スーコット祭をホテルで過ごすために故意にコロナに感染

 ユダヤ教徒達はクラスターが多数発生している中で、主軸部隊が運営するホテルで過ごすことを一筋の光として発見した。この数週間にユダヤ教徒達は、感染者が過ごすホテルが三食付きの無料で家族が過ごせる一回限りの絶好のチャンスと見て、多数のユダヤ教徒感染者が群がっている。

 スーコット祭が今日から始まるためにホテル滞在を狙っている需要は拡大し、感染者だけが滞在するホテルではソーシャルディスタンスを遵守する必要もなく、全員で参加できる祈祷を含めて自由に宗教儀式を行い、お祭り気分を存分に味わうことが可能となっている。

 過去数日間でユダヤ教徒内の感染者数は急激に上昇し、ホテル滞在を皆希望していることから、主軸部隊は昨日も彼らを収容するホテルを新しく開設した。現在イスラエル全国でユダヤ教徒達だけを収容しているホテルは18か所あり(一般人に対しては8か所のみ)、ホテルに滞在しているユダヤ教徒感染者数は6,400人である(一般人は1,200人)。

 主軸部隊は一日で約600人の新規感染者を収容しており、急激な上昇の為にホテルの部屋が空くまでに待機している感染者も多数いる。需要に対応するために、家族の半分以上が感染していないと国の補償でホテル滞在はできない条件があり、それも狭い家に住んでいるユダヤ教徒内での感染を防止することが目的となっている。

 特に祭日期間の「旅行」という誘惑に勝てず、前述の条件を満たせるようにわざとユダヤ教徒達が家族を感染させるという現象が起きている。保険会社と主軸部隊でもこの現象を知っており、現在これを防止する方法を模索している。

 主軸部隊の関係者によると、「自宅で自主隔離することはとても困難であることから、ユダヤ教徒の感染者家族にはホテルで滞在することを勧めており、ユダヤ教徒達は特にそれに応えている。ホテル隔離を希望する家族の数は急増しており、祭日期間の為にホテル希望者が急上昇している。ホテル隔離にもウェイティング・リストがあるが、必要な条件下で自宅での隔離が可能であるならば、彼らもそれを優先するに違いないと信じている」と語った。

 同関係者によると、先週はクラスターが発生している大きなユダヤ教宗教学校がホテル隔離の代替として開設され、宗教学校隔離への希望も多く、約4,000人のユダヤ教徒学校生徒達がそこに隔離されているとのこと。 

最新記事

すべて表示

ラビの教えの儀式と習慣は異教が起源(前編)

ユダヤ教ラビの伝統として知られている儀式の一部のリストだが、異教が起源となっていることに関する説明だ。この論文では、以下の儀式や習慣を調査している。ヒンナ、トイレの悪魔、ガラスのコップ割り、占星術と幸運、ゲマトリア、転生、リトルマーメイド、魔術、迷信、傲慢、海の神、追悼の祈祷、お守り、聖なるロウソク、プリムのカーニバル、ヒルラ、義人の墓でのうつ伏せ、聖人の絵、パンの分配、過越し祭前夜祭とシンポジウ

複数のトーラーとは口伝律法のことなのか(レビ記26:46)

「書かれたトーラー(注:聖書)には、我々のラビ・モーセは神から二つのトーラーを受け取り、一つは書かれたトーラーともう一つは口伝律法であり、このようにも書いている:”定めと、おきてと、律法である”。”律法”は単数形ではなく、”これらは主が、シナイ山で…モーセによって立てられた”と複数形になっている。複数形なのは何故か?一つは書かれたトーラー、もう一つは口伝律法であるからだ」(ラビ・シュロモ・シャブカ

チュニジア:「政府の後ろ盾」で、ユダヤ人に対する暴力の波

今日(4月8日)ホロコースト記憶日に、チュニジアのジェルバのユダヤ人会衆に深刻な攻撃が起きている。2人の現地人の男性が「祭司の島」にあるユダヤ人地区にやってきて、自宅前にいた20代のユダヤ人女性の首を長時間絞めていた。 幸運にも通行人が事件を察知し、襲撃者達を追い払うことに成功したが、地元の警察でも未だ犯人を確定できていない。ユダヤ人会衆では、今回の事件はチュニジアのユダヤ人会衆に対して日常的に暴

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.