ブリュッセル・エアーラインズとオーストリアン航空がイスラエルへのフライトを再開予定

ルフトハンザがオーナーのブリュッセル・エアーラインズとオーストリアン航空が6月15日からイスラエルへのフライトを運行再開すると発表した。ブリュッセルとウィーンからのフライトが週三となる見込み。ルフトハンザが運行再開すると発表したのが影響している。

今回の決定は約2か月間全てのフライトを欠航していたルフトハンザグループが、6月末までに130都市へのフライトを再開するにあたり、その傘下にある両社もイスラエルを含んだフライトを再開することになった。


ブリュッセル・エアーラインズ(日・月・木)

ブリュッセル発09:35、テルアビブ着13:05

テルアビブ発16:05、ブリュッセル着19:55


オーストリアン航空(日・木・土)

ウィーン発10:25、テルアビブ着14:25

テルアビブ発16:10、ウィーン着18:55


観光回復の一環として昨日保健省からグリーン・カントリーのリストが作成され、韓国、セーシャル諸島、キプロス、ギリシャ、モンテネグロ、スロベニア、ゲオルギア、オーストリア、クロアチアとリトアニアが選ばれており、イスラエルと同様又はそれ以下の感染状況の国々がパイロットとして選ばれている。これらの国から入国する者は二週間の隔離が免除される。

韓国が選ばれたことには驚きもあるが、PCR検査数の多さと感染に対する早急な対応によって拡大を防いだことがイスラエルでも評価されている。

ただしこれらの国々との話し合いも始まっておらず、出入国に関する過程の詳細も全く決まっておらず、実際にいつから開始されるかも現状では分からない。

最新記事

すべて表示

パレスチナ総選挙:何故今なのか

アメリカ大統領選の時期、ラマッラの政治マップに熟知しているパレスチナ関係者と、トランプ政権が継続される場合、又は民主党が勝った場合のパレスチナ当局の動向に関して話し合ってみた。「もしバイデンが勝つならば、パレスチナ当局は総選挙に行くだろう」と彼は確信して言った。 彼の予想には驚かされた、というのもトランプ政権が勝ってパレスチナの孤立化が継続するならば、ハマスと手を組んでイスラエルとアメリカに対抗す

ベンジャミン・デ・ロスチャイルド男爵が57歳で死去

エドモンド・デ・ロスチャイルド・グループ責任者のベンジャミン・デ・ロスチャイルド男爵が、昨日心臓発作でスイスの自宅で亡くなった。享年57歳。 ベンジャミン氏は1963年7月30日にエドモンド男爵とバロネス・ナディン・デ・ロスチャイルドの家庭に生まれ、1997年から父親が設立したグループの総責任者となり、同グループのビジネスと慈善事業の開発・拡大を担ってきた。ここ数年はグループの未来ビジョンの策定に

過去からの教訓:イスラエル国会議事堂が襲撃された契約書

市民の反対がピーク時の1952年にドイツの賠償金支払い契約書に調印がなされ、ナチス政権崩壊から7年しか経過していなかった。国会議事堂での運命的な閣議中にベギンは叫んだ、「汚れた数百万マルクのせいで、我々が獲得した少々の誇りさえ奪うのか?」、その後大勢の市民が国会議事堂に雪崩れ込んだ。暴動にも関わらず、外貨不足と緊縮財政政策がこの問題の決定を下した。 「俺の家族全員が殺害され、それを黙らせる為に金を

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.