ワクチンの新情報:感染死亡防止率99%

 感染防止、重症化防止、感染死亡防止率は98%以上。保健省ではイスラエルに於けるファイザー社の「ワクチン有効性」に関して発表した。このデータによると、2回目の接種から14日間経過した後は、ファイザー社の当初の研究結果のデータより高い結果となった。

 保健省によると「ワクチン有効性」は、未接種者に対して2回の接種を受けた人の感染リスクを測定する。最も新しいデータによると、感染、重症化、入院と死亡に対しての有効性はとても高いという結果である。

 2回の接種から14日間経過したワクチン有効性は、感染ケース合計防止95.8%、呼吸器官症状の感染防止98.0%、感染入院防止98.9%、重症化防止99.2%、感染死亡防止98.9%となっている。この結果は、2月13日までに集められたイスラエル国内のデータによる。

 保健省局長のヘジー教授は、「イスラエル国の強力な医療体制により、全体未聞の人口数の短時間の接種と、包括的疫学追跡を可能とし、我々はリアルタイムでワクチンの臨床結果を世界に示すことが出来る、世界で最初の国である」と語った。

 「ワクチンは重症化と死亡を極限に減少させ、その影響は国の感染データにも反映されている。我々の目的は16歳以上の全国民を接種し、時が来れば16歳以下も含め、皆が待望している通常の生活に早く戻ることが可能となるように、人口の殆どをカバーする積りだ」と語った。

 昨日の新規陽性者数は1,761人で、約3万1千件のPCR検査に対し、陽性率は5.7%で今月の最低値となった。現在入院患者数は1,330人、重症者872人、呼吸器付296人、死者5,526人となっている。60歳以上の重症者数は、ワクチン接種のお陰で減少を継続している。重症者の59.3%が60歳以上、18.4%が50代、10.9%が40代となっており、他に女児と5人の少女が重症で入院している。

 安息日に入るまでに約2万5千人が1回目の接種、約2万9千人が2回目の接種を受けた。イスラエル人口の45.88%が1回目の接種済み、31.1%が2回目の接種済みである。70~79歳の接種率は90.6%であるのに対し、20代の若者達では50.5%が1回目、20.4%が2回目接種済みとなっている。しかしイスラエルでは若者を対象にしたのは数週間前で、20~29歳の接種率はこれからの数週間で急上昇するであろうと予想されている。

最新記事

すべて表示

PCR検査会場閉鎖準備:検査費用140シケル請求

アロン本部司令官リリー准将は、これに反対している。「ラベルを変更するのは重要だあるが、検査の可用性を変更することではない。ドライブイン検査場の閉鎖は大した節約にもならず、実際には作戦的柔軟性に被害を与えると予想される。ドライブイン検査場は、1日で約6千件のPCR検査に対応している。更に週末では保険会社も休んでいる為に、必要で唯一の解決策ともなっている」と語った。 平行して保健省では、不必要と定義さ

感染終息?4人のみがエクモに接続

感染の束縛から段々と解放され続けている。閣議は昨日、追加緩和を承認した。医療前線では、病院は段々とエクモを必要としておらず、昨日はたったの4人しか接続されていない。 明日から有効となる緩和内容は、室内の人数制限は50人、屋外は500人まで。ジムとスポーツ施設、プールとアトラクションがパープル規制による運営承認、グリーン規制の枠内で活動していた場所の制限解除などである。閣議はまた、グリーン規制を必要

保健省の躊躇:12~15歳を接種するべきか

保健省では子供へのワクチン接種に関する話し合いを凍結し、12~15歳の子供達へのワクチン接種についてどのように、また根本的な推奨がまとめられるかどうかを検討している。この過去数カ月間に保健省上層部が、根本的に子供の接種を支援する立場を表明したが、ここ数週間の医療システム関係者達の主張によると、子供達への接種を可能にする傾向はあるが、現段階で接種への推奨がなされるかは不明確であるとのこと。 保健省の