ゴラン高原で雪、エルサレムでも雪警報、全国で暴風雨

 水曜日の夜中からゴラン高原で雪が一晩中降り続けた。今日が暴風雨のピークで、南部では砂嵐の恐れもある。気温は急低下し、天候は荒れて北部と中央部山岳地では雪が予想されている。もしかするとエルサレムでも雪が見られるかもしれない。

 ゴラン高原の標高が高い場所で雪が降り始め、マジュダル・シャムスは白く染まっている。その後マローム・ゴラン、ネベー・アティーブやエル・ロムにも降り始めた。ツファットと上部ガリラヤでは雨に混じった雪が降った。ドルーズ人の居住区では、今朝既に10㎝ほど積雪しており、標高が低い場所では2~3㎝積雪している。

 今日も天候は荒れて気温は低いため、低地では洪水の恐れもある。今日の午後から明日の早朝まで山岳地の雪が強く降り始めると予想されている。エルサレムやネゲブ砂漠のミツペーラモンでも雪が降る予報である。今晩から降る雪は、5~25㎝ほど積雪すると予想されている。

 ゴラン高原では99号線と98号線が雪で通行禁止となっている。またエルサレムでは強風によって倒された木が、キング・ジョージ通りを走行中のバスを直撃したが負傷者はいない。エルサレムや北部で今後道路に積雪又はそれにより封鎖される場合には、バスやトラムなどの公共機関にも影響が出るとされている。またせっかく再開した学校も、一部では再度ズーム授業に変更されるようだ。

 今日の予想気温は、ナザレ5~10度、エンゲディ12~17度、ツファット1~12度、エイラット9~17度、ベエルシェバ5~12度、ベテシャン9~14度、ハイファ7~10度、ティベリア12~22度、エルサレム1~15度、カツリン9~18度、アシュドッド9~12度、ミツペーラモン7~15度、アフーラ7~12度、テルアビブ9~13度。

最新記事

すべて表示

エルサレムで衝突の夜:数千人のパレスチナ人が暴動、数十人の警察官が神殿の丘に突入

ラマダンの断食終了後に、神殿の丘とシェイフ・ジャラフ居住地で暴動が発生した。数十人の特殊パトロール部隊警察官達がエルアクサ寺院の広場に突入し、ショックグレネードで数千人のパレスチナ人達を解散させた。パレスチナ側の主張では、警察官が神殿の丘に突入した後に暴動が開始し、警察側では現場で暴動が起きたために突入したと主張しているが、祈祷場所へ部隊を突入させた理由は述べていないとしている。 激しい衝突は幾つ

パレスチナ人に寄付された数百万ユーロが「人民戦線」テロ活動に使用

イスラエル治安部隊は、人道目的の為にヨーロッパの国々や組織からパレスチナ人へ寄付された数百万ユーロが、「人民戦線」組織のテロ活動に送金されたメカニズムを暴露した。今日(木曜日)の午後に発表が許可された。西岸地区のパレスチナ人4人が、詐欺の容疑者として逮捕された。 国内諜報部、イスラエル防衛軍と警察の捜査によると、ヨーロッパの政府支援機関とNPO組織が与えた寄付金が、西岸地区のパレスチナ人団体や組織

百万人に近づく:2020年度エルサレム人口95万2千人

このデータによると、過去10年間でユダヤ人女性の出産率が上昇し、エルサレムでもイスラエル全国でも同様で、それに反してアラブ人女性の出産率は急激に減少している。ユダヤ人女性の平均出産率は2.9人から3.0人に上昇し、アラブ人女性の平均出産率はエルサレムで3.9人から3.2人へ減少、イスラエルでは3.5人から3.0人へ減少を記録した。 このデータによると、2019年にエルサレムへ移住した新規市民は1万