ザクロの植付が急増

 2019~2020年は、新規植付地域の6.7%の減少があった。中央統計局のデータによると、オリーブの植付は40.5%の減少、アーモンドは16.8%の減少、ナツメヤシは15.4%の減少とブドウは10.7%の減少が判明した。これらの対し、ザクロの植付は前年度より5倍近く急増しており、桃とミカンは約2倍、アボカドは12.2%の増加となっている。前年度と比較すると果樹園の植付は24.7%減少した。

 また統計局のデータによると、2020年度の果樹園分野の総生産高は約126万トンで、その内の果樹園37%、その他63%の割合になっている。生産高は前年度とほぼ差が無い。果樹園の生産高は2019年度より3.8%の減少で、その他では2.4%の増加が記録されている。

 イスラエルでは果樹園だけで植付されている訳ではない。ユダヤ国家基金の植樹面積は、前年度の5,400エーカーに比べて2020年は6,650エーカーであった。植樹総面積のうち1,300エーカーが新規植樹地域で、5,350エーカーは森林再生地域に植樹された。

 森林に植樹された68%は広葉樹で、イスラエルで育成する木や植物(樫、アカシア、ナツメ、イナゴマメ、イチゴ、アーモンドやその他)であり、主にユーカリや低木などの落葉樹である。32%は針葉樹で松(主にキプロス松)が約15%、糸杉が約14%と残りは主に地中海杉の苗である。

 その他の統計局のデータによると、フレッシュとドライフルーツ品種の原産地別による輸入に関しては、イスラエルには2020年にクルミが総額1億6千6百万ドル輸入され、78%はアメリカからであった。

最新記事

すべて表示

イスラエル人が、コロナ賠償訴訟を中国に対して試み、地方裁判所は却下

コロナ被害に対して中国を訴えることを考えている人達は、もう一度考え直す方が良い。テルアビブ地方裁判所は今日(火曜日)、コロナ禍に関するイスラエルに於いて、中国に提起する集団訴訟承認申請を却下した。 ミハル裁判官は、「この案件に関して中華人民共和国には、この裁判所の管轄権に対して免除されている。中華人民共和国は、承認申請書に対しても答弁書を提出しておらず、免除の主張も唱えておらず、イスラエル司法長官

カタールからの寄付金は、国連の責任下でガザに配布される。ナフタリ首相:「現ナマのトランクは無くなった」

国連は、ガザ地区内の援助が必要な家族に、カタールからの寄付金を配布することの責任を負うことに同意した。このようにパレスチナ新聞のエルクッズに掲載され、この記事によると、エルサレム、ラマッラやガザでも未だ正式な声明は出ていながい、イスラエルはこの概要に同意したと伝えている。いずれにしろイスラエルでは、カタールからの援助金はトランクでガザに運ばれることは拒否しており、国連の監視下か、又はパレスチナ自治

ガザへの攻撃にかかわらず、ガザからの火炎風船が絶えず

昨日ガザからイスラエルへ向けて飛ばされた火炎風船が、エシュコール地方自治体の野原に火災を発生させた。消防局の関係者が現場に到着し、火炎風船が火災の原因であると突き止めた。治安状況の安定と、ガザへの規制解除から2週間が経過し、一昨日ガザからの火炎風船攻撃が再開し、イスラエル軍は夜間に報復攻撃をした。 イスラエル軍スポークスマンによると、戦闘機がガザの武器製造工場を攻撃し、「攻撃された部品は、ハマスの