フラワーマップ

 コロナ禍で旅行が禁止されている中、イスラエル全国に広がっている素晴らしい開花を見に行くのに絶好の機会だ。住宅街の近くにも開花しており、外出規制距離1km以内でも見ることが出来る開花した花のマップだ。

 この1週間は気候的には夏の真っ最中のように感じられるが、しかし湿度の高い条件も関わらず、イスラエル全国の冬の開花はピークに達している。問題点は、封鎖期間中には遠方まで見に行けないことだ。

 しかし自然公園局では、外出制限距離によって我々と自然とを遠ざけることが無いように考慮し、勿論コロナ規制に違反することもなく、住宅街付近で見られるフラワーマップを用意してくれた。もしエルサレムに住んでいるならば、家から歩けばアリソラム、ファーンリーフ・クレマテス、ハナノボロギク、マリーゴールド、デイジー、シクラメン、オオキバナカタバミなどを発見することが出来る。シュデロットはハナノボロギクだけ、ハデラではハナノボロギクやシクラメン、リッション・レツィヨンならマリーゴールドなどが発見できる。

●アリサラム(Arisarum Vulgare)

 アリサラムの花は小さく、長い茎の上にある。雄蕊は上部、雌蕊は下部に分かれている。花は雨から保護するカバーのような物で覆われている。アリサラムは11月から3月に開花する。

主な開花場所:ロハマ、ゲベルアム、エルサレム、レホーボット、ラーナナ、ハイファ、カツリン、メトゥーラ。

●ファーンリーフ・クレマテス(Clematis Cirrhosa)

 ファーンリーフ・クレマテスは地中海林の典型的なつた類で、イスラエル国内で地中海性気候の山岳地域に広がっている。小枝のように利用した葉の葉柄を使って樹木や低木などを上っていく。開花季節(12月から2月)には、4枚の花弁を持った白色の大きな花(直径約5㎝)を沢山付ける。

主な開花場所:ゴラン、カルメル、ラマット・メナシェ、上部ガリラヤ、下部ガリラヤ、ギルボア、ユダ山地、ユダ低地、ツァフリリーム、エルサレム、エルアド、ハイファ、カツリン、キリヤット・シュモナ。

●ハナノボロギク(Senecio Leucanthemifolius Subsp. Vernalis)

 ハナノボロギクは、イスラエルの地中海性全域に広がっているキク科の一年草である。ハナノボロギクのカーペットは、主に道路の路肩、畑の脇などの肥沃な土地を飾っている。

主な開花場所:オファキーム、シュデロット、レホーボット、ハデラ、エルサレム、アトリット、ハイファ、ツィポーリ、カツリン、メトゥーラ。

●マリーゴールド(Field Marigold)

 イスラエル全国に広がっているキク科の一年草である。しかしステムは短いが、大きく密集した黄色・橙色の花のカーペットを作り出す。

主な開花場所:アラバーのツォファール、ハツェバー、ミツペー・ラモン、イェルハム、ベエルシェバ、エン・ゲディ、エルサレム、リッション・レツィヨン、ハイファ、カツリン、キリヤット・シュモナ。

●デイジー(Bellis Sylvestris)

 デイジーは、地面の近くにリーフロゼットを持つ多年草の草本植物である。花は直径1.5㎝から3㎝で、20㎝から30㎝の長さの無葉のステムの上に一つずつ花咲く。

主な開花場所:北はメトゥーラから南はゲデラとエルサレムまで。ハイファ、エルサレム、ショハム、ゲデラ。

●シクラメン(Cyclamen Persicum

 イスラエルの国花であるシクラメンは、数週間前から開花し始め、4月まで花を見ることが出来る。シクラメンの葉はハート形で、葉を飾るパターンが多彩にある(輝点と明るい葉脈の組み合わせ)。葉のパターンの多彩さは、各花の遺伝子の違いを表している。

主な開花場所:北はメトゥーラから南はショムリヤとアシュケロンまで。メトゥーラ、ツファット、カルミエル、ハイファ、ハデラ、リッション・レツィヨン、エルサレム、ベイト・シェメッシュ。

●オオキバナカタバミ(Oxalis Pes-Caprae)

 オオキバナカタバミはイスラエルの地中海性全域に広がっており、ここ最近では新しい地域にも進出している。花は黄色で12月から開花する。原種はアフリカ南部でイスラエルに定着しており、イスラエルに最も侵略している花の種類の一つだ。この花の普及は在来種との競合や、絶滅の危機に瀕している植物の存在に脅威を与える、主に海岸線地域に於いて深刻な生態学的問題を起こしている。

主な開花場所:北はメトゥーラから南はオファキームまで。エルサレム、テルアビブ、ハイファ、ネス・ツィヨナ、アシュケロン。

●アネモネ(Anemone coronaria

 アネモネはイスラエルで最も知られており、国民に好かれている花の一つだ。キンポウゲ科に属している。多彩な色の花で、赤、白、ピンクや紫がある。南部ではアネモネは赤色だけ開花する(北部ネゲブ砂漠のアネモネの開花カーペットは、「ドローム・アドム」(南の赤色)という名で有名だ)。

主な開花場所:メトゥーラからベエルシェバまでで、ネゲブ山の人里離れた場所にもある。ペタフティクバ、ハイファ、ヨクネアム、エルサレム、ベエリ。

最新記事

すべて表示

独立戦争時に戦死した植物学者トビヤ・クシュニルの花を辿って

「トビヤはまだ黒く希少なアイリスを栽培している」と、ナオミ・ショメル(注:黄金のエルサレム作曲家)の歌に記され、毎年秋になると「自分の庭に吹く狂った風が、殆どの白ユリをなぎ倒す」と描写している。73年前のトビヤ・クシュニルの事を歌っており、パルマッハ隊に入隊して独立戦争で戦死した。享年24歳であったが、イスラエルの地の自然調査の発見に多大な貢献をし、一部は世界規模の重要な発見でもあった。 「当時イ

5月23日から接種済みの観光客は、イスラエル訪問許可

イスラエルは5月23日から、グループ旅行の外国の接種済み観光客に国を再開する。このように保健省と観光省の共同作業チームによって規制が決定した。決定される人数制限に沿って観光客グループはは到着し、第一段階の結果に沿って、現在の方向で感染が継続するならば、グループではない観光客の規制拡大が可能となる。 各省間チームには、市民医療サービス責任者のシャロン医師と、コロナ総責任者のナフマン教授、及び専門家が

今年の独立記念日には何処へ飛べて幾らかかるか

独立記念日(4月15日)を前に市、接種証明書保有のイスラエル人に新しい渡航先が加わった、アブダビだ。同王国の国営航空会社のエティハドは、イスラエルとUAE間の直行便を始めて運航したフライ・ドバイ航空会社に加わり、第一段階として週2便を飛ばす。イスラエル人は同国では隔離を必要としない。 ドバイとアブダビ間も再開した。イスラエアー社営業販売副責任者のギル氏は、「イスラエル人にアブダビが再開してから、ド

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.