テロリストを認識して攻撃:ガザ国境で戦うイスラエル軍最新ロボット

 国境付近で戦うロボットが初公開。ガザ師団では、航空産業社製のロボット「ヤグアル」(ジャガー)が導入され、遠隔操作でテロリストを認識・攻撃が可能となる最初のロボットになると期待されている。

 エルビット社とエルタ社製のテクノロジーで、ここ数年間イスラエルで開発された。ロボットは既に現場の最初の軍事作戦結果を出しており、ベイト・ラヒヤとベイト・ハヌーン正面に駐屯する北部旅団の管轄下にある。このロボットの特性は自動化であり、似たような無人陸上ツールが全て失敗してから長年経過している。

 ヤグアルは定義された目標に自走し、認識して障害を乗り越え、衝突や轢くことを避け、数十個のセンシティブなセンサーによって周りを認識しながらコースを再計算する。ロボットは、ガザ師団が開発したスマート・ボーダー・コンセプトの一部として、今日24時間体制で配備されている。ロボットには、単発又は連射可能な戦車用マグ機関銃の搭載。近距離と遠距離の高品質な認識が出来るハイレゾルーション・カメラ。防弾の通信機器。強力な照明と、監視員によって本部から容疑者にスピーカで注意勧告することも可能となっている。

 ヤグアルの多くのシステムはスマート・アルゴリズムと、実験場で開発されたセルフ・コントロールを使用して作動している。武器の制御は、本部の操作員の完全なコントロール下にあり、中隊長、又は同地区大隊長の判断に沿って実行される。ヤグアル開発者の説明によると、これにより国際法に適応した形の新しい戦闘ツールの利用と公表が承認されたとのこと。

 ヤグアルに搭載されたセンサーシステムには、濃霧や砂塵でも敵を認識するレーダーも含まれている。「次の段階では、市民治安任務で成熟した後に、陸上演習での大隊の訓練ミッション用に開発する」とイスラエル軍開発者達は説明した。「これによってロボットは独立した戦士となる。兵士を危険に晒すことなく敵地に入り、探索し、必要であれば攻撃する」。このプロジェクトの次段階では、ヤグアルにデモ鎮圧用ツールや、グレネードランチャーなど、その他の武器を追加することが可能となる。

 「今日既に夜中でも十分に活動するヤグアルの効果性が証明されており、フェンス警備に必要な兵士4人分を節約している。しかしいずれにせよテロ疑惑のある場合には、それに出動する指揮官と兵士達にとって代わることはない。兵士達は安全な範囲で行動し、必要によっては敵をせん滅させる為に最も効果的な形で突撃する」とイスラエル軍は述べている。

 ヤグアルのエンジンは電動式でとても静かなiRobotのようで、フェンス付近の現地で安全な場所に固定された充電場所に自動で戻り、充電をしながらパトロールの合間に休憩している。ヤグアルは数百㎏の荷物を積載することも可能で、治安当局では既に戦場からの負傷者の迅速な救出に必要とされる高速ツールとしても利用することを検討している。

 ヤグアルには拿捕された場合に機密部分を無効化する能力があり、テロリストの手に渡る前に自滅する戦闘機器と相似している。開発者達は、最適化した形で走行車の機関銃命中精度を高めることに成功し、走行中の連射でも最大の安定機能がある。ヤグアルの武器システムは、移動中でも目標にロックオンし、安全な本部のジョイスティックで発射命令が出るまで追跡尾行する。

最新記事

すべて表示

エルサレムで衝突の夜:数千人のパレスチナ人が暴動、数十人の警察官が神殿の丘に突入

ラマダンの断食終了後に、神殿の丘とシェイフ・ジャラフ居住地で暴動が発生した。数十人の特殊パトロール部隊警察官達がエルアクサ寺院の広場に突入し、ショックグレネードで数千人のパレスチナ人達を解散させた。パレスチナ側の主張では、警察官が神殿の丘に突入した後に暴動が開始し、警察側では現場で暴動が起きたために突入したと主張しているが、祈祷場所へ部隊を突入させた理由は述べていないとしている。 激しい衝突は幾つ

パレスチナ人に寄付された数百万ユーロが「人民戦線」テロ活動に使用

イスラエル治安部隊は、人道目的の為にヨーロッパの国々や組織からパレスチナ人へ寄付された数百万ユーロが、「人民戦線」組織のテロ活動に送金されたメカニズムを暴露した。今日(木曜日)の午後に発表が許可された。西岸地区のパレスチナ人4人が、詐欺の容疑者として逮捕された。 国内諜報部、イスラエル防衛軍と警察の捜査によると、ヨーロッパの政府支援機関とNPO組織が与えた寄付金が、西岸地区のパレスチナ人団体や組織

百万人に近づく:2020年度エルサレム人口95万2千人

このデータによると、過去10年間でユダヤ人女性の出産率が上昇し、エルサレムでもイスラエル全国でも同様で、それに反してアラブ人女性の出産率は急激に減少している。ユダヤ人女性の平均出産率は2.9人から3.0人に上昇し、アラブ人女性の平均出産率はエルサレムで3.9人から3.2人へ減少、イスラエルでは3.5人から3.0人へ減少を記録した。 このデータによると、2019年にエルサレムへ移住した新規市民は1万