ティシュレイの月(9月~10月)カイソウの開花と水旅行

 ユダヤ暦新年は、まだ気温も高く、ほとんどの地域の景色も乾燥して黄色になっている夏の終わりから開始する。しかし勇気ある花が最初に土から芽を出し、お祝いの白色で開花する。冬が来る前の水に入る旅行も最後となるであろう。ティシュレイの月にお勧めの観光スポットだ。

●テル・ヨドファトで数千のカイソウ

 カイソウと浜百合は「秋を告げる」花として考えられているが、実際には夏の花であり、カイソウは8月半ばから開花し始める。ティシュレイの月の祭日期間には、カイソウ開花地域への旅行が理想的だ。

 カイソウのスポットの一つは、下部ガリラヤにあるテル・ヨドファトで、イスラエル国内でも美しく興味深い考古学遺跡の場所である。遺跡以外に、テル周辺の景色は美しく、秋が近づくと丘の斜面を白色で覆う数万のカイソウが開花する。

 このテルには旧約聖書時代と第二神殿時代のユダヤ人集落が存在していた。西暦67年に起きたユダヤ人のローマに対する第一次反乱でこの町は要塞化され、47日間の兵糧攻めに耐え、最終的にローマ軍は町の攻略に成功し、根元から破壊して住民の殆どを虐殺した。テルを一周できる短い散歩道が付いており、健脚な人はアツモン山が展望できる場所まで歩いて行けるが、現場に着くまでには車が凸凹道で良く跳ねるのを覚悟。


●「メショシェイ・ザビタン」のプール水泳

 冬が始まるちょっと前、祭日期間にとても暖かい日が数日続く。しかし7月や8月のような暑い日ではない。水旅行には最も適した時期であり、ザビタン川のような真夏の猛暑日に歩いて旅行できないような困難なコースでも歩けるようになる。

 ザビタン川はゴラン高原に流れる川の中でも美しく、健脚な人達ならば上流徒歩コースを歩いて行くと「メショシェイ・ザビタン」があり、深く水が透き通った水溜めで周りには素晴らしい玄武岩の岩肌で覆われている。ゴラン高原にあった火山から流れたマグマが削っていった証拠である。

 プールで泳いだ後にザビタン滝の展望台まで徒歩コースが続いており、そこから右に曲がって滝まで下りて行くことを推薦する。滝までの道は急な勾配で困難だが、滝の麓にある約8mの深さがある二つのプールにまで辿り着くことが出来る。そこから駐車場に戻るまで約45分はかかるだろう。

 ザビタン川は国立公園であるイェフディヤ・フォーレストの敷地内を流れており、スナップリングを利用して行くことが可能な「ブラック・ゴージ」コースもある。

最新記事

すべて表示

全国の特別ブティック・ワイナリー

ワイナリーへの訪問は、過去数年間で盛んとなり、コロナ禍では一般公開したワイナリーの数も増大した。全国の数百か所のワイナリーを訪問することが可能となり、全部にビジターセンターや、ブドウ畑の視察などがある訳でもないが、片手に素晴らしいグラスワインがあれば、それ以上望むものはない。 何処から訪問を開始し、本当に特別はワイナリーとは?北部から南部まで、グラスワイン以外にも提供しているワイナリーを紹介しよう

上級者用シナイ半島

シナイ半島は自分が好きな渡航先の一つで、とても近く、安く、景色も体験の見返りもある。陸上の国境(タバ国境)であるために、シナイ半島が海外だと忘れてしまいやすく、パスポートと海外旅行保険を忘れないようにしないと、ウニを踏んで怪我をしても誰も賠償してくれない。国境使用税はイスラエル側とエジプト側でも支払う必要があり、国境を越えた直後から安堵感がある、のんびりした全く違う世界へ移動できることを確約する。

EUがイスラエルのグリーンパスポートを認証:「航空業と観光業への緩和」

イスラエルとEUは、15日午後にイスラエルとEU諸国内で発行されているワクチン証明書の相互認証契約書にサインした。保健省と外務省の共同声明によると、この契約書のテクニカル的な部分は10月初旬までに完了し、イスラエルのグリーンパスポート保持者が、ヨーロッパ各国のコロナ規制に沿って、現地のグリーンパスポートを取得してレストラン、文化センター、公共施設などへの入場が可能となる。 EU諸国以外に今回の契約