テルアビブの物価は低下したが、それでもまだ世界10位内

 コロナも政治デモも、香港をリロケーションで最も高い地位から落とすことは出来なかったことが、世界の年間物価レポートでイギリスの顧問研究会社ECA Internationalが発表した順位付けで明らかになった。テルアビブは今年は7位で前年より2位降下した。この順位は121か国の208都市で食料、交通機関や都市整備のサービスや商品などの比較をベースに順位づけられており、9月から8月までの12カ月間が対象となっている。

 「香港が計算項目全ての分野で高いが、特に家賃の高さが1位に押し上げている」とECAアジアの地域マネージャであるクワン氏は語った。「コロナと政治的不安定の影響で、需要が減少したことによって家賃がある一定の値下がりを記録してもである」と述べた。

 東京が2位、その後にニューヨークとジュネーブが続いている。上位4位は前年と変化はない。それに対し、チューリッヒが5位、ロンドンが6位で、ユーロとパウンドが強くなった為に上昇した。ソウル、サンフランシスコと横浜が8位から10位を占めている。

 ヨーロッパとオーストラリアの諸都市が、ユーロとオーストラリア・ドルが強くなった為に高くなっているが、アジア圏では主にタイ、ベトナムとインドが通貨が弱まった為に物価も値下がりした。インドのムンバイでは、去年と比較すると34位も下降して今年は94位になっている。同じように石油に依存している国々の諸都市、ブラジル、ベネゼエラやロシアも、石油価格の下落によって物価も値下がりし、現地の通貨も弱くなっている。

●物価の高い世界の諸都市上位10位(去年の順位):

1位(1位)香港

2位(2位)東京

3位(3位)ニューヨーク

4位(4位)ジュネーブ

5位(6位)チューリッヒ

6位(10位)ロンドン

7位(5位)テルアビブ

8位(7位)ソウル

9位(9位)サンフランシスコ

10位(8位)横浜

最新記事

すべて表示

パレスチナ当局は、総選挙中止の地盤を準備中

1か月後に西岸地区とガザ地区の約250万人のパレスチナアラブ人が、15年ぶりにパレスチナ議会選挙に投票する予定である。しかしここ数日間パレスチナ自治政府が、総選挙が無期限に延期される可能性について世論を準備しており、実際には中止される予定であることが明らかになった。 総選挙延期の公式理由は、イスラエルが今までに東エルサレムに於ける選挙の実施を許可しなかったことになっている。以前からの経験では、イス

シリアの地対空ミサイルがネゲブに着弾、イスラエル空軍が報復攻撃

イスラエルが関連したとされる攻撃後に、昨夜シリアからイスラエルへ発射された地対空ミサイルがネゲブに着弾した。シリアの地対空ミサイルに対する防衛システムが作動し、イスラエル空軍はその報復として、ミサイルが発射された場所やシリア国内のその他の対空砲を攻撃した。 シリアの報道によるとイスラエル空軍は夜中1時30分に、地対空ミサイルが発射されたダマスカス付近の数か所の目標を攻撃したとのこと。イスラエル軍ス

テロリストを認識して攻撃:ガザ国境で戦うイスラエル軍最新ロボット

国境付近で戦うロボットが初公開。ガザ師団では、航空産業社製のロボット「ヤグアル」(ジャガー)が導入され、遠隔操作でテロリストを認識・攻撃が可能となる最初のロボットになると期待されている。 エルビット社とエルタ社製のテクノロジーで、ここ数年間イスラエルで開発された。ロボットは既に現場の最初の軍事作戦結果を出しており、ベイト・ラヒヤとベイト・ハヌーン正面に駐屯する北部旅団の管轄下にある。このロボットの

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.