ユダヤ教徒達が試行錯誤:どちら側の耳からマスクをかける?

コロナ感染によってユダヤ教ラビ達は、クラシックなテーマである内容の律法、例えばベランダから10人の祈祷者をどう集めるか、プリム祭習慣のお菓子配達に第三者を利用していいのか、過越祭の家族での夕食をズームでやるなどといった内容であったが、今日ではこんな質問も出てきている。コロナ対策のマスクは、右側の耳からかける必要があるのか?エルサレムの高級神学校であるミル神学校のラビは、この質問に対する深い研究の結論を特別号として発表した。長い議論の末の結論:どちらでも構わない。

リトアニア系神学校では、普段の真面目な勉強からの息抜きとして、たまにどうでもいいことに関する律法の解釈を深く追求する習慣がある。外部から見ると無意味で馬鹿馬鹿しい内容であるが、ユダヤ教徒達にとっては許された娯楽であり、詩篇の詩人の造語「トーラーも娯楽」に沿った平日の勉強を中断してもいいことである。

マスクをどちらの耳からかけるかのジレンマは、ユダヤ教律法の1つである靴の履き方、右から履くが紐結びは左からという教えから出てきた疑問である。これをマスクにも適用する必要があるのかどうかがラビに問われた。この質問に対するラビ・アブラハムの回答は、靴は一足ずつが違う履物であるのに対しマスクは一枚であり、耳に履かせているのではなく引っ掛けているだけなので、靴の履き方とは違うという結論であった。

ラビは靴の履き方に関して話を広げ、色々な時代の色々なテーマに関する解釈を調べた結果、靴以外の洋服を着る作法は決まっていないとのこと。ラビの調べた内容には、左利きはどちらの靴から履くのか、どちらの袖から捲くるのか、メガネも右側の耳から乗せるのかなどがある。

ラビの結論は「左右どちらを優先するかの教えは着用する物だけに限られており、マスクは顔を覆う物であって耳に着用する物ではない。右優先は特殊な服や身体に恩恵がある物に限られ、紫外線対策の服などには適用されない」とのことであった。しかし「カバラーでは全てやるべきことは右から左」という教えもあると付け加えていた。

最新記事

すべて表示

ラビの教えの儀式と習慣は異教が起源(前編)

ユダヤ教ラビの伝統として知られている儀式の一部のリストだが、異教が起源となっていることに関する説明だ。この論文では、以下の儀式や習慣を調査している。ヒンナ、トイレの悪魔、ガラスのコップ割り、占星術と幸運、ゲマトリア、転生、リトルマーメイド、魔術、迷信、傲慢、海の神、追悼の祈祷、お守り、聖なるロウソク、プリムのカーニバル、ヒルラ、義人の墓でのうつ伏せ、聖人の絵、パンの分配、過越し祭前夜祭とシンポジウ

複数のトーラーとは口伝律法のことなのか(レビ記26:46)

「書かれたトーラー(注:聖書)には、我々のラビ・モーセは神から二つのトーラーを受け取り、一つは書かれたトーラーともう一つは口伝律法であり、このようにも書いている:”定めと、おきてと、律法である”。”律法”は単数形ではなく、”これらは主が、シナイ山で…モーセによって立てられた”と複数形になっている。複数形なのは何故か?一つは書かれたトーラー、もう一つは口伝律法であるからだ」(ラビ・シュロモ・シャブカ

チュニジア:「政府の後ろ盾」で、ユダヤ人に対する暴力の波

今日(4月8日)ホロコースト記憶日に、チュニジアのジェルバのユダヤ人会衆に深刻な攻撃が起きている。2人の現地人の男性が「祭司の島」にあるユダヤ人地区にやってきて、自宅前にいた20代のユダヤ人女性の首を長時間絞めていた。 幸運にも通行人が事件を察知し、襲撃者達を追い払うことに成功したが、地元の警察でも未だ犯人を確定できていない。ユダヤ人会衆では、今回の事件はチュニジアのユダヤ人会衆に対して日常的に暴

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.