バニアスで約1,600年前の教会が発見

 西暦400年頃と想定されているビザンチン時代の教会が、ヘルモン山の麓にある自然国立公園のバニアスの泉で発見された。教会はハイファ大学考古学研究所のアディ教授とロン氏が行っている考古学発掘の枠内で発見された。

 遺跡ではモザイクの床が見つかり、十字架やその他のキリスト教のシンボルが描かれており、教会であると研究者達は推定した。また遺跡には大きな切り石も発見されており、巡礼にやってきたキリスト教徒達が彫っていった十字架などのシンボルが描かれている。考古学者達が現場を調査したところ、同じ場所にローマ時代には、パンの神を祀る為の屋外神殿が建っていたことも分かっている。遺跡にはアルゴーブ、祭壇や飾られた遺物がある。建物の中央には小さいプールもあった。

 研究者達の推定によると、教会建設には異教建築が使用され、4世紀にイスラエルでキリスト教が公式宗教と決定された為である。モザイクの床や建物の壁にある特殊な傾斜や窪みは、地域を襲った地震によって教会に被害が及び、半分が沈んでしまったと研究者達は想定している。教会はその後7世紀にキリスト教徒達によって再建され、巡礼場所と変容していった。これも発掘現場で発見された十字架のシンボルが付いている大きな切り石から想定されている。

 アディ教授は、「パンの神の神殿と発見された教会が、崖、洞窟、泉と神殿を建設していた崖の一部が古代に崩れて出来たテラスを組み合わせた地理的環境に位置している。紀元前3世紀のヘレニズム時代に、洞窟と泉の近くでパンの神への信仰が始まった。そこから古代の町の名前がパニアスと名付けられ、その後バニアスへと変わっていった。ヘロデ大王は紀元前1世紀末にオーグストス皇帝の神殿をここに建てた。息子のピリポは1世紀初頭に町を建設し、そこをピリポ・カイザリアと名付けた。ローマ時代全般でこの町はパンの神とゼウス神への重要な礼拝センターであった。新約聖書によると、このバニアスでペテロがイエスをメシアと認め、イエスは彼に天国の鍵を授けた。ビザンチン時代初期には、バニアスの町は教皇が住む重要なキリスト教の中心地と変わっていき、礼拝もキリスト教のものへと次第に変って行った。この町は7世紀後には衰退し始めたが、ずっと町は存在していた。13世紀のマムルーク王朝時代にも多くの人達が住む居住区でもあった」と語った。

 自然国立公園の遺産分野責任者のヨッシー学者は、「この自然保護地区に於ける考古学発掘は、紀元前20年頃に建設されたパンの神の古代神殿の遺跡で行われ、一部は以前の考古学発掘によって発見されていた。現在この発掘は、洞窟の手前に建設されていた神殿を完全に発掘するという目的で行われ、遺跡の保存と訪問者用の現地観光開発の一環としても行われている」と説明した。

最新記事

すべて表示

エルサレムの発掘で、2,700年前の豚の骨が発見

2,700年前の豚の完全な骨が、ダビデの町国立公園で実施されている考古学発掘の一環として発見された。遺跡には、建物の破壊と崩壊の痕跡が残っており、子豚も含めて中身事下敷きになったと思われる。テルアビブ大学リダー学者、及び考古学局オルタル氏の研究結果は、Near Eastern Archaeology誌に掲載された。 リダー学者は、若い豚の骨と判定し、最低でも生後7か月としている。彼女の説明によると

イェロバアルという名を刻んだ、士師記時代の希少な碑文が発見

士師記に関連した同時代の碑文が、キリヤットガット付近のエルラアイ遺跡の考古学発掘で発見された。この希少な碑文は、アルファベイト文字で「イェロバアル」という名を刻んでおり、紀元前1,100年頃とみられている。陶器にインキで記されており、石で床が作られた、地中に掘られた貯蔵サイロの中で発見された。 現場での発掘は2015年から毎年行われており、現在7回目の発掘が実施されている。この発掘は、エルサレムの

神殿参拝前に有力者達を接待した建物が発見される

今朝、第二神殿時代のエルサレムで発見された、最も豪華な公共施設の一つが公開された。西の壁遺産基金と考古学局の発見は、嘆きの壁トンネルでここ数年間実施された考古学発掘の結果である。 考古学局は、ウイルソン・アーチと神殿の丘の西側で発見された建物の一部は、既に19世紀にチャールス・ウォーレンによって発見・記述されており、20世紀の様々な発掘者によっても記述されている。今回の発掘によって全体が発掘され、