ティシュレイの月(9月~10月)カイソウの開花と水旅行

 ユダヤ暦新年は、まだ気温も高く、ほとんどの地域の景色も乾燥して黄色になっている夏の終わりから開始する。しかし勇気ある花が最初に土から芽を出し、お祝いの白色で開花する。冬が来る前の水に入る旅行も最後となるであろう。ティシュレイの月にお勧めの観光スポットだ。

●テル・ヨドファトで数千のカイソウ

 カイソウと浜百合は「秋を告げる」花として考えられているが、実際には夏の花であり、カイソウは8月半ばから開花し始める。ティシュレイの月の祭日期間には、カイソウ開花地域への旅行が理想的だ。

 カイソウのスポットの一つは、下部ガリラヤにあるテル・ヨドファトで、イスラエル国内でも美しく興味深い考古学遺跡の場所である。遺跡以外に、テル周辺の景色は美しく、秋が近づくと丘の斜面を白色で覆う数万のカイソウが開花する。

 このテルには旧約聖書時代と第二神殿時代のユダヤ人集落が存在していた。西暦67年に起きたユダヤ人のローマに対する第一次反乱でこの町は要塞化され、47日間の兵糧攻めに耐え、最終的にローマ軍は町の攻略に成功し、根元から破壊して住民の殆どを虐殺した。テルを一周できる短い散歩道が付いており、健脚な人はアツモン山が展望できる場所まで歩いて行けるが、現場に着くまでには車が凸凹道で良く跳ねるのを覚悟。


●「メショシェイ・ザビタン」のプール水泳

 冬が始まるちょっと前、祭日期間にとても暖かい日が数日続く。しかし7月や8月のような暑い日ではない。水旅行には最も適した時期であり、ザビタン川のような真夏の猛暑日に歩いて旅行できないような困難なコースでも歩けるようになる。

 ザビタン川はゴラン高原に流れる川の中でも美しく、健脚な人達ならば上流徒歩コースを歩いて行くと「メショシェイ・ザビタン」があり、深く水が透き通った水溜めで周りには素晴らしい玄武岩の岩肌で覆われている。ゴラン高原にあった火山から流れたマグマが削っていった証拠である。

 プールで泳いだ後にザビタン滝の展望台まで徒歩コースが続いており、そこから右に曲がって滝まで下りて行くことを推薦する。滝までの道は急な勾配で困難だが、滝の麓にある約8mの深さがある二つのプールにまで辿り着くことが出来る。そこから駐車場に戻るまで約45分はかかるだろう。

 ザビタン川は国立公園であるイェフディヤ・フォーレストの敷地内を流れており、スナップリングを利用して行くことが可能な「ブラック・ゴージ」コースもある。

最新記事

すべて表示

明日から16歳以上のイスラエル人は、全員海外出国申請書を提出する必要

保健省は、明日6月29日から16歳以上のイスラエル市民は全員、イスラエルから出発する24時間以内に申請書を記入する必要があることを発表した。この申請書には、個人の詳細と、最高リスクレベルと定義された国々を訪問しないという宣誓書になっている。申請書入力にはここをクリック: 最高リスクレベルの国々のリストは、現在ではアルゼンチン、ブラジル、南アフリカ、インド、メキシコとロシアになっている。これらの国々

7月から観光客入国が拡大

2021年7月1日から市民ではない接種済みの外国人は、事前の許可なしに入国することが出来るようになる。国のリストやワクチンの種類などの詳細は、現在保健省によって作成中である。この規制は今日活動している陸上国境にも有効となり、2021年7月4日にはイスラエル人のためにアラバー国境(ヨルダンとの国境)も開通される。 今回の発表は、約2か月前の観光省のキャンペーン発表時に予想されていたことが実現したこと

空港で長蛇の列:帰国者はPCR検査なしで解放される

金曜日のベングリオン空港での特殊な混雑により、接種者と回復者を含むイスラエル入国者全員へ要求されるPCR検査を受けずに帰宅した者が数人いることが判明した。保健省ではPCR検査なしで入国した人数に関して回答をしていない。 保健省によると、同時に着陸したフライトにより、長蛇の列と非常な密の状態が発生したとのこと。安息日入りの時間が間近に迫っていた事も、入国者達の感情を逆立てる要因の一つとなったとのこと