テロリストを認識して攻撃:ガザ国境で戦うイスラエル軍最新ロボット

 国境付近で戦うロボットが初公開。ガザ師団では、航空産業社製のロボット「ヤグアル」(ジャガー)が導入され、遠隔操作でテロリストを認識・攻撃が可能となる最初のロボットになると期待されている。

 エルビット社とエルタ社製のテクノロジーで、ここ数年間イスラエルで開発された。ロボットは既に現場の最初の軍事作戦結果を出しており、ベイト・ラヒヤとベイト・ハヌーン正面に駐屯する北部旅団の管轄下にある。このロボットの特性は自動化であり、似たような無人陸上ツールが全て失敗してから長年経過している。

 ヤグアルは定義された目標に自走し、認識して障害を乗り越え、衝突や轢くことを避け、数十個のセンシティブなセンサーによって周りを認識しながらコースを再計算する。ロボットは、ガザ師団が開発したスマート・ボーダー・コンセプトの一部として、今日24時間体制で配備されている。ロボットには、単発又は連射可能な戦車用マグ機関銃の搭載。近距離と遠距離の高品質な認識が出来るハイレゾルーション・カメラ。防弾の通信機器。強力な照明と、監視員によって本部から容疑者にスピーカで注意勧告することも可能となっている。

 ヤグアルの多くのシステムはスマート・アルゴリズムと、実験場で開発されたセルフ・コントロールを使用して作動している。武器の制御は、本部の操作員の完全なコントロール下にあり、中隊長、又は同地区大隊長の判断に沿って実行される。ヤグアル開発者の説明によると、これにより国際法に適応した形の新しい戦闘ツールの利用と公表が承認されたとのこと。

 ヤグアルに搭載されたセンサーシステムには、濃霧や砂塵でも敵を認識するレーダーも含まれている。「次の段階では、市民治安任務で成熟した後に、陸上演習での大隊の訓練ミッション用に開発する」とイスラエル軍開発者達は説明した。「これによってロボットは独立した戦士となる。兵士を危険に晒すことなく敵地に入り、探索し、必要であれば攻撃する」。このプロジェクトの次段階では、ヤグアルにデモ鎮圧用ツールや、グレネードランチャーなど、その他の武器を追加することが可能となる。

 「今日既に夜中でも十分に活動するヤグアルの効果性が証明されており、フェンス警備に必要な兵士4人分を節約している。しかしいずれにせよテロ疑惑のある場合には、それに出動する指揮官と兵士達にとって代わることはない。兵士達は安全な範囲で行動し、必要によっては敵をせん滅させる為に最も効果的な形で突撃する」とイスラエル軍は述べている。

 ヤグアルのエンジンは電動式でとても静かなiRobotのようで、フェンス付近の現地で安全な場所に固定された充電場所に自動で戻り、充電をしながらパトロールの合間に休憩している。ヤグアルは数百㎏の荷物を積載することも可能で、治安当局では既に戦場からの負傷者の迅速な救出に必要とされる高速ツールとしても利用することを検討している。

 ヤグアルには拿捕された場合に機密部分を無効化する能力があり、テロリストの手に渡る前に自滅する戦闘機器と相似している。開発者達は、最適化した形で走行車の機関銃命中精度を高めることに成功し、走行中の連射でも最大の安定機能がある。ヤグアルの武器システムは、移動中でも目標にロックオンし、安全な本部のジョイスティックで発射命令が出るまで追跡尾行する。

最新記事

すべて表示

イスラエル人が、コロナ賠償訴訟を中国に対して試み、地方裁判所は却下

コロナ被害に対して中国を訴えることを考えている人達は、もう一度考え直す方が良い。テルアビブ地方裁判所は今日(火曜日)、コロナ禍に関するイスラエルに於いて、中国に提起する集団訴訟承認申請を却下した。 ミハル裁判官は、「この案件に関して中華人民共和国には、この裁判所の管轄権に対して免除されている。中華人民共和国は、承認申請書に対しても答弁書を提出しておらず、免除の主張も唱えておらず、イスラエル司法長官

カタールからの寄付金は、国連の責任下でガザに配布される。ナフタリ首相:「現ナマのトランクは無くなった」

国連は、ガザ地区内の援助が必要な家族に、カタールからの寄付金を配布することの責任を負うことに同意した。このようにパレスチナ新聞のエルクッズに掲載され、この記事によると、エルサレム、ラマッラやガザでも未だ正式な声明は出ていながい、イスラエルはこの概要に同意したと伝えている。いずれにしろイスラエルでは、カタールからの援助金はトランクでガザに運ばれることは拒否しており、国連の監視下か、又はパレスチナ自治

ガザへの攻撃にかかわらず、ガザからの火炎風船が絶えず

昨日ガザからイスラエルへ向けて飛ばされた火炎風船が、エシュコール地方自治体の野原に火災を発生させた。消防局の関係者が現場に到着し、火炎風船が火災の原因であると突き止めた。治安状況の安定と、ガザへの規制解除から2週間が経過し、一昨日ガザからの火炎風船攻撃が再開し、イスラエル軍は夜間に報復攻撃をした。 イスラエル軍スポークスマンによると、戦闘機がガザの武器製造工場を攻撃し、「攻撃された部品は、ハマスの