ワクチンの影響と効果

 連日の新規陽性者数は今だ多く、重症者の減少も僅かである。しかし今日既にワクチンが60歳以上の感染状況にどのように影響を与えているかを見ることが出来る。ワクチン作戦開始時には、感染者の13.6%が60歳以上であったが、2回目のワクチン接種が開始してから11%に減少し、1月9日には9.3%まで減少した。

 同時に新規重症化した患者総数の中で、60歳以上の重症化した新規感染率も低下している。12月20日には73.8%であったのが、1月初旬に79.2%まで上昇し、現在は69.1%にまで急降下した。つまり新規陽性者数の30.9%は59歳以下という事になる。

 保健省は封鎖を1週間延長すべきだという姿勢を変えていない。今朝ハリクード政党とカホール・ラバン政党間の争いにより、最終的に封鎖は4日間から5日間の妥協案で延長されるだろうと予想されていた。しかしどちらにしても週末となって商店も無いため、家族イベントで起きる感染拡大を防止する為に、この妥協案には反対している。

 保健省によると、60歳以上の82%は1回目の接種を受け、22万4千人が未接種となっている。90歳以上は1回目が87.1%、2回目が68.3%となっている。80~89歳は1回目が84.4%、2回目は66.4%。70代では1回目が91.3%、2回目が73.5%。60代は1回目が74.1%、2回目が55.1%と全体的に低い。

 また保健省によると、ワクチン接種証明書を有している71万5,425人中317人のみが感染し、全体の0.04%ということになる。その内の16人のみが入院となった。マッカビー保険会社では、66人がマッカビーの被保険者で(2回目の接種から既に1週間以上経過した24万8千人のうち)、殆どが55歳以上だが誰も重症化はしていない。

 またマッカビー保険会社では、接種を受けた人達の感染データと並行し、過去に感染してもおらず未接種である、同保険会社メンバーの約90万人の対象グループで検査を実施しところ、このグループでは同時期に約8,250人の感染者がいたことが判明した。

 「これらのグループのデータ間を比較すると、未接種者と接種者との感染率の違いは11倍となっており、現在イスラエルでのワクチン効果率は、2回目の接種から7日経過して92%に達している」とマッカビーでは伝えている。また「このデータは素晴らしく励みとなるもので、ファイザー社によって実施された実験では、2回目の接種から28日後に効果性が95%に達したとなっている」と強調している。

最新記事

すべて表示

PCR検査会場閉鎖準備:検査費用140シケル請求

アロン本部司令官リリー准将は、これに反対している。「ラベルを変更するのは重要だあるが、検査の可用性を変更することではない。ドライブイン検査場の閉鎖は大した節約にもならず、実際には作戦的柔軟性に被害を与えると予想される。ドライブイン検査場は、1日で約6千件のPCR検査に対応している。更に週末では保険会社も休んでいる為に、必要で唯一の解決策ともなっている」と語った。 平行して保健省では、不必要と定義さ

感染終息?4人のみがエクモに接続

感染の束縛から段々と解放され続けている。閣議は昨日、追加緩和を承認した。医療前線では、病院は段々とエクモを必要としておらず、昨日はたったの4人しか接続されていない。 明日から有効となる緩和内容は、室内の人数制限は50人、屋外は500人まで。ジムとスポーツ施設、プールとアトラクションがパープル規制による運営承認、グリーン規制の枠内で活動していた場所の制限解除などである。閣議はまた、グリーン規制を必要

保健省の躊躇:12~15歳を接種するべきか

保健省では子供へのワクチン接種に関する話し合いを凍結し、12~15歳の子供達へのワクチン接種についてどのように、また根本的な推奨がまとめられるかどうかを検討している。この過去数カ月間に保健省上層部が、根本的に子供の接種を支援する立場を表明したが、ここ数週間の医療システム関係者達の主張によると、子供達への接種を可能にする傾向はあるが、現段階で接種への推奨がなされるかは不明確であるとのこと。 保健省の