シリアでもワクチン接種が開始するが、今は人口の20%のみ

 イスラエルで前代未聞の規模で接種が実施されているなか、隣国のシリアでは4月から人口20%を対象に接種を開始する予定である。ダマスコの政府スポークスマンによると、可能な限り早急にワクチンを供給する目的でCOVAX計画に参加する為に、当局がWHOとの接触をしているとのはっぴょをした。

 シリア保健省では、現在ワクチン購入の為に数か国と話合いをしている。Human Rights Watchでは、シリア政権の支配下にない地方でも接種が受けられるように、国際組織に呼びかけている。

 同時にWHOでは、シリア全国にチームを展開する計画を立てており、アサド政権の支配下やそれ以外の場所でもワクチン接種を実施しようとしている。ダマスコのWHO代表者によると、「COVAXを通じて5百万人のシリア人、つまり人口の20%にワクチンを接種しようと望んでいる。保健省と共にワクチン配布計画を立て、その計画通りに実行する考えだ」とも述べた。

 ロイターに対して同スポークスマンは、「ワクチン接種が4月から開始することを願っているが、予想より時間がかかるかも知れない。未知なものと戦っている。安全に確保できるワクチンは、接種作戦を拡大することに助力となるであろう」とも語った。

 先月末にシリアはUAEからワクチンを寄付されたと伝えた。また中国が到着日未定の15万回分のワクチンをシリアに供給すると発表している。アサド政権の公式データによると、シリアでは15,045人の感染者がいる。死者は990人で回復者は8,982人となっているが、このデータの信憑性はない。

 現在シリアではロシア製のスポンタニック・ワクチンを利用する計画で、近日中に配給される予定である。月曜日にはパレスチナ当局がロシアから受け取ったスポンタニック2千回分のワクチンをガザに移送することを依頼したが、イスラエルがそれを許可しなかった。しかしエルサレムの政府承認の結果、1千回分のスポンタニック・ワクチンがガザに供給されている。

 また先日シリアに捕虜となっていたイスラエル人女性一人と、イスラエルに囚われていたシリア人囚人2人の人質交換がロシアを仲介して実現した。女性はモディイン・エリートに在住でアラビア語を話し、過去にもガザやレバノンへ何度も越境しようと試みたことがある。女性は先日モスクワからプライベート機で自宅へ戻ってきた。

 この人質交換で発表が止められている内容があるとイスラエルメディアでは記されていたが、アメリカの政治的ブロガーの報告では、今回の女性人質の釈放の為に、イスラエルが百万ドル以上を支払って数百万回分のロシア製ワクチンを購入し、それをアサド政権に譲渡したとのことである。これがロシア政府が「内密に」と依頼していた内容の一部とされているが、シリアはこれを否定している。

最新記事

すべて表示

PCR検査会場閉鎖準備:検査費用140シケル請求

アロン本部司令官リリー准将は、これに反対している。「ラベルを変更するのは重要だあるが、検査の可用性を変更することではない。ドライブイン検査場の閉鎖は大した節約にもならず、実際には作戦的柔軟性に被害を与えると予想される。ドライブイン検査場は、1日で約6千件のPCR検査に対応している。更に週末では保険会社も休んでいる為に、必要で唯一の解決策ともなっている」と語った。 平行して保健省では、不必要と定義さ

感染終息?4人のみがエクモに接続

感染の束縛から段々と解放され続けている。閣議は昨日、追加緩和を承認した。医療前線では、病院は段々とエクモを必要としておらず、昨日はたったの4人しか接続されていない。 明日から有効となる緩和内容は、室内の人数制限は50人、屋外は500人まで。ジムとスポーツ施設、プールとアトラクションがパープル規制による運営承認、グリーン規制の枠内で活動していた場所の制限解除などである。閣議はまた、グリーン規制を必要

保健省の躊躇:12~15歳を接種するべきか

保健省では子供へのワクチン接種に関する話し合いを凍結し、12~15歳の子供達へのワクチン接種についてどのように、また根本的な推奨がまとめられるかどうかを検討している。この過去数カ月間に保健省上層部が、根本的に子供の接種を支援する立場を表明したが、ここ数週間の医療システム関係者達の主張によると、子供達への接種を可能にする傾向はあるが、現段階で接種への推奨がなされるかは不明確であるとのこと。 保健省の