サフニン市のクリスマスツリーが放火される:これはテロ行為

 昨夜サフニン市の教会前に建てられた2本のクリスマスツリーが放火された。警察は放火の容疑者を調査中で、昨夜の3時から6時の間に放火されたとしている。

 警察によると放火されたクリスマスツリーは、カトリック教会とオーソドックス教会の前に設置していたとのこと。両教会とも警察に被害届を出し、警察が証拠を集めて調査している。警察は、信者の信仰心や宗教のシンボルに対する侮辱は厳格に処罰することを伝えている。「警察は容疑者を逮捕するまで、必要な手段を全て講じる」と伝えている。

 イスラエル国内のキリスト教徒達は、クリスマスツリーが放火されたことに憤慨し、テロ行為として対応するよう呼び掛けている。イスラエルの教会顧問のワディア氏は、別々の教会のツリーが放火されたことには、明確な悪意があると語っている。「国内諜報部や当局に対し、この事件をテロ行為として処置することを要求する。テロリストは裁判にかけるべきだ」と語った。

 サフニン在住の前議員マスウード氏は、市の調和に対する攻撃であるとも語った。「罪深い悪の手が毎年分裂や意見の相違を生み起こそうとしている。クリスマスツリーの放火を黙って見過ごすわけにはいかない。こんな事件を起こすような者はサフニンにはいない」とも語っている。

 同市の住民であるアフマッド氏は、「このような事件を非難する。サフニンではイスラム教徒とキリスト教徒が共存しており、相互の関係はとても良いものだ。我々は一つの意見で闘争に支持し、祭日には相互に祝福し合う。残念ながら自分のアイデンティティも分からずにこの関係を傷つけようとする者達がいるが、それはここでは受け入れられない。犯人達が本物の男ならば、一般市民を殺害する悪者と闘えば良いのだが、彼らにそんな勇気はないだろう」とも語った。

最新記事

すべて表示

パレスチナ当局は、総選挙中止の地盤を準備中

1か月後に西岸地区とガザ地区の約250万人のパレスチナアラブ人が、15年ぶりにパレスチナ議会選挙に投票する予定である。しかしここ数日間パレスチナ自治政府が、総選挙が無期限に延期される可能性について世論を準備しており、実際には中止される予定であることが明らかになった。 総選挙延期の公式理由は、イスラエルが今までに東エルサレムに於ける選挙の実施を許可しなかったことになっている。以前からの経験では、イス

シリアの地対空ミサイルがネゲブに着弾、イスラエル空軍が報復攻撃

イスラエルが関連したとされる攻撃後に、昨夜シリアからイスラエルへ発射された地対空ミサイルがネゲブに着弾した。シリアの地対空ミサイルに対する防衛システムが作動し、イスラエル空軍はその報復として、ミサイルが発射された場所やシリア国内のその他の対空砲を攻撃した。 シリアの報道によるとイスラエル空軍は夜中1時30分に、地対空ミサイルが発射されたダマスカス付近の数か所の目標を攻撃したとのこと。イスラエル軍ス

テロリストを認識して攻撃:ガザ国境で戦うイスラエル軍最新ロボット

国境付近で戦うロボットが初公開。ガザ師団では、航空産業社製のロボット「ヤグアル」(ジャガー)が導入され、遠隔操作でテロリストを認識・攻撃が可能となる最初のロボットになると期待されている。 エルビット社とエルタ社製のテクノロジーで、ここ数年間イスラエルで開発された。ロボットは既に現場の最初の軍事作戦結果を出しており、ベイト・ラヒヤとベイト・ハヌーン正面に駐屯する北部旅団の管轄下にある。このロボットの

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.