パン種とミムーナ:過越し祭第七日目の完全ガイド

 他の祭日のように労働の禁止以外に、過越し祭の第七日目には聖会の義務がある。良い日の食事、祭日の祈祷、追加ハレルを唱え、聖書朗読としめくくりがある。今年は祭日が安息日に開始する為に、安息日の律法が有効となる(火の移行は禁止、又は命の食事に必要な祭日に許可されている労働も禁止)。

 出エジプトから第七日目に、イスラエルの民は紅海を渡った。その為に過越し祭の第七日目の夜に、殆どの人が「海の歌」を実行する。聖書と詩の朗読でシナゴーグに集まり、主に海の歌を一緒に唱える。海岸に近い居住地では、海岸まで出て海の歌を唱えるのが習慣となっている。

 安息日と祭日明けにパン種を食べることが許され、パン種の売却の有効期限も無効となる。モロッコ系ユダヤ人の会衆では、今年は安息日明けにミムーナをお祝いし、元々はモロッコ系ユダヤ人の伝統の民族祭である。イスラエルでは、通常ニッサンの月の第二十二日目(過越し祭の第七日目はニッサンの月の第二十一日目)にお祝いし、海外ではニッサンの月の第二十三日目、何故なら海外では祭日を二日間お祝いする習慣となっている(海外の全祭日の二日目は、離散の第二良い日)。

 この祭りに関する説明は幾つかあり、信者という言葉から来ていると言われており、その意味とはニッサンの月にイスラエルの民はエジプトから救われた為、又将来ニッサンの月に救われる為、完全な救いが未だ到来していない為に、この祭日では救いへの信仰を粟原している。

 他の説明では、聖会の日にモロッコで生まれて活動していたマイモニデスの父親であったラビ・マイモンが亡くなった日であるとのこと。もう一つの聖会に関する説明では、今日のように聖会をお祝いするようになったのは(人を招待してパン種のお菓子を食べる)、パン種やそれらが入った物を食べないように防ぐことに関連した週間の違いから、過越し祭で特に注意して他人の家で食べないことが通常であった。その為に過越し祭が終了して直ぐにお互いに招待し合い、過越し祭で招待しなかったのは憎しみではなく律法の厳守であり、今は共にお互いの食べ物を食べ合っているということを見せるためである。

最新記事

すべて表示

ユダヤ教賢者達は優秀な歴史家では無かった:神殿崩壊後の日常生活の研究

「イスラエルの殆どのユダヤ人居住地は破壊されず、そこから追放もされなかった。エルサレムと神殿、及び北部の一部ユダヤ人居住区の崩壊は、2千年間の離散を生んでいない。ローマ人は計画的に追放したのではなく、全くその正反対で、効果的な検討から属州の安定を優先していた」。ローマ人と征服された民族との複雑な関係について既に31年間も研究している、歴史家のドロン学者の言葉であり、彼の新しい結論によると、神殿崩壊

律法、習慣とコロナ:安息日明けから始まる神殿崩壊日

この日には、全員が5つの断食を行う義務がある:飲食、入浴、油塗、性交、及び革製の靴を履くことである。これらの断食以外に、追悼習慣も厳格化されている:昼まで椅子に座ってはいけないこと、「シャローム」と祝福してはいけないこと、追悼から気をそらすような無意味なことをしないこと、急用ではない仕事などは、全て昼までやってはいけない。 この日は聖書の勉強も無く、ミカ書、又は破壊の注解書、又はヨブ記のような人類

苦しんでいる人は、安息日でも歯の治療を受けられるのか?

質問: 歯の痛みに苦しんでいる人は、安息日でも歯の治療を受けることが出来ますか? 回答: 歯の部分への損傷は、様々な歯の痛みを起こす恐れがあり、痛みは歯周病、歯槽膿漏、虫歯、歯茎の後退などによって起こる恐れがある。神経から来る痛みは殆どが耐えられない痛みであり、緊急の治療を必要とする。炎症は顔の方へと広がる時もあり、頬の部分の腫れや赤身、又は発熱を起こす場合もある。このような損傷は、抗生物質を投与