ラキシの遺跡で3,200年前の神の杖が発見

 テル・ラキシの古代カナン人の神殿で、約3,200年前の素晴らしい飾りがついた神の杖が発見された。至聖所に置かれた神様の偶像の手にその杖は持たされており、宗教上ではとても強い意味を持っていた。この発見はヘブライ大学考古学課のチームによって行われた。

 等身大の偶像が存在していたことは、宗教や古代のテキストや絵画にもよく記されているが、レバントで百以上の神殿が発掘されているにも関わらず、完全な形で見つかった偶像は無い。イラン、メソポタミアやアナトリアなどの古代中東地域で、紀元前4,000年から紀元前1,000年半ばまでに存在していた多くの神殿が発掘された中で、完全な形で発見された神の偶像は、シリアにあるマリ市のイシュタル神殿の偶像一体だけであった。

 実物が存在していない理由としては、偶像が消耗品である木材などで作られていたために、時の経過と共に腐ってしまったことである。またこれらの偶像は金、宝石や高価な衣装で飾られていたために、一番最初に略奪されるものであった。

 発掘現場の研究、コンテキストや図像分析により、紀元前1,150年ころに使用されていた神殿跡で、完全な形を残した聖なるものをテル・ラキシで発見することができた。

この神殿跡で発掘されたものの一つには、ブロンズが銀で覆われた製品は、高さ112ミリ、幅42ミリのサイズで原型で完全体で発見された。その付近でカナン人が信仰していた戦いの神の偶像が2体発見されており、バアル神であったと想像されている。この杖には64個のドットと各種の飾り模様、それらを囲む円形や直線が描かれている。イギリス委任統治時代に行われたテル・メギドの発掘でも同じようなドットや模様が描かれたものが発見されている。

 ラキシやメギドで見つかった遺物に描かれている模様などの意味は現在でも不明である。「ラキシで発見されたものは、2本の足が付いた直線の下半身、斜めに伸びた腕と大きな頭の付いた人間のような偶像である。もしかするとこれらの模様は抽象的な意味ではなく、天文や魔術のシンボルであるのかもしれない。メギドで発見されたものも飾りは抽象的なものではない」とガーフィンケル教授は語った。

 ラキシで発見された偶像や杖は、メギドやハゾルで発掘されたものと類似しており、イスラエルの民がこの地へやってくる以前にカナン人が信仰していた神様の偶像であることが研究チームによって予想されている。もしかするとイスラエルの民はカナン人から崇拝の習慣を学び、神のリーダーは奇跡を行うために杖を使用するということを信じていたのかもしれない。

 神殿跡は約300平米の大きさで、多くの数珠や武器や金が発見されている。もしかするとこれらも偶像を飾っていたものなのかもしれない。

最新記事

すべて表示

テル・ラキシの発見:アルファベットの欠如部分

低地のテル・ラキシで、古代アルファベットの歴史で「欠如部分」が発見されたか?このように考古学者達は考えており、Antiquity誌に研究を発表した。2018年に発見され、今回公表された陶器の破片に書いている文書は、紀元前1,450年頃のものとされており、研究者達はアルファベットの進化のギャップを埋めるものと信じている。 研究者達は、今までに謎に包まれていた、アルファベットが進化した同じ時期である、

ヘロディオンとヘロデ大王の墓の謎

ヘロディオン国立公園を訪問すると、イスラエルの歴史に於ける4つの時代を体験することが出来る。イスラエルで偉大な建築家の一人であったヘロデ大王の宮殿と墓を訪れると、紀元前1世紀の時代へ引き込んでくれ、最後にマサダが陥落した西暦1世紀のローマに対するユダヤ人の第一次反乱時にシナゴーグとなったサロンに座り、我々を西暦2世紀に連れて行ってくれる、ローマに対するバルコフバの反乱(第二次反乱)の戦士達が作った

イスラエルには、地域で最多の210か所以上の水道トンネルの泉

大量で力強い安定した深刻な水源不足と、年間雨量の季節的と年間的変動を含んだ半乾燥地の地中海性気候などの様々な環境条件により、歴史を通じてイスラエルの山岳地帯に人間が定住しに来ることは困難となっていた。これらの条件により、変動的で不安定な供給がされる地層泉などの、山で唯一辿り着ける水源付近に人が住み着くようになった。「イスラエルの山岳地帯で人間が利用できる唯一の水源は、とても少量の帯水層を排水する地

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.