タボール山麓で1,300年前の教会が発見

 モザイクの床で飾られた1,300年前の教会の遺跡が、イスラエル北部サーカシア人のケマ村で考古学局によって行われている発掘によって発見された。発掘はキネレット・アカデミー・カレッジと周辺からのボランティアの協力も得て行われた。イスラエルのギリシャ・カトリック教会代表でカトリック大司教であるヨセフ・マタ学者は、古代の遺跡を見に現場まで足を延ばした。

 考古学局の発掘責任者であるヌーリット氏は、「12m×36mの面積のこの教会は大きな前庭、入口とメイン・ホールを持っている。この教会の特殊な部分は三か所の凹んだ祈祷場所の存在である。回廊と壁は一部残存しているモザイクによって飾られていた。カラフルな装飾が印象的で、青、黒、赤色で幾何学模様と植物の模様が組み込まれている」と語った。

 キネレット・アカデミー・カレッジからモティ教授も発掘に参加し、聖遺物を保存することに使用した石の箱も発見された。この教会の周りに幾つかの部屋も存在し、地中レーダー探知機で調べたところ、他にも数部屋存在していたことが判明している。調査員によると「これらの部屋は修道院であったことを示している」とのこと。

 二つのチャペルを持った小さな教会が1960年代にケマ村で発見され、幾つかの碑文も発見されており、その小さな教会は6世紀中頃のものとされている。「ケマ村で発見された教会と、我々が発掘している修道院は同じ時代のものだ」と調査員は語った。今回の発見により、遠い昔にこの場所にキリスト教徒の村があり重要な場所であったことを表している。

 1876年にシャプソグ部族のサーカシア人がケマ村に住み着き、自分達の家を建設するために古代の遺跡の石を使用した。

最新記事

すべて表示

エルサレムの発掘で、2,700年前の豚の骨が発見

2,700年前の豚の完全な骨が、ダビデの町国立公園で実施されている考古学発掘の一環として発見された。遺跡には、建物の破壊と崩壊の痕跡が残っており、子豚も含めて中身事下敷きになったと思われる。テルアビブ大学リダー学者、及び考古学局オルタル氏の研究結果は、Near Eastern Archaeology誌に掲載された。 リダー学者は、若い豚の骨と判定し、最低でも生後7か月としている。彼女の説明によると

イェロバアルという名を刻んだ、士師記時代の希少な碑文が発見

士師記に関連した同時代の碑文が、キリヤットガット付近のエルラアイ遺跡の考古学発掘で発見された。この希少な碑文は、アルファベイト文字で「イェロバアル」という名を刻んでおり、紀元前1,100年頃とみられている。陶器にインキで記されており、石で床が作られた、地中に掘られた貯蔵サイロの中で発見された。 現場での発掘は2015年から毎年行われており、現在7回目の発掘が実施されている。この発掘は、エルサレムの

神殿参拝前に有力者達を接待した建物が発見される

今朝、第二神殿時代のエルサレムで発見された、最も豪華な公共施設の一つが公開された。西の壁遺産基金と考古学局の発見は、嘆きの壁トンネルでここ数年間実施された考古学発掘の結果である。 考古学局は、ウイルソン・アーチと神殿の丘の西側で発見された建物の一部は、既に19世紀にチャールス・ウォーレンによって発見・記述されており、20世紀の様々な発掘者によっても記述されている。今回の発掘によって全体が発掘され、