ハマス・テロリストを認識するAI

 AIを搭載したドローンは、ガザ地区内のテロリストや車両の動きを認識し、現地での処理能力をイスラエル軍に支援している。新しいドローン・テクノロジーであり、広大なエリアのハマス・メンバー発見を可能とし、以前のドローン・システムのような部分的追跡だけではない。

 Thirdeye Systems社製の「キメラ」システムであり、国防国防省国防研究開発局の支援で開発され、イスラエル軍やその他の治安団体が利用している。このシステムは、現場の部隊を通じて戦略的な使用を可能とさせ、特殊な技能を持ったオペレーターを必要としない。このシステムは現在の作戦以前からガザ地区で作動しており、国境を越える必要性も無い。

 Thirdeys社社長のリオール氏は、過去数年間のテクノロジー開発が、ドローンが提供する情報を大幅に拡大することが可能になったと語った。その中には低消費電力のプロセッサ開発と、地上ステーションへ送信せずにドローン自体のAI処理を実行する機能も含まれている。「これら全てが非常に重要な作戦効果性へとつながっていく」と語った。

 リオール氏は、以前のドローンの機能性は、戦場をストローを通じてみるようなものだと比較した。「ストローで世界を見たとしても、自分の興味がある建物しか見ることが出来ない。我々の技術はパノラマ映像の作成を可能とする15本のストローがあり、ドローン内でストロー間の高速度の移動と情報処理をし、変化する環境でも非常に小さいオブジェクトを発見することが出来る。これはリアルタイムで必要な情報をユーザーに与え、今日までは数千万シケルもコストがかかる無人機を必要としていた」。

 頑強な崖作戦と雲の柱作戦では、イスラエル軍の「スカイライダー」部隊が活動し、地上部隊に視覚情報を提供していた。スカイライダー部隊は、エルビット社製のスカイラーク・ドローンを利用している。重量が重く、高価で、作動させるにはオペレーターが国境を越えなければならない。過去数年間でイスラエル軍はその他の様々な種類のドローンを検討して購入し、ドローン・オペレーターとして「ドローマー」の役割へ兵士達を訓練している。新しいキメラ・ドローンは、特殊な訓練も必要とせずに作動させることを可能とし、標的を認識するAIを通じて情報を提供し、現地の司令官達にその情報を流している。

 リオール氏は、キメラはドローン、飛行システム、ドローンを作動させるAIトレーニングやなども含み、全て同社で開発したものであると述べている。「弊社には数年間従事しチエルアルゴリズム・チーム、インフラストラクチャ・チームと、システムを構成するメカニック・チームがある。このシステムは、ネジからセンサーまで全て弊社で製造されている」と語っている。このシステムは、消防や警察などの民間利用にも適して開発されたと語った。

最新記事

すべて表示

イスラエル人が、コロナ賠償訴訟を中国に対して試み、地方裁判所は却下

コロナ被害に対して中国を訴えることを考えている人達は、もう一度考え直す方が良い。テルアビブ地方裁判所は今日(火曜日)、コロナ禍に関するイスラエルに於いて、中国に提起する集団訴訟承認申請を却下した。 ミハル裁判官は、「この案件に関して中華人民共和国には、この裁判所の管轄権に対して免除されている。中華人民共和国は、承認申請書に対しても答弁書を提出しておらず、免除の主張も唱えておらず、イスラエル司法長官

イスラエルが空中レイザー迎撃実験に成功

レイザーを使用した迎撃プロジェクトにおいて、防衛システムの重要な進歩があった。国防省兵器開発部(マパット)とエルビット社は、今日(月曜日)パルマヒーム実験センター正面の地中海上空で最近実施された実験の終了を発表し、その過程でイスラエル空軍と開発しているシステムが、10機の無人機を迎撃することに成功した。 空中レイザー発射砲は、数十機の迎撃を次々と実施することが出来、今回の実験のためにこのシステムが

神殿の丘で暴動:警察へ投石、16人が逮捕

金曜日に数十人のアラブ人若者が、神殿の丘の入口を警備している警官隊に対して投石をし、暴動の容疑で16人が逮捕された。警察によると、一部の暴徒達はユダヤ人達に危害を加えることを呼びかけ、「カイバー、カイバー(注:カイバーの戦い)、ユダヤ人、ムハンマッドの軍は再来する」と叫んでいた。 警察によると、暴動は金曜日の昼の祈祷終了後に神殿の丘内で始まり、神殿の丘のチェーン門に向かって数百人が行進を開始した。