ダヤン将軍が所持していた3世紀の像がトルコに返還

 3世紀からのアナトリアの女神シベレの像が、競売にかけられる為の考古学局の許可を得る検査で、その像はトルコで発掘されたものであり、1970年代にダヤン将軍の手に渡ったことが判明したためトルコに返還された。

 女神シベレの像は豊かさと子宝の象徴で、アメリカの競売にかけるためにイスラエルから持ち出す考古学局の許可をイスラエル市民が申請したことから2016年に発見された。考古学局の審査中に、この像はダヤン将軍の手に渡り、何らかの形でこの市民が引き受けることになり、40年後に販売することを決心した。この情報により考古学局の監査員は、盗難を防ぐためにインターポールを通じてトルコ当局と連絡を取り、販売可能な合法のものか又は違法でトルコから持ち出されたものかを確認した。違法にトルコから持ち出されたことが判明した結果、4年間の裁判を経てこの像は現在イスタンブールの国立博物館に置かれることとなった。

 「ダヤン将軍は彼の本にも書いてある通り、古物品の収集家でもあり泥棒でもあった」と考古学局古物品盗難防止課副責任者のエイタン学者は語った。「彼は古物品を持ち出す為に軍隊を利用し、石棺を持ち上げる為にヘリコプターを使い、どのような詳細かは分からないがこの像も彼の手に渡った。国家的文化的遺産を我々がトルコに返還した様に、イスラエルに属する古物品も他の国々が返還して欲しいものだ」とも語っている。

最新記事

すべて表示

約1万年前にイスラエルを襲った巨大津波

イスラエルとアメリカの研究者達が行った最近の調査によると、今から約9,910年から9,920年の間に、イスラエルの海岸線を巨大津波が襲った痕跡が発見された。テル・ドール付近で行われた発掘をベースとした調査で、Plos One誌に掲載された。研究者達は、同時代の砂と貝殻のサンプルを調査し、津波の高さは16mから40m、海水は内陸1.5kmから3.5kmまで浸水したと想定している。 この調査に参加した

カルメル山の洞窟で35万年前の発見

ホモ・サピエンスが出現する以前の約35万年前に様々な材料を研磨するために利用された古代の道具が、カルメル西部のタブーン洞窟で発見された。Journal of Human Evolution誌に発表されたハイファ大学の研究者達による新しい研究で、他の物を研磨する為の石器使用では最も古代の証拠であると発表されている。 研究者であるロン学者、イーリス学者、ミナ教授とダニー教授は、カルメル山のタブーン洞窟

驚きの発見:3,700年前にイスラエルで食べていた物

テルアビブ大学と考古学局研究者達が参加した国際チームの新しい研究により、既に紀元前16世紀にインド、東南アジアとイスラエルの間で、重要な世界的貿易が行われていたことが判明した。当時の貿易品には主に熱帯地方の食物、大豆、バナナやターメリック(ウコン)などがあり、この地域でこれらの食物が発見された最初の証拠より1千年も前のものとなる。 今回の調査は、テル・メギドとキリヤット・ガット付近のテル・エラニの

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.