ロケット攻撃に対して、イスラエル軍がガザを報復攻撃

 イスラエル空軍戦闘機などが昨夜、アイアンドームによって迎撃されたアシュケロンに対する2発のロケット攻撃に対し、ガザにあるハマスの拠点を数か所攻撃した。パレスチナ情報筋によると、報復攻撃はガザ市のトッパフ居住区を中心に行われたとのこと。

 イスラエル軍スポークスマンによると攻撃を受けたテロ拠点は、ロケット製造工場、地下施設とハマスの軍事拠点とのこと。「イスラエル軍はイスラエルに対する全てのテロ活動を重視し、イスラエル市民と主権を脅す試みに対して必要な全ての活動を行う準備が出来ている。ハマス・テロ組織は、ガザ内やガザからの全ての行動に責任を持っており、イスラエル市民に対するテロ活動への責任を負うことになる」と伝えている。

 イスラエル軍によると、昨日ガザからイスラエル国内に2発のロケット発射が確認され、防空隊員によって迎撃されたと伝えている。アシュケロン、ジッキーム、カルミア、ナティーブ・ハアサラー、マブキイームやアシュケロン南部の工場地帯で空襲警報が鳴った。

 赤ダビデの星スポークスマンによると、数人のパニック症以外は負傷者に関する通報は無かったとのこと。地域の住民からは、迎撃による爆発音が響き渡ったと報告されている。アシュケロン市ブラジライ病院では、20歳のパニック症の女性が病院に搬送されて専門家の治療を受けたとのこと。また他に3人の市民が、シェルターに向かう途中で負傷した理由で病院にやってきた。

 昨夜のロケット攻撃は、約1カ月間の静寂の後に起こった。ガザからの前回のロケット攻撃は11月22日に起きており、アシュケロン南部の工場地帯で着弾している。その1週間前には2発のロケットがガザから発射され、アシュケロンの野原と海岸線にあるキブツ・パルマヒーム付近の野原に着弾した。当時もアイアンドームが作動したが、迎撃ミサイルの破片がバットヤム市の海岸通りに落下した。

最新記事

すべて表示

パレスチナ当局は、総選挙中止の地盤を準備中

1か月後に西岸地区とガザ地区の約250万人のパレスチナアラブ人が、15年ぶりにパレスチナ議会選挙に投票する予定である。しかしここ数日間パレスチナ自治政府が、総選挙が無期限に延期される可能性について世論を準備しており、実際には中止される予定であることが明らかになった。 総選挙延期の公式理由は、イスラエルが今までに東エルサレムに於ける選挙の実施を許可しなかったことになっている。以前からの経験では、イス

シリアの地対空ミサイルがネゲブに着弾、イスラエル空軍が報復攻撃

イスラエルが関連したとされる攻撃後に、昨夜シリアからイスラエルへ発射された地対空ミサイルがネゲブに着弾した。シリアの地対空ミサイルに対する防衛システムが作動し、イスラエル空軍はその報復として、ミサイルが発射された場所やシリア国内のその他の対空砲を攻撃した。 シリアの報道によるとイスラエル空軍は夜中1時30分に、地対空ミサイルが発射されたダマスカス付近の数か所の目標を攻撃したとのこと。イスラエル軍ス

テロリストを認識して攻撃:ガザ国境で戦うイスラエル軍最新ロボット

国境付近で戦うロボットが初公開。ガザ師団では、航空産業社製のロボット「ヤグアル」(ジャガー)が導入され、遠隔操作でテロリストを認識・攻撃が可能となる最初のロボットになると期待されている。 エルビット社とエルタ社製のテクノロジーで、ここ数年間イスラエルで開発された。ロボットは既に現場の最初の軍事作戦結果を出しており、ベイト・ラヒヤとベイト・ハヌーン正面に駐屯する北部旅団の管轄下にある。このロボットの

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.