コロナ現状:昨日は3,097人の新規陽性者と7%の陽性率

 保健省の発表によると、昨日(10月12日)は新規陽性者数は3,097人であった。重症者は12.5%減少して916人から801人となった。ただし呼吸器付が242人にまで増加し、死者は2,021人となっている。

 中央統計局と保健省のデータを解析したユダヤ教徒研究所によると、年齢別・宗教別にグループ分けされている65歳以上の感染者数は6,061人となっており、その過半数以上に当たる52%がユダヤ教徒となっている。住民1千人に対する75歳以上の死者数は、イスラエル全国の平均が3.3人/1千人であるのに対し、ブネイ・ブラクで12.9人/1千人となっている。70歳から74歳の死者数も全国平均は0.8人/1千人であるのに対し、ユダヤ教徒は4.9人/1千人となっている。

 現在感染者数は51,250人で、都市別の感染者数は以下の如く:

エルサレム 5,773人

ブネイ・ブラク 4,613人

モディイン・エリート 2,322人

アシュドッド 1,928人

テルアビブ 1,782人

ネタニヤ 1,444人

ペタフティクバ 1,419人

ベイトシェメッシュ 1,272人

ベエルシェバ 1,100人

リッション・レツィヨン 1,047人

ホロン 991人

ハイファ 931人

レホーボット 889人

エルアド 875人

アシュケロン 797人

バットヤム 769人

ベイタル・エリート 742人

ハデラ 730人

ラムレ 729人

最新記事

すべて表示

イスラエルに於けるファイザー社製ワクチンの効果率最新結果

ファイザー社製ワクチンの高い効果性を見せた研究の中間結果発表から数週間後にクラリット保険会社は、2回目の接種から1週間後の慢性患者にも高い免疫レベルを示した追加結果を発表した。 ピアレビューされたこの研究は、クラリット被保険者約140万人のデータを調査し、対象グループとして接種者と未接種者のグループ間で比較された。この研究はハーバード大学研究者達と共同で実施され、New England Journ

インド、トルコ、ウクライナからの「最小限の外国人」

インド、エチオピア、ウクライナ、トルコ、メキシコ、ブラジルと南アフリカ。これらが保健省が厳しい渡航警告を発する予定である国々のリストであり、これらの国々の感染レベルが高く、これらの国々から到着する乗客によってイスラエル国内に新しい変異株が侵入する懸念がある。 また世界で最も感染が酷い国となった、インドからの外国人入国には個別に関連した文書があることも判明している。コロナ総責任者のナフマン教授が署名

イスラエルの研究:コロナは不妊治療に影響を与える恐れ

コロナに感染していて不妊治療が必要?3か月待つことが勧められている。シバ病院で実施された研究によると、不妊治療を受けるカップルの一人がコロナ感染した後に得られる胚の質は大幅に低下することが明らかになった。 今日体外受精(IVF)の成功率に与えるコロナウイルスの影響に関する医療的・研究的文献情報は存在していない。シバの研究は対外受精ユニット責任者のラウール医師を筆頭とし、女性と男性の生殖能力と不妊治

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.