ヤブネ市付近で1,100年前の金貨が424枚発見

 約1,100年前のアッバース朝時代の金貨が、ヤブネ市付近の考古学局発掘で発見された。考古学局は正確な発掘場所に関しては伝えず、これも骨董品泥棒から守るためである。この発掘遺跡は、新しい居住区を建設するための一部としてイスラエル国土省によって援助されている。

 考古学局発掘責任者のリアット氏とエリー学者は、「陶器の壺に入れて意図的に埋められた宝物で、424枚の金貨が入っていた。初期イスラム時代、アッバース朝のものと考えられている。1,100年前にこれらの金貨を埋めた人は、多分後で掘り返すことを考えていたに違いない。壺はわざわざ杭で動かないように固定されていたからだ。何故これを掘り返すことをしなかったのかは想像に任せるしかない。こんな大量の金貨発見はとても貴重なものだ。金貨は高価なものであり、代々に受け継がれたことから考古学発掘で発見されることはそうそうない。金貨は空気で参加することがなく、昨日埋められたような最高の状態で発見された。今回の発見は、周辺の居住区と遠方の国との間に国際的な貿易がなされていたことの証拠となる」と語った。

 考古学局硬貨専門家のローベルト学者は、「アッバース朝時代の金貨がイスラエル国内の発掘で発見されるのは最も稀である。同時代(9世紀末)で知られている最も古い金貨の一つでもある。金貨は24カラットの金で製造されている。総重量は845グラムあり、当時では相当な価値があったに違いない」と説明した。

 「例としてこの金貨の価値で、当時のエジプトの首都であったポスタットの高級住宅街で家を買うことができた。当時この地域はアッバース朝の支配下にあり、東はペルシャから西は北アフリカまで及んでいて、首都はイラクのバグダッドであった。今回の宝物は完全なディナール金貨と、小銭用として小さい破片に切られた約270枚の金貨を含んでいる。9世紀半ば以降のイスラム諸国では、銅と青銅の硬貨が突然消滅し、金貨や銀貨を切って使用していたことが分かっている」とも付け加えた。

 発見された金貨の1枚は、国内では新発見でもある最も希少な硬貨であった。ビザンチン帝国の首都であったコンスタンティノープルで鋳造されたもので、テオフィロス皇帝(西暦829~842年)の顔が刻印された金貨の破片だ。イスラム国の硬貨にビザンチン帝国の金貨が混ざっているということは、お互いに戦い遭った両国で継続された関係が持たれていたことを証明するものである。「この希少な金貨の発見は、今後の研究に大きく寄与するものである。この時代の発見物がイスラエルでは少ないからだ。今回の宝物を調査することにより、イスラエルの歴史で余り知られていないこの時代が明らかになることを願っている」とローベルト学者は語った。

最新記事

すべて表示

エルサレムの発掘で、2,700年前の豚の骨が発見

2,700年前の豚の完全な骨が、ダビデの町国立公園で実施されている考古学発掘の一環として発見された。遺跡には、建物の破壊と崩壊の痕跡が残っており、子豚も含めて中身事下敷きになったと思われる。テルアビブ大学リダー学者、及び考古学局オルタル氏の研究結果は、Near Eastern Archaeology誌に掲載された。 リダー学者は、若い豚の骨と判定し、最低でも生後7か月としている。彼女の説明によると

イェロバアルという名を刻んだ、士師記時代の希少な碑文が発見

士師記に関連した同時代の碑文が、キリヤットガット付近のエルラアイ遺跡の考古学発掘で発見された。この希少な碑文は、アルファベイト文字で「イェロバアル」という名を刻んでおり、紀元前1,100年頃とみられている。陶器にインキで記されており、石で床が作られた、地中に掘られた貯蔵サイロの中で発見された。 現場での発掘は2015年から毎年行われており、現在7回目の発掘が実施されている。この発掘は、エルサレムの

神殿参拝前に有力者達を接待した建物が発見される

今朝、第二神殿時代のエルサレムで発見された、最も豪華な公共施設の一つが公開された。西の壁遺産基金と考古学局の発見は、嘆きの壁トンネルでここ数年間実施された考古学発掘の結果である。 考古学局は、ウイルソン・アーチと神殿の丘の西側で発見された建物の一部は、既に19世紀にチャールス・ウォーレンによって発見・記述されており、20世紀の様々な発掘者によっても記述されている。今回の発掘によって全体が発掘され、