ベンジャミン・デ・ロスチャイルド男爵が57歳で死去

 エドモンド・デ・ロスチャイルド・グループ責任者のベンジャミン・デ・ロスチャイルド男爵が、昨日心臓発作でスイスの自宅で亡くなった。享年57歳。

 ベンジャミン氏は1963年7月30日にエドモンド男爵とバロネス・ナディン・デ・ロスチャイルドの家庭に生まれ、1997年から父親が設立したグループの総責任者となり、同グループのビジネスと慈善事業の開発・拡大を担ってきた。ここ数年はグループの未来ビジョンの策定に専念し、同グループのビジネスと慈善事業の共同経営者としての役割は、彼の妻であるバロネス・アリアン・デ・ロスチャイルドに任せられた。

 エドモンド・ロスチャイルド・インヴェストメント・グループは、プライベート銀行、家族や国際顧客の不動産と資産運営、企画や公共施設への投資などを専門としている。グループは世界中の32か所に事務所を持ち、総額1千730億スイスフラン(約1千6百億ユーロ)の資産を管理し、約2,600人を雇用している。

 イスラエルではエドモンド・デ・ロスチャイルド・インヴェストメントハウスが活動しており、主に慈善事業を専門としている。ここ数年間ベンジャミンとアリアン・デ・ロスチャイルドが基金の活動を運営し、同基金はイスラエル社会の格差を無くし、優等生推進の為に数十億シケルを寄付した。

 過去1年間に二人はコロナとの闘いにも参加し、研究費用や全国の病院に従事する医療関係者への防護服購入費として7千万シケル以上寄付している。

最新記事

すべて表示

イスラエルが空中レイザー迎撃実験に成功

レイザーを使用した迎撃プロジェクトにおいて、防衛システムの重要な進歩があった。国防省兵器開発部(マパット)とエルビット社は、今日(月曜日)パルマヒーム実験センター正面の地中海上空で最近実施された実験の終了を発表し、その過程でイスラエル空軍と開発しているシステムが、10機の無人機を迎撃することに成功した。 空中レイザー発射砲は、数十機の迎撃を次々と実施することが出来、今回の実験のためにこのシステムが

神殿の丘で暴動:警察へ投石、16人が逮捕

金曜日に数十人のアラブ人若者が、神殿の丘の入口を警備している警官隊に対して投石をし、暴動の容疑で16人が逮捕された。警察によると、一部の暴徒達はユダヤ人達に危害を加えることを呼びかけ、「カイバー、カイバー(注:カイバーの戦い)、ユダヤ人、ムハンマッドの軍は再来する」と叫んでいた。 警察によると、暴動は金曜日の昼の祈祷終了後に神殿の丘内で始まり、神殿の丘のチェーン門に向かって数百人が行進を開始した。

イスラエルがガザの漁獲領域を再開、検問所は部分的再開

ガザの漁獲領域が今日(火曜日)、軍事作戦終了後初めて再開された。ケレム・シャローム検問所も再開され、燃料、医療物資や食料などを含んだ人道的物資が入れられる。現在のところ、ガザからの商品輸出は可能となっていない。これらは政治上層部とベニー国防大臣によって承認され、ガザの復興に関しても話し合うブリンケン米国務長官の来訪が視野に入れられているようだ。 また今日から救命患者の搬送、国際組織従事者と海外記者