ヤブネで約1,600年前のモザイクが発見

 約1,600年前の素晴らしいモザイクが、ヤブネでの考古学発掘によって発見され、ヤブネ市役所、考古学局とイスラエル土地局の協力企画で、同市文化庁舎に移転されて一般公開される。

 ここ数年間に考古学局は、同市拡大に於けるイスラエル土地局の企画枠内で、テル・ヤブネの東南部分の広大な考古学発掘を実施している。エリ学者、リアット氏とジョン学者を筆頭とする発掘では、数百年間活動していた広大な工場地帯が発掘された。

 考古学者達によると、ヤブネでこのようなモザイクの床が発見されたのは初めてであり、保存状態も良好であるとのこと。彼等の想定によると、「この床は、裕福な家の一部であったのかも知れず、工場地帯に高級住宅街があったのかも知れない」と語っている。

 ヤブネ市長ツビ氏は、「考古学保存と記録は、素晴らしい歴史があるヤブネしの歴史に重要な価値がある。全ての生活分野で目覚ましい進展と発展がある時代で、次の若い世代達が様々な時代を通じてこの町が通った発展段階を近くから知ることは重要である。この遺跡に関連した知識、町の歴史の重要性や、考古学発見物を一般公開できるよう考古学局との協力関係を継続していく」と語った。

 カラフルなモザイクの床は、ビザンチン時代(西暦4世紀か5世紀)の時代とされており、考古学局のアビシャグ氏が管理していた場所で発見された。床は幾何学模様やカラフルな石で飾られており、黒い四角い枠に囲まれている。「カラフルな床だとは最初は全く分からなかった」とエリ学者とハギット学者は語った。「工場施設の一部である白いモザイクの床だと最初は考えていた。しかし黒い部分がモザイクから見え始め、これは色が付いていると想像し、長年堆積した白色のパティナ層を取り除く必要があった」と語っている。

 「保存責任者が特殊な酸でモザイクの洗浄作業を始めた。驚いたことに幾何学模様で飾られた、モザイクの床のカラフルなカーペットが発見された」と述べた。

 現地でモザイクの床の記録、撮影と図面作成後に、モザイクの床は取り外され、一時的にロックフェラー博物館考古学局のモザイク・ワークショップに移転され、そこで同局の保存専門家達によって処理・保存される。

 考古学局と、考古学を市民に一般公開することに活動しているヤブネ市の協力と、イスラエル土地局の支援により、モザイクの床の移転場所が見つかり、ヤブネ市の文化会館付近の広場に決まった。

 市役所ではモザイクの床が移転される場所の整備を開始し、ヤブネ市民や他の市民へ一般公開される。モザイクの保存作業と、新しい移転地への設置は、古代の技術によって行われ、古代に使用されていた同様の材料が使用される。保存作業中に移転場所も公開され、保存作業のプロセスやモザイクの床が誰でも見られるようになっている。

最新記事

すべて表示

半顔の「幸運」用青銅製ランプがダビデの町で発見

青銅製の特に希少なランプが、エルサレムのダビデの町で、第二神殿破壊後(西暦1世紀末から西暦2世紀初頭)のローマ時代の建物の基礎で発見された。この特殊なランプは建物の基礎に故意的に埋められ、現場の研究者達の想定によると、建築物への捧げものとして利用されたとしている。「古代世界で普及していた建築物への捧げものは、幸運用であり、建築物と住人の存在継続を約束し、通常建物の床下か基礎部に埋められた」と、考古

ヘロデ大王の錨、死海の歴史的記憶

世界で最も低い場所である死海(現在は海面下435m)は、砂漠と地中海気候地域の間に広がる広大な土地からの水や堆積物を受け入れる場所であり、レバント地方の「雨量計」として使用されている。死海の水位は昔から低かったのか、死海の周りは特に乾燥していたのか、又は現在の異常気象や人的影響が1950年代から始まった水位の急低下を起こしたのか(当時の水位は海面下400mであった)? 最近アメリカの地球物理学学会

非ユダヤ人の町で発見された、謎の地下トンネル

イスラエルでは長年、数百個の地下トンネルが発見されているが、主にユダ地方、ベニヤミンとサマリア南部に集中しており、ガリラヤにも数十個の地下トンネルがあることが分かっている。これらの隠れ場の共通点は、いつもユダヤ人居住地の地下に掘られている事であった。その為に、数十年前に異邦人の居住地であったテル・シューシャのゲバ・パラシームで地下トンネルが発見され、最近再調査されて驚きの結論が出された。異邦人居住