ダマスカス門で衝突、カランディアやラケルの墓でも

 国境警備隊兵士達は昨夜(金曜日)、カランディア検問所、ラケルの墓とダマスカス門の3か所で起きた暴動を対処した。治安部隊に対して投石、火炎瓶や花火が撃ち込まれ、暴動者達に対しては暴動鎮圧ツールが使用された。カランディア検問所とラケルの墓の数百人の暴動者達も、軍によって鎮圧された。国境警備隊スポークスマンによると、これらの場所で暴動が発生したのも、「ここ最近エルサレムで起きた暴力的事件がユダ・サマリア地方に流出している」と伝えている。

 警察のスポークスマンによると、金曜日の神殿の丘に於ける夜の祈祷が終了した後に、数十人のパレスチナ人若者が投石、パトロールカーの損傷、治安部隊への花火発射を含む暴力的な暴動を開始したとのこと。「暴動に対し警察は慎重に対応したが、暴動者達を鎮圧するツールの使用を余儀なくされた」と伝えている。国境警備隊兵士達は、花火を発射していた容疑者を現行犯で逮捕した。治安部隊は現在でも東エルサレムで展開している。

 カランディア検問所に於ける暴動では、国境警備隊は数百人のパレスチナ人暴動者達を対処した。現地からの動画や写真によると、道路上では大きな火が燃え上がり、治安部隊に投石している様子が見られる。治安部隊はタイヤに発火し、花火を発射したパレスチナ人達を鎮圧した。暴動鎮圧ツールにより、約20人の軽傷者がパレスチナ人に出たと報告されている。一人はパレスチナ自治政府上層部の兄弟で、投石した時に足を軽く負傷した。4人は医療治療の為に搬送され、残りは現地で治療を受けている。

 ラケルの墓の暴動では、自治区から墓の内部や警備部隊に向けて投石や火炎瓶が、数十人のパレスチナ人暴動者達によって投げられた。「兵士達は暴動鎮圧ツールを使用して対応し、現在現地には静寂が戻っている」と警察は伝えている。

 ダマスカス門(シケム門)でもラマダン終了時間に抗議が起きたが、先日までの大騒ぎには発展しなかった。暴動者達は治安部隊に対して投石と花火を発射し、それに対して暴動抑制ツールが使用された。数十人のパレスチナ人若者達が、東エルサレムにある地方裁判所と法務省の前に集まり、建物に対して投石をしていた。

 警察は、「ラケルの墓とカランディア検問所地域の日常生活に、深刻な被害が出ていると考え、暴動者達が秩序を乱して治安部隊に危害を加えようとする試みに対し、治安部隊は断固とした態度で対応する」と伝えている。

 今朝はハマスの軍事部隊であるアズ・アディン・エルカッサム大隊が、エルサレムでの暴力事件に関して言及した:「我々はエルサレムとエルアクサの為に力強く反抗する我々の民族の手を取り、占領者に対する祝福されたインティファーダを賛美する」と伝えている。また「我々は敵に対し、我々の忍耐力を試すなと忠告する。我々のエルサレムの為には、机を敵の頭上にひっくり返し、全ての切り札を使用する」とも伝えている。

 ヒズボラも暴力事件を祝福している:「エルサレムの祈祷者に対するイスラエルの攻撃に対し、ダマスカス門、聖なる都市の全域や入口で勇敢に立ち向かうパレスチナ民族を賛美する。軍事行動、包囲網、占領政府の規制、入植者達が起こした数十人の負傷者や市民の逮捕に対して厳重に非難する」と伝えている。

 木曜日と金曜日の夜中に、ラマダン開始から続いているエルサレムに於けるユダヤ人達とアラブ人達との間の緊張関係はピークに達した。警察隊は首都の数か所で、アラブ人デモ隊とユダヤ人デモ隊の間を引き離した。一晩で50人以上の暴動者達が、投石、花火発射、警官への暴力や暴力的な行為の容疑で逮捕された。この衝突で約20人の警官が負傷し、警察は催涙ガス、放水砲やスタングレネードを使用した。これも最右翼であるラハバー組織のメンバー約1千人が、ダマスカス門付近で行進したことを背景としている。

 昨日アミール国内治安大臣が、フェイスブックに首都の暴力行為に関するポストを発表した。大臣は、昨夜の暴力的事件に於けるユダヤ人側の暴力を無視し、エルサレム警察署長も同様にユダヤ人の暴力に関しては明記していない。

 アミール国内治安大臣は、「この1週間に於ける事件では、アラブ人達がユダヤ教徒達を攻撃する動画をSNS上にアップし、人種差別的又は政治思想的背景があって悪戯では済まない。彼等には同じように対処する。イスラエル警察に対しては、全てのこのような事件に於いて、最大限の深刻と強い姿勢で対処するように指示した」と書いている。

 エルサレム警察ドロン署長もユダヤ人側の暴力は無視しながら、最近の暴力事件に関して言及している:「今年は4月13日からラマダンの月が開始したが、今年は違うラマダンと見ている。過激派のグループが暴力的な行為を実施し、我々はそのような活動を許さず、いつでも厳格に対処する。今回の暴力事件の数々は、先週木曜日にユダヤ人がトラム内でアラブ人から暴行を受けた動画がアップされた後から始まった。この事件に関しては、暴行した犯人と関与した5人が逮捕された」と伝えている。

最新記事

すべて表示

エルサレムで衝突の夜:数千人のパレスチナ人が暴動、数十人の警察官が神殿の丘に突入

ラマダンの断食終了後に、神殿の丘とシェイフ・ジャラフ居住地で暴動が発生した。数十人の特殊パトロール部隊警察官達がエルアクサ寺院の広場に突入し、ショックグレネードで数千人のパレスチナ人達を解散させた。パレスチナ側の主張では、警察官が神殿の丘に突入した後に暴動が開始し、警察側では現場で暴動が起きたために突入したと主張しているが、祈祷場所へ部隊を突入させた理由は述べていないとしている。 激しい衝突は幾つ

パレスチナ人に寄付された数百万ユーロが「人民戦線」テロ活動に使用

イスラエル治安部隊は、人道目的の為にヨーロッパの国々や組織からパレスチナ人へ寄付された数百万ユーロが、「人民戦線」組織のテロ活動に送金されたメカニズムを暴露した。今日(木曜日)の午後に発表が許可された。西岸地区のパレスチナ人4人が、詐欺の容疑者として逮捕された。 国内諜報部、イスラエル防衛軍と警察の捜査によると、ヨーロッパの政府支援機関とNPO組織が与えた寄付金が、西岸地区のパレスチナ人団体や組織

百万人に近づく:2020年度エルサレム人口95万2千人

このデータによると、過去10年間でユダヤ人女性の出産率が上昇し、エルサレムでもイスラエル全国でも同様で、それに反してアラブ人女性の出産率は急激に減少している。ユダヤ人女性の平均出産率は2.9人から3.0人に上昇し、アラブ人女性の平均出産率はエルサレムで3.9人から3.2人へ減少、イスラエルでは3.5人から3.0人へ減少を記録した。 このデータによると、2019年にエルサレムへ移住した新規市民は1万