ブリュッセル・エアーラインズとオーストリアン航空がイスラエルへのフライトを再開予定

ルフトハンザがオーナーのブリュッセル・エアーラインズとオーストリアン航空が6月15日からイスラエルへのフライトを運行再開すると発表した。ブリュッセルとウィーンからのフライトが週三となる見込み。ルフトハンザが運行再開すると発表したのが影響している。

今回の決定は約2か月間全てのフライトを欠航していたルフトハンザグループが、6月末までに130都市へのフライトを再開するにあたり、その傘下にある両社もイスラエルを含んだフライトを再開することになった。


ブリュッセル・エアーラインズ(日・月・木)

ブリュッセル発09:35、テルアビブ着13:05

テルアビブ発16:05、ブリュッセル着19:55


オーストリアン航空(日・木・土)

ウィーン発10:25、テルアビブ着14:25

テルアビブ発16:10、ウィーン着18:55


観光回復の一環として昨日保健省からグリーン・カントリーのリストが作成され、韓国、セーシャル諸島、キプロス、ギリシャ、モンテネグロ、スロベニア、ゲオルギア、オーストリア、クロアチアとリトアニアが選ばれており、イスラエルと同様又はそれ以下の感染状況の国々がパイロットとして選ばれている。これらの国から入国する者は二週間の隔離が免除される。

韓国が選ばれたことには驚きもあるが、PCR検査数の多さと感染に対する早急な対応によって拡大を防いだことがイスラエルでも評価されている。

ただしこれらの国々との話し合いも始まっておらず、出入国に関する過程の詳細も全く決まっておらず、実際にいつから開始されるかも現状では分からない。

最新記事

すべて表示

パレスチナ当局は、総選挙中止の地盤を準備中

1か月後に西岸地区とガザ地区の約250万人のパレスチナアラブ人が、15年ぶりにパレスチナ議会選挙に投票する予定である。しかしここ数日間パレスチナ自治政府が、総選挙が無期限に延期される可能性について世論を準備しており、実際には中止される予定であることが明らかになった。 総選挙延期の公式理由は、イスラエルが今までに東エルサレムに於ける選挙の実施を許可しなかったことになっている。以前からの経験では、イス

シリアの地対空ミサイルがネゲブに着弾、イスラエル空軍が報復攻撃

イスラエルが関連したとされる攻撃後に、昨夜シリアからイスラエルへ発射された地対空ミサイルがネゲブに着弾した。シリアの地対空ミサイルに対する防衛システムが作動し、イスラエル空軍はその報復として、ミサイルが発射された場所やシリア国内のその他の対空砲を攻撃した。 シリアの報道によるとイスラエル空軍は夜中1時30分に、地対空ミサイルが発射されたダマスカス付近の数か所の目標を攻撃したとのこと。イスラエル軍ス

テロリストを認識して攻撃:ガザ国境で戦うイスラエル軍最新ロボット

国境付近で戦うロボットが初公開。ガザ師団では、航空産業社製のロボット「ヤグアル」(ジャガー)が導入され、遠隔操作でテロリストを認識・攻撃が可能となる最初のロボットになると期待されている。 エルビット社とエルタ社製のテクノロジーで、ここ数年間イスラエルで開発された。ロボットは既に現場の最初の軍事作戦結果を出しており、ベイト・ラヒヤとベイト・ハヌーン正面に駐屯する北部旅団の管轄下にある。このロボットの

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.