コロナ禍から1年、キブツにボランティアが戻る

 コロナ感染によってキブツへの海外ボランティア計画が凍結されてから1年、アリエ内務大臣はキブツ運動の要求に応え、ボランティアの為に空港を再開することを決定した。

 去年3月にコロナ感染がおこり、キブツ運動はイスラエルへの海外ボランティアの入国を封鎖したが、縮小された形でボランティア計画は継続し、イスラエル国内には少数のボランティアが残っていた。コロナ禍でも興味を持っている人達や、海外からの協力団体から数百件の問い合わせがあり、空港が再開されるのを待っていた。内務大臣へはアロン農林大臣を通じて要求が伝えられ、ボランティアを戻すことに許可が出た。

 残ったボランティアの一人は、アラバーのキブツ・ヨツバタでボランティアをしているブライドン氏だ。「ヨツバタには2020年3月の国境が封鎖される直前に到着し、イスラエルで最初の2週間は隔離で過ごした。しかし昔のキブツの魂を感じることが出来た。一時的なホームとなる予定が、言葉で表すことが出来ないくらい素晴らしいものに変わった。自分が手掛けた庭、食堂の素晴らしい匂い、いつも笑顔の人達。今日ボランティアやキブツメンバーの新しい家族がいる」と語った。

 キブツ運動のボランティア計画は既に50年以上も継続されており、通常では年間800人以上のボランティアを130か国以上から受け入れていた。農業や様々なキブツの労働にボランティアを組み込ませる計画は、現在までに世界中から40万人以上の若者を受け入れている。キブツ運動では、ボランティア後に彼等は「親善大使」として活動し、一部はイギリス首相のボリス・ジョンソン氏のように、上級職に就いた人達もいる。

 アロン農林大臣は、「キブツの農作業に、海外からのボランティアが戻ってくることを祝福する。長い期間政治的にも不安定な時代でも、農業に於ける海外のボランティアの為に国を再開することを内務省に要求し続けてきた。世界パンデミックでもイスラエルへ来ることをボランティア達が望むことは、キブツ運動とイスラエル農業が世界中の多くの若者達を魅了していることの証明である」と語った。

 キブツ運動書記長のニール氏は、「キブツ運動のボランティア計画は、数十年もの間イスラエルの素晴らしい部分を説明する重要な貢献であるシオニスト活動である。キブツとキブツに来た数十万人のボランティアとの間に、離れた後でも長年関係は継続され、彼等の中に最も理想的な形で、イスラエルへの暖かい気持ちと感情を残してくれる」と語った。

最新記事

すべて表示

PCR検査会場閉鎖準備:検査費用140シケル請求

アロン本部司令官リリー准将は、これに反対している。「ラベルを変更するのは重要だあるが、検査の可用性を変更することではない。ドライブイン検査場の閉鎖は大した節約にもならず、実際には作戦的柔軟性に被害を与えると予想される。ドライブイン検査場は、1日で約6千件のPCR検査に対応している。更に週末では保険会社も休んでいる為に、必要で唯一の解決策ともなっている」と語った。 平行して保健省では、不必要と定義さ

感染終息?4人のみがエクモに接続

感染の束縛から段々と解放され続けている。閣議は昨日、追加緩和を承認した。医療前線では、病院は段々とエクモを必要としておらず、昨日はたったの4人しか接続されていない。 明日から有効となる緩和内容は、室内の人数制限は50人、屋外は500人まで。ジムとスポーツ施設、プールとアトラクションがパープル規制による運営承認、グリーン規制の枠内で活動していた場所の制限解除などである。閣議はまた、グリーン規制を必要

保健省の躊躇:12~15歳を接種するべきか

保健省では子供へのワクチン接種に関する話し合いを凍結し、12~15歳の子供達へのワクチン接種についてどのように、また根本的な推奨がまとめられるかどうかを検討している。この過去数カ月間に保健省上層部が、根本的に子供の接種を支援する立場を表明したが、ここ数週間の医療システム関係者達の主張によると、子供達への接種を可能にする傾向はあるが、現段階で接種への推奨がなされるかは不明確であるとのこと。 保健省の