ホロコースト時に家族を救出してくれた町に数百万ユーロを寄贈

 オーストリアの男性が、約2百万ユーロに相当する多大な総額を、第二次世界大戦中に彼と彼の家族を匿ってくれたフランスの村民にお礼として遺言で残した。フランスの南東にあるラ・シャンボン・スール・リニヨン村には、数千人のユダヤ人を匿ったり、追放された人達を守ってきた長い歴史がある。

 アリック・シュワムという男性が先月90歳で逝去した。ショワム氏が遺言で村の為に多大な総額を残したと市長のジャン・ミッシェルは総額には触れずに語ったが、前市町が現地メディアに対して約2百万ユーロに相当すると話した。

 同村の文化メディア分野の責任者であるデニス・ワレットは、この寄付に関して話し合う為に、代理人が3週間前に町と連絡を取ったとのこと。「寄付した人はとても秘密主義で、この行為に関しても世間に発表したくなかった。寄付者に関しての情報は少ないが、少し彼に関して調査してみた」と語った。

 その調査によると、ショワムの家族は元はウィーンからで、彼の父親は医師として働いていた。ショワムは両親と祖母と共に1943年にこの町に辿り着いた。ナチから逃れていたこの家族がどうやってこの村に到着したのかは知られていないが、まずその前に彼らは1942年に閉鎖されるまで強制収容所として使用されていた、フランス南部の軍事施設であるリブザルトで収容されていた。

 当時の書類によると、ショワムの両親は大戦後にオーストリアに戻ったが、彼は1950年に薬剤師になるためにリヨンに移った。そこで将来彼の妻になる人と知り合い、そこで二人は住んだ。現地の報告によると、二人には子供がおらず、12月25日に彼が他界するまで寡であった。市長はAFPに対し、今回の寄付金は教育奨励金や青少年プロジェクトに利用されると伝えている。

 ラ・シャンボン・スール・リニヨンには2,500人の住民がいるが、難民の避難場所としての長い歴史があり、17世紀に宗教的迫害から逃れたフランス人プロテスタントがこの場所を建設した。第二次世界大戦中は、アンドラ・トゥロクマ牧師と妻マゲダの指導により、村民は自分達を危険に晒しながらもドイツ人が死のキャンプへ送ろうとしたユダヤ人達を匿った。一部の村民もゲシュタボに逮捕されている。

 約3千人から5千人のユダヤ人達が勇敢な村民によって助けられたと考えられている。牧師と妻を含めた30人の村民が、ヤッドバシェム(ホロコースト記憶館)によって、諸国民の義人として承認されている。

最新記事

すべて表示

エルサレムで衝突の夜:数千人のパレスチナ人が暴動、数十人の警察官が神殿の丘に突入

ラマダンの断食終了後に、神殿の丘とシェイフ・ジャラフ居住地で暴動が発生した。数十人の特殊パトロール部隊警察官達がエルアクサ寺院の広場に突入し、ショックグレネードで数千人のパレスチナ人達を解散させた。パレスチナ側の主張では、警察官が神殿の丘に突入した後に暴動が開始し、警察側では現場で暴動が起きたために突入したと主張しているが、祈祷場所へ部隊を突入させた理由は述べていないとしている。 激しい衝突は幾つ

パレスチナ人に寄付された数百万ユーロが「人民戦線」テロ活動に使用

イスラエル治安部隊は、人道目的の為にヨーロッパの国々や組織からパレスチナ人へ寄付された数百万ユーロが、「人民戦線」組織のテロ活動に送金されたメカニズムを暴露した。今日(木曜日)の午後に発表が許可された。西岸地区のパレスチナ人4人が、詐欺の容疑者として逮捕された。 国内諜報部、イスラエル防衛軍と警察の捜査によると、ヨーロッパの政府支援機関とNPO組織が与えた寄付金が、西岸地区のパレスチナ人団体や組織

百万人に近づく:2020年度エルサレム人口95万2千人

このデータによると、過去10年間でユダヤ人女性の出産率が上昇し、エルサレムでもイスラエル全国でも同様で、それに反してアラブ人女性の出産率は急激に減少している。ユダヤ人女性の平均出産率は2.9人から3.0人に上昇し、アラブ人女性の平均出産率はエルサレムで3.9人から3.2人へ減少、イスラエルでは3.5人から3.0人へ減少を記録した。 このデータによると、2019年にエルサレムへ移住した新規市民は1万