ザクロの植付が急増

 2019~2020年は、新規植付地域の6.7%の減少があった。中央統計局のデータによると、オリーブの植付は40.5%の減少、アーモンドは16.8%の減少、ナツメヤシは15.4%の減少とブドウは10.7%の減少が判明した。これらの対し、ザクロの植付は前年度より5倍近く急増しており、桃とミカンは約2倍、アボカドは12.2%の増加となっている。前年度と比較すると果樹園の植付は24.7%減少した。

 また統計局のデータによると、2020年度の果樹園分野の総生産高は約126万トンで、その内の果樹園37%、その他63%の割合になっている。生産高は前年度とほぼ差が無い。果樹園の生産高は2019年度より3.8%の減少で、その他では2.4%の増加が記録されている。

 イスラエルでは果樹園だけで植付されている訳ではない。ユダヤ国家基金の植樹面積は、前年度の5,400エーカーに比べて2020年は6,650エーカーであった。植樹総面積のうち1,300エーカーが新規植樹地域で、5,350エーカーは森林再生地域に植樹された。

 森林に植樹された68%は広葉樹で、イスラエルで育成する木や植物(樫、アカシア、ナツメ、イナゴマメ、イチゴ、アーモンドやその他)であり、主にユーカリや低木などの落葉樹である。32%は針葉樹で松(主にキプロス松)が約15%、糸杉が約14%と残りは主に地中海杉の苗である。

 その他の統計局のデータによると、フレッシュとドライフルーツ品種の原産地別による輸入に関しては、イスラエルには2020年にクルミが総額1億6千6百万ドル輸入され、78%はアメリカからであった。

最新記事

すべて表示

月を近くで見たいか?日本人億万長者が無料宇宙飛行を提供

日本人億万長者の前澤氏が、SpaceX社の宇宙船で世界で初めての月周遊個人宇宙飛行で一緒に飛ぶ、8人の人達を探していると発表した。この宇宙飛行は2023年に予定されている。作戦名はDearMoonであり、10~12人の乗客となる。宇宙飛行は約1週間が予定されている。 2018年9月に、SpaceX社オーナーのイロン氏が宇宙飛行に関して発表し、前澤氏は芸術家を月旅行に参加させる意思を表した。しかし現

オーストリアとデンマーク首相がイスラエルを訪問し、ワクチンと製薬工場建設の話合

サバスティアン、オーストリア首相は今日ツイッター上で、デンマーク首相と共に3月4日にイスラエルを訪問し、他の独立国家の購入を可能とさせる為に、ワクチンと製薬工場を建設することを話し合うと伝えた。 「ワクチンのお陰で夏に通常生活に戻れるかも知ないが、その他のワクチンや薬を必要とする変異種が継続されるかも知れない。その準備をしなければならない。最速でワクチンや薬を提供できるようにし、可能な限り独立した

キブツ・エンゲブが、漁船で負傷したボランティアを1千2百万シケルで賠償

キブツ・エンゲブと農業保険保険会社は、24歳のドイツ人ボランティアとその両親に対し、4年前に漁船で負傷して左腕が動かなくなった結果、1千2百万シケルの賠償金を支払うこととなった。このようにナザレ地方裁判所で特殊な判決が下された。キブツと保険会社は、原告側の裁判費用と経費である1百万シケルも支払うこととなる。 裁判所では、被告側である特に保険会社の行為を批判し、それも証言者が海外にいる場合に通常用い

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.