ザクロの植付が急増

 2019~2020年は、新規植付地域の6.7%の減少があった。中央統計局のデータによると、オリーブの植付は40.5%の減少、アーモンドは16.8%の減少、ナツメヤシは15.4%の減少とブドウは10.7%の減少が判明した。これらの対し、ザクロの植付は前年度より5倍近く急増しており、桃とミカンは約2倍、アボカドは12.2%の増加となっている。前年度と比較すると果樹園の植付は24.7%減少した。

 また統計局のデータによると、2020年度の果樹園分野の総生産高は約126万トンで、その内の果樹園37%、その他63%の割合になっている。生産高は前年度とほぼ差が無い。果樹園の生産高は2019年度より3.8%の減少で、その他では2.4%の増加が記録されている。

 イスラエルでは果樹園だけで植付されている訳ではない。ユダヤ国家基金の植樹面積は、前年度の5,400エーカーに比べて2020年は6,650エーカーであった。植樹総面積のうち1,300エーカーが新規植樹地域で、5,350エーカーは森林再生地域に植樹された。

 森林に植樹された68%は広葉樹で、イスラエルで育成する木や植物(樫、アカシア、ナツメ、イナゴマメ、イチゴ、アーモンドやその他)であり、主にユーカリや低木などの落葉樹である。32%は針葉樹で松(主にキプロス松)が約15%、糸杉が約14%と残りは主に地中海杉の苗である。

 その他の統計局のデータによると、フレッシュとドライフルーツ品種の原産地別による輸入に関しては、イスラエルには2020年にクルミが総額1億6千6百万ドル輸入され、78%はアメリカからであった。

最新記事

すべて表示

エルサレムで衝突の夜:数千人のパレスチナ人が暴動、数十人の警察官が神殿の丘に突入

ラマダンの断食終了後に、神殿の丘とシェイフ・ジャラフ居住地で暴動が発生した。数十人の特殊パトロール部隊警察官達がエルアクサ寺院の広場に突入し、ショックグレネードで数千人のパレスチナ人達を解散させた。パレスチナ側の主張では、警察官が神殿の丘に突入した後に暴動が開始し、警察側では現場で暴動が起きたために突入したと主張しているが、祈祷場所へ部隊を突入させた理由は述べていないとしている。 激しい衝突は幾つ

パレスチナ人に寄付された数百万ユーロが「人民戦線」テロ活動に使用

イスラエル治安部隊は、人道目的の為にヨーロッパの国々や組織からパレスチナ人へ寄付された数百万ユーロが、「人民戦線」組織のテロ活動に送金されたメカニズムを暴露した。今日(木曜日)の午後に発表が許可された。西岸地区のパレスチナ人4人が、詐欺の容疑者として逮捕された。 国内諜報部、イスラエル防衛軍と警察の捜査によると、ヨーロッパの政府支援機関とNPO組織が与えた寄付金が、西岸地区のパレスチナ人団体や組織

百万人に近づく:2020年度エルサレム人口95万2千人

このデータによると、過去10年間でユダヤ人女性の出産率が上昇し、エルサレムでもイスラエル全国でも同様で、それに反してアラブ人女性の出産率は急激に減少している。ユダヤ人女性の平均出産率は2.9人から3.0人に上昇し、アラブ人女性の平均出産率はエルサレムで3.9人から3.2人へ減少、イスラエルでは3.5人から3.0人へ減少を記録した。 このデータによると、2019年にエルサレムへ移住した新規市民は1万