ゴミ箱の近くで祈って良いのか

 コロナ禍の影響でシナゴーグ内での祈祷が制限され、室外で祈ることを余儀なくされている信者達から様々な質問がラビへ送られてきている。

質問:

各家庭専用のごみ箱が家の近くの通りに設置されるようになった。ゴミは1週間に2回回収され、普段は蓋が閉まっている。このようなゴミ箱の近くで祈る律法はどのようなものか?どれくらい離れる必要があるのか?祈祷中にゴミ箱が視界に入らなければ良いという意見もあれば、臭いがするなら離れる必要があるという意見もある。教えは?


回答:

 聖書では陣営に出る者は清掃と身の清めを守らなければならないと命令している。「あなたの神、主があなたを救い、敵をあなたにわたそうと、陣営の中を歩まれるからである。ゆえに陣営は聖なる所として保たなければならない。主があなたのうちにきたない物のあるのを見て、離れ去られることのないためである」(申命記23:14)。祈祷中とシュマアの祈りの時の清掃と身の清めに関して、多くの律法を学ぶ必要がある。

 ガムラでは、賢者達は糞や他の原因で嫌な臭いがする場所では祈ってはならず、離れる必要があると教えている。「人糞や犬の糞、豚の糞や鳥の糞、嫌な臭いがするゴミに向かってシュマアの祈りを誰も唱えてはいけない。臭いものから10テパフの高い所、又は10テパフ低い所、又はその隣に座っているならばシュマアの祈りを唱えてはらない。もしそれらが無理ならば視界に入れないように祈祷する」(祝福の規定)。

 つまり汚い場所や嫌な臭いがする場所では祈祷とシュマアの祈りを唱えることは禁止されており、遠ざかる必要があるということだ。嫌な臭いから遠ざかる時にはこうしろとある。「嫌な臭いがするならば、臭いの源から4アモット離れ、シュマアの祈りを唱えなければならない」(祝福の規定)。

 臭いの源から4アモット(約2m)遠ざかるのか、臭いがしなくなる場所まで遠ざかれば良いのか、賢者達の意見は分かれている。律法ではこう解釈されている。「自分の背後に人糞がある場合、臭いがしない場所まで4アモット遠ざかる必要がある。もし臭覚に問題がある者がいたとしても、臭うことが出来る者が臭場所の4アモットまで遠ざかる必要がある」(シュルハン・アローフ、ライフスタイル)。

 ただしシュルハン・アローフには続きとして、もし臭いの源が前方にある場合には、「夜中であったとしても視界に入らないように遠ざかり、日中ならば視界に入らない場所まで遠ざかる必要がある」と書いている。これらに沿って明確なゴミ箱に関する質問への回答は、ゴミ箱からの距離が近い為にその近くで祈ることは禁止されているということだ。

 他の律法ではこう言っている。「器に入った糞(ガラス瓶)ならば、底から中身が見えようが上からカバーをしているならば、それに向かって祈っても良い。”出た物をおおわなければならない”(申命記23:13)と書いているので、覆われていれば良い」(シェム)。

 つまり中身が見えたとしても糞が器の中にあれば祈ることが許され、聖書でも糞を覆えばよいという命令なので、透明な器の中でも覆っていれば良い。勿論これもその場に臭いがあってはならない条件としている。

 もしゴミが容器の中にあって蓋をされ、臭いが立ち込めていないのならば、そこで祈っても良い。この教えを持ってカテーテルに接続されている入院中の病人が、祈ることを許可されたのもつい最近の事である。勿論清潔な場所で祈る必要がある。しかしゴミ箱の中で蓋がされており、臭いが立ち込めていないならば祈ることは許される。(コハブ・ヤイールのラビ・シュムエル・シャピーラ)

最新記事

すべて表示

律法、習慣とコロナ:安息日明けから始まる神殿崩壊日

この日には、全員が5つの断食を行う義務がある:飲食、入浴、油塗、性交、及び革製の靴を履くことである。これらの断食以外に、追悼習慣も厳格化されている:昼まで椅子に座ってはいけないこと、「シャローム」と祝福してはいけないこと、追悼から気をそらすような無意味なことをしないこと、急用ではない仕事などは、全て昼までやってはいけない。 この日は聖書の勉強も無く、ミカ書、又は破壊の注解書、又はヨブ記のような人類

苦しんでいる人は、安息日でも歯の治療を受けられるのか?

質問: 歯の痛みに苦しんでいる人は、安息日でも歯の治療を受けることが出来ますか? 回答: 歯の部分への損傷は、様々な歯の痛みを起こす恐れがあり、痛みは歯周病、歯槽膿漏、虫歯、歯茎の後退などによって起こる恐れがある。神経から来る痛みは殆どが耐えられない痛みであり、緊急の治療を必要とする。炎症は顔の方へと広がる時もあり、頬の部分の腫れや赤身、又は発熱を起こす場合もある。このような損傷は、抗生物質を投与

侮辱の尻尾から高価なファッションへ:シュトライメル(ユダヤ教徒の毛皮帽子)

宗教と研究目的以外のイスラエルでの毛皮売買が禁止されたことにより、再度シュトライメルが話題になった。イスラエルの数万人の既婚者男性が、世界的シンボルとなった帽子を被っているが、「ユダヤ教徒の制服」は、神殿時代のものでもなく、出エジプトの名残でもない。「ユダヤ教徒達は、頭に狐の尻尾を被るヨーロッパでの古代の差別規制のためにシュトライメルを被っており、ユダヤ人を侮辱する為であった」とユダヤ教徒歴史を研