ファイザー社がイスラエルのワクチン接種作戦分析を発表:重症化と死亡防止に97%の効果

 ファイザー社のワクチンは、研究より現実の方が有効性が高い。同社はイスラエルのワクチン接種作戦から送られてきた情報をまとめ、それによるとワクチンは感染防止に効果があると分かっている。

 同社に送られたデータにより、mRNAテクノロジーをベースとしてイスラエルで接種されているファイザー社のワクチンは、無症候性感染症防止に94%の効果があり、つまりこのワクチンは人から人への感染を大幅に減少させている。

 ファイザー社の報告によると、これらのデータはワクチンの症候性感染、重症化や死亡の防止に対して97%の有効性があると示している。この割合は同社がワクチン承認前に実施した臨床実験で提示した95%より高いものとなっている。

 データの分析によると、未接種者とワクチン接種者と比較して、症候性コロナ感染を発症する可能性が44倍、コロナで死亡する可能性が29倍高くなっている。

 60万人の未接種者と60万人の接種者を対象としたクラリット保険会社の研究結果からは、1回目の接種後は感染が57%減少、重症化は62%、死亡は72%減少していることが判明した。

 1回目の接種から21~27日目、2回目の接種を受ける時期だが、感染が66%減少、重症化は80%、死亡は84%減少していた。2回目の接種から1週間後は、感染が94%、重症化は92%にまで減少している。

 大規模な対象者により、特定のサブ・グループに対するワクチンの有効性を評価することも可能となった。年齢層に関するワクチンの有効性は、70歳以上を含む様々な年齢層で相似していることが判明している。3つ以上の疾患病持ちで接種されたサブ・グループの間では、ワクチンの感染減少率は一般人口の94%に対して89%となっている。

 マッカビー保険会社のデータでも、感染防止に多大な成功を見せている。同保険会社の60万2千人の接種者に対し、52万8千人の未接種者で無感染者を対象とした研究によると、2回目の接種から1週間以上経過した後のイスラエルでのワクチン有効性は、95%に達していることが判明した。

 保健省のデータによると、現在までに5百万人以上が1回目の接種済み、約4百万人が2回目の接種済みとのこと。しかし重症化リスクグループである50歳以上の15%が未接種のままである。

 イスラエル防衛軍では、軍隊の81%の兵士達が接種済み、又は回復者であり集団免疫を獲得したと発表した。イスラエル軍では来週から回復者にも1回限りの接種を実施する予定である。

 同時にモデルナ社では、南アフリカ変異株B.1.351を対象とした新規ワクチンを開発したと発表し、また既存ワクチンと新規ワクチンを組み合わせた混合ワクチンも開発したと発表した。同社では60人を対象とした臨床実験第2段階に入り、一部は既存と新規ワクチンを含んだ混合ワクチンのみを受け、一部は新規ワクチンだけを受ける。同社によると、既に最初の接種者は、新規ワクチンを3度目の追加免疫として接種されたと報告している。

 研究所の以前の検査により、既存のワクチンは変異株にも有効であることが既に判明していたが、南アフリカ変異株に対しては免疫獲得が6倍も減少することが判明していた。モデルナ社では過去にmRNA技術のお陰で、6週間以内で全ての変異株に対する新しいワクチン製造が出来ると発表している。

最新記事

すべて表示

重症者167人、4月半ば以来の最高数

重症者数が2日間安定していた後に、再度懸念する上昇が発生した。保健省のデータによると、全国の入院している重症者数は167人となり、昨日は151人であった。その内の26人は呼吸器付で、4月20日以来の最高記録となっている。 また昨日の新規陽性者数は2,140人で、4日間連続で2千人以上を記録している。約9万4千件のPCR検査に対し、陽性率は2.37%となった。また新規陽性者の約10%に当たる198人

昨日は2,165人の新規陽性者、諜報部警告:何もしなければ重症者は増加する

昨日(水曜日)の新規陽性者数は2,165人であり、約9万6千件のPCR検査に対し、陽性率は2.35%であった。 諜報部報告書では、「重症者数は、明確に国内の感染を表しており、検査数には依存していない。実効再生産数も未だ高く、7~10日間毎に新規陽性者数と患者数を倍増させている。何も対策無く、市民の幅広い接種が無ければ、新規陽性者数と重症者数は増大し、数週間後に病院や治療所に負荷となることが予想され

来週から3回目の接種準備:昨日は2,260人の新規陽性者

保健省では、来週から高年齢者への3回目の接種投与準備を開始している。同時に1日の新規陽性者数も増加し、昨日(火曜日)は2,260人であった。 今日持たれる保健省の感染対策チームの会議で、3回目の接種に関する決定が下される。医療システムでは、3回の接種推奨が決定されるのは確かであるが、感染対策チームの決定から、保健省では既に来週からワクチン接種を高齢者に呼び掛ける予定である。 保健省では、ファイザー