ダヤン将軍が所持していた3世紀の像がトルコに返還

 3世紀からのアナトリアの女神シベレの像が、競売にかけられる為の考古学局の許可を得る検査で、その像はトルコで発掘されたものであり、1970年代にダヤン将軍の手に渡ったことが判明したためトルコに返還された。

 女神シベレの像は豊かさと子宝の象徴で、アメリカの競売にかけるためにイスラエルから持ち出す考古学局の許可をイスラエル市民が申請したことから2016年に発見された。考古学局の審査中に、この像はダヤン将軍の手に渡り、何らかの形でこの市民が引き受けることになり、40年後に販売することを決心した。この情報により考古学局の監査員は、盗難を防ぐためにインターポールを通じてトルコ当局と連絡を取り、販売可能な合法のものか又は違法でトルコから持ち出されたものかを確認した。違法にトルコから持ち出されたことが判明した結果、4年間の裁判を経てこの像は現在イスタンブールの国立博物館に置かれることとなった。

 「ダヤン将軍は彼の本にも書いてある通り、古物品の収集家でもあり泥棒でもあった」と考古学局古物品盗難防止課副責任者のエイタン学者は語った。「彼は古物品を持ち出す為に軍隊を利用し、石棺を持ち上げる為にヘリコプターを使い、どのような詳細かは分からないがこの像も彼の手に渡った。国家的文化的遺産を我々がトルコに返還した様に、イスラエルに属する古物品も他の国々が返還して欲しいものだ」とも語っている。

最新記事

すべて表示

エルサレムの発掘で、2,700年前の豚の骨が発見

2,700年前の豚の完全な骨が、ダビデの町国立公園で実施されている考古学発掘の一環として発見された。遺跡には、建物の破壊と崩壊の痕跡が残っており、子豚も含めて中身事下敷きになったと思われる。テルアビブ大学リダー学者、及び考古学局オルタル氏の研究結果は、Near Eastern Archaeology誌に掲載された。 リダー学者は、若い豚の骨と判定し、最低でも生後7か月としている。彼女の説明によると

イェロバアルという名を刻んだ、士師記時代の希少な碑文が発見

士師記に関連した同時代の碑文が、キリヤットガット付近のエルラアイ遺跡の考古学発掘で発見された。この希少な碑文は、アルファベイト文字で「イェロバアル」という名を刻んでおり、紀元前1,100年頃とみられている。陶器にインキで記されており、石で床が作られた、地中に掘られた貯蔵サイロの中で発見された。 現場での発掘は2015年から毎年行われており、現在7回目の発掘が実施されている。この発掘は、エルサレムの

神殿参拝前に有力者達を接待した建物が発見される

今朝、第二神殿時代のエルサレムで発見された、最も豪華な公共施設の一つが公開された。西の壁遺産基金と考古学局の発見は、嘆きの壁トンネルでここ数年間実施された考古学発掘の結果である。 考古学局は、ウイルソン・アーチと神殿の丘の西側で発見された建物の一部は、既に19世紀にチャールス・ウォーレンによって発見・記述されており、20世紀の様々な発掘者によっても記述されている。今回の発掘によって全体が発掘され、