パレスチナ当局:1か月以内にロシアから4百万個のコロナワクチンを受け取る

 パレスチナ保健省は今日、今月中か1か月以内に露鹿から4百万個のワクチンをパレスチナ当局が受け取ることを発表した。パレスチナ保険大臣メイ氏によると、第一段階では15万個のワクチンが医療関係者、パレスチナ治安部隊と報道関係者に接種されるとのこと。

 パレスチナ当局は現在、コロナワクチンの備蓄を入手するために努力を費やしている。ファイザー、モデルナ、アスターハズニッカなどのワクチン開発段階の会社や国々とも交渉しており、ワクチンを開発したロシアも含まれている。パレスチナ当局では触れなかったが、もしイスラエルが生物学研究所でワクチン開発に成功すれば、パレスチナ当局にも配給されることとなっている。

 先月ロシアのワクチン開発会社スポンタニック5が95%の効果性があると発表した。モデルナとファイザーが95%の効果性、アスターハズニッカ社が90%の効果性があると発表した数日後であった。

 昨日の記事によると、イスラエルは今週ハマスに対して人質交換の枠内で、感染状況が拡大しているガザ地区にワクチンの供給支援することも含めて提案したとのこと。この提案はエジプトの仲介でガザに提示されたが、イスラエルでは人質交換の一回限りのチャンスであると予想している。

 ガザ地区では昨日は1日で505人の新規感染者が判明しており、今日ガザ地区内には174人の重症者又は危篤状態の患者がいる。感染拡大を受け、ハマスはガザ地区で今後一か月間、毎週木曜日から日曜日までの完全封鎖を実施している。

 パレスチナ当局での1日のコロナ感染者数は、1千人以上を超えているのが連日続いている。昨日だけで新規陽性者数は1,126人であった。パレスチナ当局は、レッド居住国対する部分的又は地域的な制限を実施しており、もし感染状況が改善されなければ再度完全封鎖の実施も検討している。

最新記事

すべて表示

ドバイから帰国したイスラエル人が隔離ホテルで暴動

ドバイから昨夜帰国したイスラエル人達が、規制によって義務付けられている隔離ホテルへ搬送された。しかしホテルでの隔離を免除する申請を検討する保健省の代表が空港に不在なため、最初はホテルへの移動を拒否した。長い説得後にホテルへ到着した時に、ホテルにも代表者がいないことが判明した途端に暴動が発生した。 エルサレムのダン・パノラマ・ホテルに到着したイスラエル人には、ホテルに到着すれば保健省の代表者と合える

10月以来、感染係数が1以下

昨日は8,174人の新規陽性者が確認され、9万件以上のPCR検査で陽性率が9%となっている。全国の病院には1,901人の入院患者、重症者1,132人、呼吸器付が317人となっている。 陽性者数が8千人を超えたのは3日連続だが、今朝諜報局により発表された報告書によると、10月以来初めて感染係数が1以下の0.99となったと朗報もある。感染係数が1以上の場合には感染者数は指数関数的に増加し、ある一定の時

最悪:昨日の新規陽性者数が1万人を突破

コロナ禍から初めて昨日の新規陽性者数が10,021人となり、10万件のPCR検査で陽性率も10.2%と高くなっている。オックスフォード大学のデータによると、過去7日間で人口に対する陽性者数は、イスラエルが世界で一位となっている。次にポルトガル、アンドラ、チェコ、アイルランド、レバノン、モンテネグロ、イギリス、スロベニア、アメリカ、スペイン、スイスという順だ。 しかしPCR検査数が感染データにも影響

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.