ホテル再開の概要

保健省が来週水曜日(27日)からのホテル再開の概要を今日許可した。しかし概要条件を満たしているかを何処も検査しないので、ホテルが責任を持って果たすように相互の信頼の下に成り立っている。

この条件とは、ホテルオーナーと直結している責任者を1人選び、概要条件を満たしているかの確認や、現場で発生する問題の対処まで全て管理する必要がある。部屋、ロビーや公共空間全ての清掃と消毒の徹底や、冷暖房機のフィルター消毒まで含まれている。

ホテルの入口では全員の体温検査が実施され、レセプションには飛沫防止用ボードの設置や、ホテルの至る所に消毒場所を設ける。

食堂での混雑を避けるために食堂の利用時間を延長する。食堂の利用時間を予約制とし、食事時間も制限することによって密集を避ける。またオプションとして使い捨ての食器を使用した食事を、各自の部屋にルームサービスとして届けることも考えられている。

プールに関しては1レーンに1人の水泳者という条件および6平米に1人という条件だが、実際にこれをどう実施するか、又は入口で人数制限をする必要があるのかどうかは未だ決まっていない。プールの入口で各自の部屋番号を記入し、個人専用のバスタオルが渡されて使用後には各自がバスケットに返却する。密集を防ぐためにプールの利用時間も朝9時から夜19時までと延長される。

プールサイドの人達にはマスク着用が義務付けらるが、熱風の日には着用義務が無いので、これもどう管理するかはまだ決まっていない。プール敷地内への食べ物持ち込みは禁止され、敷地内で販売しているものしか許されない。現時点ではジャグジーとサウナは禁止されている。

最新記事

すべて表示

コロナ禍から1年、キブツにボランティアが戻る

コロナ感染によってキブツへの海外ボランティア計画が凍結されてから1年、アリエ内務大臣はキブツ運動の要求に応え、ボランティアの為に空港を再開することを決定した。 去年3月にコロナ感染がおこり、キブツ運動はイスラエルへの海外ボランティアの入国を封鎖したが、縮小された形でボランティア計画は継続し、イスラエル国内には少数のボランティアが残っていた。コロナ禍でも興味を持っている人達や、海外からの協力団体から

イスラエルで7件のインド変異種が初確認

保健省では、海外から帰国した未接種のイスラエル人の間で、インド変異種が7件初確認されたと発表した。保健省は、接種者と回復者に対するこの変異種の影響に関して、明確な情報はまだ何もないと伝えている。 今回のケースは、遺伝子検査の国立研究所によって確認された。保健省では、特に感染状況が厳しい国々の海外からイスラエルへ帰国する者の隔離の重要性を強調している。 シバ病院感染病ユニット責任者のガリヤ教授は、「

ファイザー社社長:2回目の接種から12か月後に3回目の接種が必要になるかも知れない

ファイザー社社長のアルベルト氏は、今後12か月以内に3回目のワクチン接種が必要になるかも知れないと語った。またそのワクチンは、感染と様々な変異株の対策として重要なツールになるとも語っている。インフルエンザ予防接種のように、毎年1度のワクチン接種が確定する可能性が高いとも語っている。 ファイザー社によると、ワクチンの効果性は接種から半年後でも95%であることは知られている。同様のテクノロジーをベース

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.