コロナ検査の個人用キット

 コロナ検査の個人用キットが、保健省へ承認申請された。もし承認されれば薬局などで購入することが可能となり、約10分で検査結果が出ることとなる。この検査キットはQuickVue At Homeと呼ばれており、アメリカのクイデル社製で、リミファーム社がイスラエルへ輸入している。精度は陽性の場合84.8%、陰性の場合99.1%となっている。

 抗原検査キットであり、体内の免疫反応を引き起こすウイルス関連タンパク質のフラグメントを検出している。このキットにはノーズスティックが含まれており、親が子供へのセルフ・サンプリングを可能としており、咽頭部インライン抽出と同様の簡単なプロセスとなっている。検査解析は糖分と尿検査のテストスティックに似た、段ボール紙製スティック上で行われる。

 キットの最終価格は決まっていないが、30~40シケル(900~1,200円)くらいになると想定される。リミファーム社では、保健省が承認する基準に沿って価格が設定する可能性があると伝えており、保険会社を通じて検査キットに助成金を支給してもらう可能性も検討されているとのこと。

 コロナのセルフテストは世界各国でも既に承認されており、これらのキットはアメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、イタリアやフランスでは、子供と学校の生徒達には無料で配られている。セルフサンプリングには医療関係者を必要とせず、潜在的な感染者の早期発見を可能としている。

 この検査キットは、14歳以上の対象者は個人使用としてFDAによって承認されており、8歳以上の子供には親の手助けが必要としている。

最新記事

すべて表示

コロナ禍から1年、キブツにボランティアが戻る

コロナ感染によってキブツへの海外ボランティア計画が凍結されてから1年、アリエ内務大臣はキブツ運動の要求に応え、ボランティアの為に空港を再開することを決定した。 去年3月にコロナ感染がおこり、キブツ運動はイスラエルへの海外ボランティアの入国を封鎖したが、縮小された形でボランティア計画は継続し、イスラエル国内には少数のボランティアが残っていた。コロナ禍でも興味を持っている人達や、海外からの協力団体から

イスラエルで7件のインド変異種が初確認

保健省では、海外から帰国した未接種のイスラエル人の間で、インド変異種が7件初確認されたと発表した。保健省は、接種者と回復者に対するこの変異種の影響に関して、明確な情報はまだ何もないと伝えている。 今回のケースは、遺伝子検査の国立研究所によって確認された。保健省では、特に感染状況が厳しい国々の海外からイスラエルへ帰国する者の隔離の重要性を強調している。 シバ病院感染病ユニット責任者のガリヤ教授は、「

ファイザー社社長:2回目の接種から12か月後に3回目の接種が必要になるかも知れない

ファイザー社社長のアルベルト氏は、今後12か月以内に3回目のワクチン接種が必要になるかも知れないと語った。またそのワクチンは、感染と様々な変異株の対策として重要なツールになるとも語っている。インフルエンザ予防接種のように、毎年1度のワクチン接種が確定する可能性が高いとも語っている。 ファイザー社によると、ワクチンの効果性は接種から半年後でも95%であることは知られている。同様のテクノロジーをベース

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.