テルアビブで不法外国人労働者へのワクチン接種作戦が成功:特典はホムスかクナッフェ

 テルアビブ市役所がイヒロブ医療センターの協力と共に、テルアビブ南部のネベー・シャアナン居住区に開設したワクチン接種会場に、1回目の接種を受けようと数百人が集まった。テルアビブ市役所が開設したこの会場はステータスの無い者、不法外国人労働者や亡命希望者用に設置されたもので、予想以上の接種受給者が訪れた。先週火曜日に開設されて以来、市役所では毎日600人の接種者数を予想していたが、実際には数十人オーバーしていた。昨日の接種者数は852人の最高記録となっている。開設されてから6日間で4,100人が接種を受け、殆どがテルアビブ南部又は全国から接種を受けに集まった。

 エリトリアからの亡命希望者であるトーマス氏は、ワクチン接種に政治的な見解は無いと語った。「俺はエリトリアに帰国するべきだ言ったり、ここに残るべきだと言う人たちがいるが、ワクチン接種に関しては良い物であるという事を全員が同意する必要がある。我々の会衆でも最初はワクチンに恐怖感があったが、既に数百人が接種を受け、多くの人が接種を受けて何も問題無ければ、危険ではないと理解して恐怖感も無くなる」と語っている。

 フィリピンからのローザン氏は、2人の子供を抱えたステータスの無い外国人労働者である。「私の友達が全員接種を受けたので、自分も受けに来た」と語った。彼女も先週接種を受けたかったが、警察に逮捕されて国外追放になることへの恐怖心があった。「警察は誰もいないと約束されて来ることに同意した」と語っている。

 他の人達にも接種を受けさせるように、接種数が低い感染悪化地域にもう2か所会場を設置する予定である。ヤッフォーとキリヤット・シャローム居住区だ。テルアビブ市役所の接種移動車がヤッフォーのハシュナイム公園に到着し、10時から15時まで予約無しで、マッカビー保険会社被保険者なら無料で接種を受けられる。接種した者は特典としてホムスかクナッフェがもらえる。

 もう一台の接種移動車は、キリヤット・シャロームのゴーレン・ゴールドシュタインに到着し、13時から19時まで全保険会社被保険者には予約無しで1回目の接種には無料となる。接種者はピザかコーヒーの特典がもらえる。

最新記事

すべて表示

PCR検査会場閉鎖準備:検査費用140シケル請求

アロン本部司令官リリー准将は、これに反対している。「ラベルを変更するのは重要だあるが、検査の可用性を変更することではない。ドライブイン検査場の閉鎖は大した節約にもならず、実際には作戦的柔軟性に被害を与えると予想される。ドライブイン検査場は、1日で約6千件のPCR検査に対応している。更に週末では保険会社も休んでいる為に、必要で唯一の解決策ともなっている」と語った。 平行して保健省では、不必要と定義さ

感染終息?4人のみがエクモに接続

感染の束縛から段々と解放され続けている。閣議は昨日、追加緩和を承認した。医療前線では、病院は段々とエクモを必要としておらず、昨日はたったの4人しか接続されていない。 明日から有効となる緩和内容は、室内の人数制限は50人、屋外は500人まで。ジムとスポーツ施設、プールとアトラクションがパープル規制による運営承認、グリーン規制の枠内で活動していた場所の制限解除などである。閣議はまた、グリーン規制を必要

保健省の躊躇:12~15歳を接種するべきか

保健省では子供へのワクチン接種に関する話し合いを凍結し、12~15歳の子供達へのワクチン接種についてどのように、また根本的な推奨がまとめられるかどうかを検討している。この過去数カ月間に保健省上層部が、根本的に子供の接種を支援する立場を表明したが、ここ数週間の医療システム関係者達の主張によると、子供達への接種を可能にする傾向はあるが、現段階で接種への推奨がなされるかは不明確であるとのこと。 保健省の