ユダヤ暦5,741年戦没者記憶日:イスラエル戦死者2万3,928人

 国防省は今朝、ユダヤ暦5,741年イスラエル軍事作戦戦死者と敵意活動負傷者記憶日の前夜祭に向け、1860年から現在までのイスラエル軍事作戦戦死者の数は2万3,928人と発表した。去年の戦没者記憶日から43人の戦死者が追加された。それ以外に69人が負傷による身体障碍の結果死亡し、イスラエル軍事作戦戦死者として認知された。

 国防省では一般市民に対し、来週水曜日の戦没者記念日に遺族達が墓地へ来て戦死者達の墓参りが出来るように、一般市民は今日4月9日から4月13日の戦没者記憶日前夜までに「追悼の週」として墓地を訪れるように要請している。墓地では国防省職員とイスラエル防衛軍兵士達が、訪問者達を迎えて花と水を配布する。

 来週水曜日4月13日の夜20時に全国で1分間のサイレンが鳴り、イスラエル軍事作戦戦死者と敵意活動負傷者記憶日の開始を告げる。サイレン後に全国で追悼式が開催される。メイン式典はエルサレムの嘆きの壁前で行われる。今年の全ての式典は、保健省の指示とグリーン規制に沿って行われる。

 翌日4月14日は、朝11時に2分間のサイレンが鳴り、その後全国の52か所の軍人墓地と記念場所で国立追悼式が開始する。メイン式典は、エルサレムのヘルツェルの丘の国立追悼広場でもたれる。サイレン直後の11:02には、この式場の上空を戦闘機編隊が1機欠けた編成で通過する予定となっている。

 イスラエル軍事作戦戦死者全員の名前は、13日20時45分から14日の戦没者記憶日明けまで、戦死した日付順でケーブルテレビの26チャンネルなどで連続放送される。

 国防省では、記憶日には3種類の異なる国立シンボルが習慣となっていると伝えた。戦死者を追悼するロウソクの点火、イスラエル軍事作戦戦死者全員の墓石の上に「覚えよ」と書いた黒いリボンと炎が付いたイスラエル小国旗と花束を添えることである。ここ数年間で、実際にロウソクを灯すこと以外に、国防省の「覚えよ」ホームページでは、バーチャル追悼用ロウソクに点火することも可能となった。利用者は、全般の戦死者追悼の為にロウソクを点火するか、特定の戦死者に個人的なロウソクを点灯することができ、また添付した献辞も見ることができる。

最新記事

すべて表示

エルサレムで衝突の夜:数千人のパレスチナ人が暴動、数十人の警察官が神殿の丘に突入

ラマダンの断食終了後に、神殿の丘とシェイフ・ジャラフ居住地で暴動が発生した。数十人の特殊パトロール部隊警察官達がエルアクサ寺院の広場に突入し、ショックグレネードで数千人のパレスチナ人達を解散させた。パレスチナ側の主張では、警察官が神殿の丘に突入した後に暴動が開始し、警察側では現場で暴動が起きたために突入したと主張しているが、祈祷場所へ部隊を突入させた理由は述べていないとしている。 激しい衝突は幾つ

パレスチナ人に寄付された数百万ユーロが「人民戦線」テロ活動に使用

イスラエル治安部隊は、人道目的の為にヨーロッパの国々や組織からパレスチナ人へ寄付された数百万ユーロが、「人民戦線」組織のテロ活動に送金されたメカニズムを暴露した。今日(木曜日)の午後に発表が許可された。西岸地区のパレスチナ人4人が、詐欺の容疑者として逮捕された。 国内諜報部、イスラエル防衛軍と警察の捜査によると、ヨーロッパの政府支援機関とNPO組織が与えた寄付金が、西岸地区のパレスチナ人団体や組織

百万人に近づく:2020年度エルサレム人口95万2千人

このデータによると、過去10年間でユダヤ人女性の出産率が上昇し、エルサレムでもイスラエル全国でも同様で、それに反してアラブ人女性の出産率は急激に減少している。ユダヤ人女性の平均出産率は2.9人から3.0人に上昇し、アラブ人女性の平均出産率はエルサレムで3.9人から3.2人へ減少、イスラエルでは3.5人から3.0人へ減少を記録した。 このデータによると、2019年にエルサレムへ移住した新規市民は1万