コードネーム「ラヒール」:ヒズボラにスカウトされた国立図書館従業員を逮捕

 レバノンを数回訪問し、ヒズボラのメンバーと連絡を取り合い、同組織へのテロリスト勧誘を依頼された。このような起訴内容が、旧市街の住民であるヤスミン・ジャバールに対してエルサレムの地方裁判所で提出された。彼女はエルサレム国立図書館の従業員であり、ヒズボラにスカウトされて同組織のメンバーとして活動していた。彼女がイスラエル国内でのテロ活動を実行する目的で、イラン・アクサ部隊とヒズボラ組織へイスラエル・アラブ人や占領地区のパレスチナアラブ人を勧誘活動した為、イスラエル国内諜報部は先月彼女を逮捕したことを発表した。

 起訴状によると、ジャバールは2015年にヒズボラのメンバーからレバノンを訪問することを伝えられた。「パレスチナへの帰還」と名付けた若者の会合があると教えられ、彼女はそれに賛成して自分の友人、バアッド・アブライルにも参加するように誘った。同年12月6日にヨルダンで友人と合流し、そこからベイルートまで二人で飛んだ。

 この会合に参加している間、ヒズボラに属する博物館を訪問し、イマッド・モレイナの墓やボッフォール要塞を訪問した。この段階で彼女はヒズボラと関係した活動であると分かったが、そのままヒズボラのメンバーと連絡を取り合っていた。

 2016年にジャバールはまたレバノンを訪問し、ヒズボラのメンバーは彼女をベイルートのダハイエ地区の喫茶店へ連れて行った。そこで「老人」と呼ばれた匿名の男性と出会い、その会話の中でその男性は彼女とエルサレムで起きていることに大変興味を示した。翌日二人は再度出会い、その時に彼女はヒズボラの為に活動することを同意した。

 その時に男性は彼女に「ラヒール」というコードネームを与え、彼女との連絡を取りやすくするためにトルコに住むことを要望し、レバノンを再度訪問すること、そしてヒズボラの活動の為に国内を移動しやすいイスラエル市民権を持ったアラブ人を勧誘することを彼女のミッションとした。別れる前に「老人」はジャバールに連絡が取れるように電話番号を渡した。

 起訴状によると、レバノンへのビザを取得することが困難だった為にジャバールはその後何度もトルコへ行き、ヒズボラのメンバーから200ドルが入った本を受け取った。その2年後である2018年11月に再度イスタンブールを訪問し、自分が追跡されないようにヨルダンの友人を通じてヒズボラのメンバーと連絡を取り、イスタンブールでもヒズボラの違うメンバーと会合した。

 ジャバールは早急にイスタンブールに移住することを要望され、ヒズボラへのメンバー勧誘に適した人物を見つける為の訓練を受けることも依頼された。ソーシャルネットワークを利用してメッセージを受け取れるように、お互いに暗号を使用することを説明された。そして同メンバーに120ドルを手渡している。

 今年8月にジャバールが逮捕されるまでに、フェイスブック、インスタグラムやワッツアップなどのデジタルプラットフォームを利用して暗号や写メをヒズボラのメンバーっ地へ送り連絡を取り合っていた。

 検査官によると「起訴状に明記しているように、彼女はイスラエルからレバノンへ訪問することは違法であることを知っていながら渡航した。また外国のエージェントと出会い、テロ組織の一員であることを知りながらそのために活動し、テロ活動の協力、支援や実行を手助けした」と伝えている。

最新記事

すべて表示

パレスチナ総選挙:何故今なのか

アメリカ大統領選の時期、ラマッラの政治マップに熟知しているパレスチナ関係者と、トランプ政権が継続される場合、又は民主党が勝った場合のパレスチナ当局の動向に関して話し合ってみた。「もしバイデンが勝つならば、パレスチナ当局は総選挙に行くだろう」と彼は確信して言った。 彼の予想には驚かされた、というのもトランプ政権が勝ってパレスチナの孤立化が継続するならば、ハマスと手を組んでイスラエルとアメリカに対抗す

ベンジャミン・デ・ロスチャイルド男爵が57歳で死去

エドモンド・デ・ロスチャイルド・グループ責任者のベンジャミン・デ・ロスチャイルド男爵が、昨日心臓発作でスイスの自宅で亡くなった。享年57歳。 ベンジャミン氏は1963年7月30日にエドモンド男爵とバロネス・ナディン・デ・ロスチャイルドの家庭に生まれ、1997年から父親が設立したグループの総責任者となり、同グループのビジネスと慈善事業の開発・拡大を担ってきた。ここ数年はグループの未来ビジョンの策定に

過去からの教訓:イスラエル国会議事堂が襲撃された契約書

市民の反対がピーク時の1952年にドイツの賠償金支払い契約書に調印がなされ、ナチス政権崩壊から7年しか経過していなかった。国会議事堂での運命的な閣議中にベギンは叫んだ、「汚れた数百万マルクのせいで、我々が獲得した少々の誇りさえ奪うのか?」、その後大勢の市民が国会議事堂に雪崩れ込んだ。暴動にも関わらず、外貨不足と緊縮財政政策がこの問題の決定を下した。 「俺の家族全員が殺害され、それを黙らせる為に金を

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.