ベングリオン空港のコロナ検査場が完成

ベングリオン空港のCheck2Fly社が運営する、国外旅行者用のコロナ検査場が完成した。PCR検査用サンプル検出機器や綿棒も第三ターミナルに用意されている。オメガ社とハイファのランバム医療センターの協力で、同社が企画している検査料金は、国内で最も安い料金になっており、緊急検査料金は135シケル、通常料金は45シケルのみとなっている。

 保健省はまだ承認していないが、近日中に承認される予定だ。まず明日イスラエルへのメイン・エントリーゲートで落成式が行われ、ネタニヤフ首相と運輸大臣のミリー氏、及び空港当局の上層部が参加する。

 コロナ禍が始まって以来、空港では世界の他の国の空港と同様にドメスティックの検査場開設が要求され、感染時代に於けるフライト管理の完全な変化が可能となった。

 この検査場では、有効なフライトチケットを持った利用客のみ検査を受けることが出来る。ベングリオン空港の検査場ではPCR検査が実施され、イスラエル人の入国が許可されている国々、又はレッド・カントリーから到着した者など、陰性結果が必要とされている場合である。検査を受けたい利用客は、フライト時間の72時間前から、又は着陸後4時間以内に検査を受けることができる。

 検査料金は国内で最も安く、4時間以内に検査結果が出る緊急検査料金は135シケルのみである。14時間以内で検査結果が出る通常検査では45シケルのみとなっている。ターミナル内の検査場と並行して、事前予約しておけば車から降りずに検査を受けることが出来るドライブイン検査場も開設される。この検査結果の正確度は96%以上である。また将来的にはレッド・カントリーからの帰国者でも検査が陰性の場合は隔離免除、又は隔離期間の大幅な短縮も予定されている。

最新記事

すべて表示

封鎖中のフライトに関する情報

イスラエルから海外へイスラエル人が出ることを抑制し、イスラエルへ変異種も持ち込むことを防ぐ目的で、現在1月8日の封鎖以前にチケットを購入した者のみが出国可能となっている。チケットも持っている者が空港まで来ることは、自宅から1km以内の外出距離制限の違反にもならない。 事前にチケットを購入していない者は、各事例に対して決定する保健省の特例委員会の許可を受ければ出国することが出来る。イスラエルから出国

コロナ禍のプロジェクト:イスラエル初代首相のランドリー

まだ閉鎖中のキブツ・スデーボケルにあるベングリオンの家では、この現状を利用して、1973年に他界したイスラエルの初代首相が残した服や遺品の整理やメンテナンスを行っている。 現場の職員達は、「老人」が使用していた洋服、カーペット、カーテン、シーツ、ベッドカバー、タオルやハンカチまでもクリーニングとメンテナンスに出している。洋服ダンスには、キブツの農場で作業服として使用していた多くのカーキ服があり、式

砂漠旅行:10日間で10か所

イスラエルの冬は、砂漠旅行に最も適した季節であり、ソフトで美しい色合い、開花した植物、涼しい風と暖かい太陽や歩き易いトレイルを提供してくれる。10日間場所から場所へ移動し、イスラエル南部を旅行して最も美しい場所を10か所探してきた。封鎖が解除された後の旅行計画にお勧めする。 ●ラモン・カラー自然保護地区:砂漠の彩色 砂漠を想像すると、単色の荒れた土地というものしか思い浮かばないと思う。ラモン・カラ

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.