ホテル再開の概要

保健省が来週水曜日(27日)からのホテル再開の概要を今日許可した。しかし概要条件を満たしているかを何処も検査しないので、ホテルが責任を持って果たすように相互の信頼の下に成り立っている。

この条件とは、ホテルオーナーと直結している責任者を1人選び、概要条件を満たしているかの確認や、現場で発生する問題の対処まで全て管理する必要がある。部屋、ロビーや公共空間全ての清掃と消毒の徹底や、冷暖房機のフィルター消毒まで含まれている。

ホテルの入口では全員の体温検査が実施され、レセプションには飛沫防止用ボードの設置や、ホテルの至る所に消毒場所を設ける。

食堂での混雑を避けるために食堂の利用時間を延長する。食堂の利用時間を予約制とし、食事時間も制限することによって密集を避ける。またオプションとして使い捨ての食器を使用した食事を、各自の部屋にルームサービスとして届けることも考えられている。

プールに関しては1レーンに1人の水泳者という条件および6平米に1人という条件だが、実際にこれをどう実施するか、又は入口で人数制限をする必要があるのかどうかは未だ決まっていない。プールの入口で各自の部屋番号を記入し、個人専用のバスタオルが渡されて使用後には各自がバスケットに返却する。密集を防ぐためにプールの利用時間も朝9時から夜19時までと延長される。

プールサイドの人達にはマスク着用が義務付けらるが、熱風の日には着用義務が無いので、これもどう管理するかはまだ決まっていない。プール敷地内への食べ物持ち込みは禁止され、敷地内で販売しているものしか許されない。現時点ではジャグジーとサウナは禁止されている。

最新記事

すべて表示

昨日も9千人以上の新規陽性者

保健省の発表によると、昨日の新規陽性者数は9,172人で、四日連続で9千人以上となっており、過去に9千人以上となったのは第二波の真っ最中であった9月30日のみである。約12万件のPCR検査が実施され、陽性率は7.6%とまだまだ高い。入院患者数1,848人、重症者1,097人、呼吸器付263人となっている。保健省では、封鎖解除の基準の一つが重症者の減少となっているが、ここ数日間1千人以上が継続されて

イスラエル軍ブルドーザーに向けてガザから2度発砲、戦車が応戦

ガザ地区ハン・ユーネス付近の国境フェンス近くで活動していた工作部隊に対し、ガザからD9ブルドーザーに向けて発砲があった。その直後にまた同じような発砲が起きた。イスラエル軍戦車が、発砲が起きた付近のハマス拠点を三か所攻撃した。イスラエル軍に負傷者は出ていない。 最初の発砲が起きた事件に関して軍スポークスマンは、「ガザ地区南部の国境フェンスの西側を工作活動中に、工作部隊に対して数発発砲された。その発砲

新規陽性者が二日連続して9千人以上

昨日は9,025人の新規陽性者が確認され、約12万5千件のPCRの検査で陽性率は7.2%であった。入院患者数1,760人、重症者1,043人、呼吸器付262人、死者3,770人となっている。1月初旬から今日まで既に428人死亡しており、去年11月は313人、12月は481人であった。現在感染者数も過去最高の78,215人となっている。 未だ感染状況が拡大していることを背景に、保健省ではもう1週間封

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.