タムーズの月(6~7月)砂漠でも水着でハイキング

 ゴラン高原のイェフディヤ川の濡れたコース、ユダの荒野のパラット川の澄んだ水とエン・ゲディの滝。タムーズの月にお勧めの旅行だ。熱風が支配する前に、リュックと水着が必要な長い旅行コースに出掛けよう、何故なら途中で誘惑に勝てないプールや水流と出会えるからだ。ゴラン高原の特にイェフディヤ・フォーレスト自然保護地区は、こんなコースを豊富に提供してくれる。しかしユダの荒野でもパラット川やエン・ゲディ自然保護地区で旅行することが出来る。

●イェフディヤ川の水旅行

 イェフディヤ・フォーレスト自然保護地区は、ゴラン高原で最大の自然保護地区となっており、全てがあるように思える。水流が豊富な川、高い滝、深い渓谷、ラグーンや水溜り場、火山現象、希少な花と多くの野生動物。全てがカツリンとガリラヤ湖間にまだらに生息しているタボール樫の木の広大な森の中にある。

 イェフディヤ・フォーレストでは何本かの深い河が流れており、一番大きい川はイェフディヤ川ザビタン川メシュシーム川ダリヨット川だ。これらの川には年中水が流れており、ガリラヤ湖の重要な水源の一つとなっている。これらの川の渓谷は、ワシなどの猛禽類の生息地ともなっている。イェフディヤ川の有名な渓谷は、高校の修学旅行で物凄く困難できつかった旅行として覚えている人もいるかと思うが約3年前に自然国立公園は、旅行者の人命に危険を及ぼしていた再発する落石の為に、この古いコースを閉鎖することを余儀なくされた。しかしこの川の透き通ったプールに行きたい人達の為に、イェフディヤ川の上流に新しい安全なトレイルが作られた。

 川の水の中を約500m歩くことが含まれている長いサークル・コースか、イェフディヤの滝とそれが作るプールへ真っ直ぐ行ける短いコースかを選ぶことが出来る。イェフディヤ村の廃墟にちょっと立ち寄るのも興味深い旅行になるとお勧めする。

●砂漠のど真ん中で流れる水、パラット川

 天気が猛暑となる前に、ユダの荒野を横断している深い渓谷に流れるパラット川の水旅行へ出掛けよう。パラット川(ワジ・ケルト)は、エルサレムのネヴェー・ヤコブから始まり、エリコの東にあるヨルダン渓谷へ流れ着いている。水流の殆どは自然保護地区内で、自然保護地区には水が豊かなエイン・パラットの泉がある。

 この泉から自然の岩でできたプールへ水が流れ込み、水の供給(1日で約1,500立方メートル)は小さな川を作っていて泳ぐことが出来る。水が流れる川と自然のプール以外に荒野の自然保護地区は、川に生息する豊富な植物や、ユダの荒野の洞窟に隠遁生活していたビザンチン時代の修道士達の習慣を継続している修道院もあって興味深い。

 この自然保護地区では、難度のレベルが違う幾つかのコースがあり、簡単なものから健脚な人用のものまでコースがある。簡単なコースは岩のプールから始まり、エイン・パラット廃墟のプールで終了する。このコースに沿ってアカシアの木の林があり、とても誘惑されるナツメヤシ・プールの近くも通る。このコースの長さは約2km(往復)で、平均で1時間くらいのコースになっている。

 健脚で挑戦したい人のコースは、エイン・パラットから出てエイン・マボーアアロン居住区の近く)までのコースだ。このコースは青色で印付けされており、川の中を通りながら多くのプールがある。

 パラット川に着くまでに約4km歩き、そこからエイン・マボーアまで川を約1.5km下っていく。コースの長さは約5.5kmで、所要時間は約3時間から5時間。もしこのコースを行きたい人は、エイン・パラットを必ず11時までに出発する必要があり、そうしないと到着が夕暮れになってしまうからだ。出発前に自然保護地区の係員と確認することをお勧めする。

 入場料は大人29シケル、子供15シケル。

●死海の景色を見ながら水旅行、エン・ゲディ

エン・ゲディ自然保護地区は、イスラエルで素晴らしい特別な場所となっている。エン・ゲディの砂漠のオアシスは国内で最大で、ダビデの川とアルゴットの川の渓谷を含んでおり、川には年中水が流れていて両岸には崖がそびえ立っている。ここには泉、滝と崖があり、野生ヤギや岩タヌキの生息地で、年中水が流れている。自然保護地区は、7~8月の猛暑になる前の初夏にパーフェクトな旅行コースを豊富に提供してくれる。

 一つのコースはダビデの川コースで、この川はユダの荒野でも素晴らしい川の一つである。歩いて行く途中の上り道の階段のとある時点で、息が止まるような景色が広がる。キブツ・エン・ゲディの住民が水源として使用している為に少量の水しか流れない小さい滝から、大きく印象的なダビデの滝まで、川の下流を構成している一連の滝である。

 難度が中・下レベルの家族用のサークル・コースは、駐車場から出て駐車場に戻ってくる。このコースのピークは滝の下にある大きなプールで水浴も可能で、その近くには岩の棚で日陰となっている座れる場所もある。

 もっと難度の高いコースに興味がある人は、ダビデの川上流の健脚コースが出来る。このコースはダビデの滝からエイン・シュラミット、素晴らしいドッディーム洞窟、エン・ゲディの展望とハハロン・プールの方向へ山を上がっていく。歩いて行く途中で古代の水溜り場や粉ひき小屋を見ることも出来る。このコースに沿ってある泉やプールで泳ぐことも出来、上に登って死海の魅了的な景色を展望することも可能だ。

最新記事

すべて表示

設立120周年をお祝いするエルサレムのホテル

イスラエルの観光に関して少し理解している人は、アメリカン・コロニー・ホテルに付いて聞いたことがあるだろう。東西エルサレムの境目にある国際的な香りを持ったホテルで、シェイフ・ジャラフ居住地にある。隠れた庭でもたれた、政治家や諜報部の秘密の会合なども有名な話だ。しかしここ1年半何処でも起きているように、コロナ禍以来この歴史的なホテルは、その歴史に新しい1枚を刻み、半分は悲しく、半分は甘い話である。 こ

同行者も送迎も無し:空港でのコロナ規制が厳格化

今晩零時(7月26日)から、ベングリオン空港での同行者、及び送迎者の入場が禁止となる。ターミナル1と3への入場は、4時間以内のフライトに登場するフライトチケットを提示した者しか許可されず、またはフライトの為に何らかのことを行う為に必要な者だけである。また未成年の同行者、または身体障がい者の同行者、及び商用目的の入場は許可される。 今日は1日で約3万4千人の利用客が空港を通過し、そのうちの1万6千5

明日から16歳以上のイスラエル人は、全員海外出国申請書を提出する必要

保健省は、明日6月29日から16歳以上のイスラエル市民は全員、イスラエルから出発する24時間以内に申請書を記入する必要があることを発表した。この申請書には、個人の詳細と、最高リスクレベルと定義された国々を訪問しないという宣誓書になっている。申請書入力にはここをクリック: 最高リスクレベルの国々のリストは、現在ではアルゼンチン、ブラジル、南アフリカ、インド、メキシコとロシアになっている。これらの国々