フラワーマップ

 コロナ禍で旅行が禁止されている中、イスラエル全国に広がっている素晴らしい開花を見に行くのに絶好の機会だ。住宅街の近くにも開花しており、外出規制距離1km以内でも見ることが出来る開花した花のマップだ。

 この1週間は気候的には夏の真っ最中のように感じられるが、しかし湿度の高い条件も関わらず、イスラエル全国の冬の開花はピークに達している。問題点は、封鎖期間中には遠方まで見に行けないことだ。

 しかし自然公園局では、外出制限距離によって我々と自然とを遠ざけることが無いように考慮し、勿論コロナ規制に違反することもなく、住宅街付近で見られるフラワーマップを用意してくれた。もしエルサレムに住んでいるならば、家から歩けばアリソラム、ファーンリーフ・クレマテス、ハナノボロギク、マリーゴールド、デイジー、シクラメン、オオキバナカタバミなどを発見することが出来る。シュデロットはハナノボロギクだけ、ハデラではハナノボロギクやシクラメン、リッション・レツィヨンならマリーゴールドなどが発見できる。

●アリサラム(Arisarum Vulgare)

 アリサラムの花は小さく、長い茎の上にある。雄蕊は上部、雌蕊は下部に分かれている。花は雨から保護するカバーのような物で覆われている。アリサラムは11月から3月に開花する。

主な開花場所:ロハマ、ゲベルアム、エルサレム、レホーボット、ラーナナ、ハイファ、カツリン、メトゥーラ。

●ファーンリーフ・クレマテス(Clematis Cirrhosa)

 ファーンリーフ・クレマテスは地中海林の典型的なつた類で、イスラエル国内で地中海性気候の山岳地域に広がっている。小枝のように利用した葉の葉柄を使って樹木や低木などを上っていく。開花季節(12月から2月)には、4枚の花弁を持った白色の大きな花(直径約5㎝)を沢山付ける。

主な開花場所:ゴラン、カルメル、ラマット・メナシェ、上部ガリラヤ、下部ガリラヤ、ギルボア、ユダ山地、ユダ低地、ツァフリリーム、エルサレム、エルアド、ハイファ、カツリン、キリヤット・シュモナ。

●ハナノボロギク(Senecio Leucanthemifolius Subsp. Vernalis)

 ハナノボロギクは、イスラエルの地中海性全域に広がっているキク科の一年草である。ハナノボロギクのカーペットは、主に道路の路肩、畑の脇などの肥沃な土地を飾っている。

主な開花場所:オファキーム、シュデロット、レホーボット、ハデラ、エルサレム、アトリット、ハイファ、ツィポーリ、カツリン、メトゥーラ。

●マリーゴールド(Field Marigold)

 イスラエル全国に広がっているキク科の一年草である。しかしステムは短いが、大きく密集した黄色・橙色の花のカーペットを作り出す。

主な開花場所:アラバーのツォファール、ハツェバー、ミツペー・ラモン、イェルハム、ベエルシェバ、エン・ゲディ、エルサレム、リッション・レツィヨン、ハイファ、カツリン、キリヤット・シュモナ。

●デイジー(Bellis Sylvestris)

 デイジーは、地面の近くにリーフロゼットを持つ多年草の草本植物である。花は直径1.5㎝から3㎝で、20㎝から30㎝の長さの無葉のステムの上に一つずつ花咲く。

主な開花場所:北はメトゥーラから南はゲデラとエルサレムまで。ハイファ、エルサレム、ショハム、ゲデラ。

●シクラメン(Cyclamen Persicum

 イスラエルの国花であるシクラメンは、数週間前から開花し始め、4月まで花を見ることが出来る。シクラメンの葉はハート形で、葉を飾るパターンが多彩にある(輝点と明るい葉脈の組み合わせ)。葉のパターンの多彩さは、各花の遺伝子の違いを表している。

主な開花場所:北はメトゥーラから南はショムリヤとアシュケロンまで。メトゥーラ、ツファット、カルミエル、ハイファ、ハデラ、リッション・レツィヨン、エルサレム、ベイト・シェメッシュ。

●オオキバナカタバミ(Oxalis Pes-Caprae)

 オオキバナカタバミはイスラエルの地中海性全域に広がっており、ここ最近では新しい地域にも進出している。花は黄色で12月から開花する。原種はアフリカ南部でイスラエルに定着しており、イスラエルに最も侵略している花の種類の一つだ。この花の普及は在来種との競合や、絶滅の危機に瀕している植物の存在に脅威を与える、主に海岸線地域に於いて深刻な生態学的問題を起こしている。

主な開花場所:北はメトゥーラから南はオファキームまで。エルサレム、テルアビブ、ハイファ、ネス・ツィヨナ、アシュケロン。

●アネモネ(Anemone coronaria

 アネモネはイスラエルで最も知られており、国民に好かれている花の一つだ。キンポウゲ科に属している。多彩な色の花で、赤、白、ピンクや紫がある。南部ではアネモネは赤色だけ開花する(北部ネゲブ砂漠のアネモネの開花カーペットは、「ドローム・アドム」(南の赤色)という名で有名だ)。

主な開花場所:メトゥーラからベエルシェバまでで、ネゲブ山の人里離れた場所にもある。ペタフティクバ、ハイファ、ヨクネアム、エルサレム、ベエリ。

最新記事

すべて表示

明日から16歳以上のイスラエル人は、全員海外出国申請書を提出する必要

保健省は、明日6月29日から16歳以上のイスラエル市民は全員、イスラエルから出発する24時間以内に申請書を記入する必要があることを発表した。この申請書には、個人の詳細と、最高リスクレベルと定義された国々を訪問しないという宣誓書になっている。申請書入力にはここをクリック: 最高リスクレベルの国々のリストは、現在ではアルゼンチン、ブラジル、南アフリカ、インド、メキシコとロシアになっている。これらの国々

7月から観光客入国が拡大

2021年7月1日から市民ではない接種済みの外国人は、事前の許可なしに入国することが出来るようになる。国のリストやワクチンの種類などの詳細は、現在保健省によって作成中である。この規制は今日活動している陸上国境にも有効となり、2021年7月4日にはイスラエル人のためにアラバー国境(ヨルダンとの国境)も開通される。 今回の発表は、約2か月前の観光省のキャンペーン発表時に予想されていたことが実現したこと

空港で長蛇の列:帰国者はPCR検査なしで解放される

金曜日のベングリオン空港での特殊な混雑により、接種者と回復者を含むイスラエル入国者全員へ要求されるPCR検査を受けずに帰宅した者が数人いることが判明した。保健省ではPCR検査なしで入国した人数に関して回答をしていない。 保健省によると、同時に着陸したフライトにより、長蛇の列と非常な密の状態が発生したとのこと。安息日入りの時間が間近に迫っていた事も、入国者達の感情を逆立てる要因の一つとなったとのこと