%

悪寒  3.7%

(170万人中475件の報告)

 対処方法はいくつかある:

1.かかりつけの医師に報告すること。保健省は医師に対し、どんなに軽い副作用でも報告することを義務付けている。新しいワクチンのため、情報が多いほど今後の安全面を向上させるためでもある。その為に全体的又は部分的な副作用でも医師に相談し、保健省に報告しながら指示を仰ぐこと。

2.注射部分以外に全体的な副作用を感じる時には、直ちに救急車や治療所に連絡すること。次の作用が出た場合:拡大する発疹、痙攣、神経麻痺、極度の倦怠感、薬の効果が無い頭痛、数度の嘔吐、注射した腕が全く動かない、注射部分以外に拡大する腫れ、皮膚の発疹や流血、惹きつけなどの極度の現象が起きた場合。

3.熱が上昇した場合には解熱剤を服用し、水分の補給に気を付けること。3日間以上発熱が継続する場合、又は解熱剤の服用後にも熱が上昇する場合、又は他の副作用を引き起こす発熱の場合には、治療所又はかかりつけの医師に相談すること。

4.注射部分の腫れと赤み。最も起きやすい現象である。また運動性が軽く低下することもある。痛み止めの薬を服用するか、濡れた布を注射部分にあてるのも良い。腫れと運動性の低下が元に戻るまで、過激な運動は控えることをお勧めする。かかりつけの医師と相談すること。もし腫れが腕から手や指まで広がり、又は運動性の低下が接種後の1~2日間でも改善されないならば、直ちに医師と相談すること。

5.疲労感。接種後の2日間は細菌性の病気のように疲労感が起こる。これも免疫機能の反応の結果引き起こされるもので、抗体製造のみでなく、筋肉で製造されたコロナタンパク質とも戦うために、身体のエネルギーを大量に消費する。この場合には水分の補給に気を付け、食事をちゃんと摂り、よく休むこと。果物や野菜を食べながら、タンパク質(1kgの体重に対して1日1gが推奨量)を適度に摂取すること。接種後にはバナナや塩分製品を接種すると、血液中のナトリウムとカリウムのレベルが上昇し、早い回復力がつけられる。

最新記事

すべて表示

観光客入国延期が決定:コロナ総責任者が室内でのマスク着用義務を呼びかけ

コロナがまた頭を持ち上げ、観光客はイスラエルの外に留まることとなる。今日(水曜日)にナフタリ首相とニッツァン保健大臣、及び医療システムの上層部達との会議に於いて、イスラエルへの観光客入国を1か月延期することが決定した。オリジナルの計画では、7月1日にイスラエルへグリーンカントリーと定義されたリストの観光客が入国でき量になる予定であったが、今日の午後に終了した会議では、8月1日まで延期することが決定

接種者もインド変異株に感染するのか?

室内でのマスク着用義務も解除されてから1週間が経過し、コロナが心配なカムバックをしている。ビニヤミナ、モディインとヨルダン渓谷で、この数日間で数十人の感染報告がなされており、インド変異株がその背景にあるようだ。保健省ではこれらの居住地の数百人の住民に隔離に入るよう命令し、他の住民にも感染が拡大しないようマスク着用を指示した。 今何をすべきか?誰がマスクを着用する義務があるのか、いつ隔離されるのか、

学校内のクラスター発生で、子供達へのワクチン予約が増加

モディインとビニヤミナの学校内のクラスター発生により、一部の保険会社では12~16歳の子供達のワクチン要請が増加したと伝えている。2週間前に保健省は子供達の接種を許可したが、特に接種を推奨することは避けており、しかし現状を専門家達と会議した後に、接種を受けるよう積極的に呼びかける政策に変更決定されるかも知れない。 今日から高校生は夏休みが開始し、学校内での活動が非常に減少して他の生徒達とも会うこと