タボール山麓で1,300年前の教会が発見

 モザイクの床で飾られた1,300年前の教会の遺跡が、イスラエル北部サーカシア人のケマ村で考古学局によって行われている発掘によって発見された。発掘はキネレット・アカデミー・カレッジと周辺からのボランティアの協力も得て行われた。イスラエルのギリシャ・カトリック教会代表でカトリック大司教であるヨセフ・マタ学者は、古代の遺跡を見に現場まで足を延ばした。

 考古学局の発掘責任者であるヌーリット氏は、「12m×36mの面積のこの教会は大きな前庭、入口とメイン・ホールを持っている。この教会の特殊な部分は三か所の凹んだ祈祷場所の存在である。回廊と壁は一部残存しているモザイクによって飾られていた。カラフルな装飾が印象的で、青、黒、赤色で幾何学模様と植物の模様が組み込まれている」と語った。

 キネレット・アカデミー・カレッジからモティ教授も発掘に参加し、聖遺物を保存することに使用した石の箱も発見された。この教会の周りに幾つかの部屋も存在し、地中レーダー探知機で調べたところ、他にも数部屋存在していたことが判明している。調査員によると「これらの部屋は修道院であったことを示している」とのこと。

 二つのチャペルを持った小さな教会が1960年代にケマ村で発見され、幾つかの碑文も発見されており、その小さな教会は6世紀中頃のものとされている。「ケマ村で発見された教会と、我々が発掘している修道院は同じ時代のものだ」と調査員は語った。今回の発見により、遠い昔にこの場所にキリスト教徒の村があり重要な場所であったことを表している。

 1876年にシャプソグ部族のサーカシア人がケマ村に住み着き、自分達の家を建設するために古代の遺跡の石を使用した。

最新記事

すべて表示

テル・ラキシの発見:アルファベットの欠如部分

低地のテル・ラキシで、古代アルファベットの歴史で「欠如部分」が発見されたか?このように考古学者達は考えており、Antiquity誌に研究を発表した。2018年に発見され、今回公表された陶器の破片に書いている文書は、紀元前1,450年頃のものとされており、研究者達はアルファベットの進化のギャップを埋めるものと信じている。 研究者達は、今までに謎に包まれていた、アルファベットが進化した同じ時期である、

ヘロディオンとヘロデ大王の墓の謎

ヘロディオン国立公園を訪問すると、イスラエルの歴史に於ける4つの時代を体験することが出来る。イスラエルで偉大な建築家の一人であったヘロデ大王の宮殿と墓を訪れると、紀元前1世紀の時代へ引き込んでくれ、最後にマサダが陥落した西暦1世紀のローマに対するユダヤ人の第一次反乱時にシナゴーグとなったサロンに座り、我々を西暦2世紀に連れて行ってくれる、ローマに対するバルコフバの反乱(第二次反乱)の戦士達が作った

イスラエルには、地域で最多の210か所以上の水道トンネルの泉

大量で力強い安定した深刻な水源不足と、年間雨量の季節的と年間的変動を含んだ半乾燥地の地中海性気候などの様々な環境条件により、歴史を通じてイスラエルの山岳地帯に人間が定住しに来ることは困難となっていた。これらの条件により、変動的で不安定な供給がされる地層泉などの、山で唯一辿り着ける水源付近に人が住み着くようになった。「イスラエルの山岳地帯で人間が利用できる唯一の水源は、とても少量の帯水層を排水する地

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.