コロナ現状:昨日は3,097人の新規陽性者と7%の陽性率

 保健省の発表によると、昨日(10月12日)は新規陽性者数は3,097人であった。重症者は12.5%減少して916人から801人となった。ただし呼吸器付が242人にまで増加し、死者は2,021人となっている。

 中央統計局と保健省のデータを解析したユダヤ教徒研究所によると、年齢別・宗教別にグループ分けされている65歳以上の感染者数は6,061人となっており、その過半数以上に当たる52%がユダヤ教徒となっている。住民1千人に対する75歳以上の死者数は、イスラエル全国の平均が3.3人/1千人であるのに対し、ブネイ・ブラクで12.9人/1千人となっている。70歳から74歳の死者数も全国平均は0.8人/1千人であるのに対し、ユダヤ教徒は4.9人/1千人となっている。

 現在感染者数は51,250人で、都市別の感染者数は以下の如く:

エルサレム 5,773人

ブネイ・ブラク 4,613人

モディイン・エリート 2,322人

アシュドッド 1,928人

テルアビブ 1,782人

ネタニヤ 1,444人

ペタフティクバ 1,419人

ベイトシェメッシュ 1,272人

ベエルシェバ 1,100人

リッション・レツィヨン 1,047人

ホロン 991人

ハイファ 931人

レホーボット 889人

エルアド 875人

アシュケロン 797人

バットヤム 769人

ベイタル・エリート 742人

ハデラ 730人

ラムレ 729人

最新記事

すべて表示

ドバイから帰国したイスラエル人が隔離ホテルで暴動

ドバイから昨夜帰国したイスラエル人達が、規制によって義務付けられている隔離ホテルへ搬送された。しかしホテルでの隔離を免除する申請を検討する保健省の代表が空港に不在なため、最初はホテルへの移動を拒否した。長い説得後にホテルへ到着した時に、ホテルにも代表者がいないことが判明した途端に暴動が発生した。 エルサレムのダン・パノラマ・ホテルに到着したイスラエル人には、ホテルに到着すれば保健省の代表者と合える

10月以来、感染係数が1以下

昨日は8,174人の新規陽性者が確認され、9万件以上のPCR検査で陽性率が9%となっている。全国の病院には1,901人の入院患者、重症者1,132人、呼吸器付が317人となっている。 陽性者数が8千人を超えたのは3日連続だが、今朝諜報局により発表された報告書によると、10月以来初めて感染係数が1以下の0.99となったと朗報もある。感染係数が1以上の場合には感染者数は指数関数的に増加し、ある一定の時

最悪:昨日の新規陽性者数が1万人を突破

コロナ禍から初めて昨日の新規陽性者数が10,021人となり、10万件のPCR検査で陽性率も10.2%と高くなっている。オックスフォード大学のデータによると、過去7日間で人口に対する陽性者数は、イスラエルが世界で一位となっている。次にポルトガル、アンドラ、チェコ、アイルランド、レバノン、モンテネグロ、イギリス、スロベニア、アメリカ、スペイン、スイスという順だ。 しかしPCR検査数が感染データにも影響

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.