サフニン市のクリスマスツリーが放火される:これはテロ行為

 昨夜サフニン市の教会前に建てられた2本のクリスマスツリーが放火された。警察は放火の容疑者を調査中で、昨夜の3時から6時の間に放火されたとしている。

 警察によると放火されたクリスマスツリーは、カトリック教会とオーソドックス教会の前に設置していたとのこと。両教会とも警察に被害届を出し、警察が証拠を集めて調査している。警察は、信者の信仰心や宗教のシンボルに対する侮辱は厳格に処罰することを伝えている。「警察は容疑者を逮捕するまで、必要な手段を全て講じる」と伝えている。

 イスラエル国内のキリスト教徒達は、クリスマスツリーが放火されたことに憤慨し、テロ行為として対応するよう呼び掛けている。イスラエルの教会顧問のワディア氏は、別々の教会のツリーが放火されたことには、明確な悪意があると語っている。「国内諜報部や当局に対し、この事件をテロ行為として処置することを要求する。テロリストは裁判にかけるべきだ」と語った。

 サフニン在住の前議員マスウード氏は、市の調和に対する攻撃であるとも語った。「罪深い悪の手が毎年分裂や意見の相違を生み起こそうとしている。クリスマスツリーの放火を黙って見過ごすわけにはいかない。こんな事件を起こすような者はサフニンにはいない」とも語っている。

 同市の住民であるアフマッド氏は、「このような事件を非難する。サフニンではイスラム教徒とキリスト教徒が共存しており、相互の関係はとても良いものだ。我々は一つの意見で闘争に支持し、祭日には相互に祝福し合う。残念ながら自分のアイデンティティも分からずにこの関係を傷つけようとする者達がいるが、それはここでは受け入れられない。犯人達が本物の男ならば、一般市民を殺害する悪者と闘えば良いのだが、彼らにそんな勇気はないだろう」とも語った。

最新記事

すべて表示

パレスチナ総選挙:何故今なのか

アメリカ大統領選の時期、ラマッラの政治マップに熟知しているパレスチナ関係者と、トランプ政権が継続される場合、又は民主党が勝った場合のパレスチナ当局の動向に関して話し合ってみた。「もしバイデンが勝つならば、パレスチナ当局は総選挙に行くだろう」と彼は確信して言った。 彼の予想には驚かされた、というのもトランプ政権が勝ってパレスチナの孤立化が継続するならば、ハマスと手を組んでイスラエルとアメリカに対抗す

ベンジャミン・デ・ロスチャイルド男爵が57歳で死去

エドモンド・デ・ロスチャイルド・グループ責任者のベンジャミン・デ・ロスチャイルド男爵が、昨日心臓発作でスイスの自宅で亡くなった。享年57歳。 ベンジャミン氏は1963年7月30日にエドモンド男爵とバロネス・ナディン・デ・ロスチャイルドの家庭に生まれ、1997年から父親が設立したグループの総責任者となり、同グループのビジネスと慈善事業の開発・拡大を担ってきた。ここ数年はグループの未来ビジョンの策定に

過去からの教訓:イスラエル国会議事堂が襲撃された契約書

市民の反対がピーク時の1952年にドイツの賠償金支払い契約書に調印がなされ、ナチス政権崩壊から7年しか経過していなかった。国会議事堂での運命的な閣議中にベギンは叫んだ、「汚れた数百万マルクのせいで、我々が獲得した少々の誇りさえ奪うのか?」、その後大勢の市民が国会議事堂に雪崩れ込んだ。暴動にも関わらず、外貨不足と緊縮財政政策がこの問題の決定を下した。 「俺の家族全員が殺害され、それを黙らせる為に金を

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.