コロナ禍のプロジェクト:イスラエル初代首相のランドリー

 まだ閉鎖中のキブツ・スデーボケルにあるベングリオンの家では、この現状を利用して、1973年に他界したイスラエルの初代首相が残した服や遺品の整理やメンテナンスを行っている。

 現場の職員達は、「老人」が使用していた洋服、カーペット、カーテン、シーツ、ベッドカバー、タオルやハンカチまでもクリーニングとメンテナンスに出している。洋服ダンスには、キブツの農場で作業服として使用していた多くのカーキ服があり、式典用のスーツ、シャツ、ジャケットやネクタイなどもある。ベングリオンが特に愛用したつなぎの下着、コート、砂漠の冬用セーター、トルコ帽子、キッパ、軍帽やカフィア(アラブの布巻)もある。

 現場の職員達の注目を引いたのは、ワンジーパジャマと袖に血痕があるジャケット、1957年の国会議事堂に投げ込まれた手りゅう弾で負傷した時にベングリオンが着用していたものだ。現場の責任者であるギル氏は、ジャケットもクリーニングに出すが、血痕はそのまま残すそうだ。

 現場の職員達は、これらの遺品のクリーニングとメンテナンスの過程はとても繊細で、最低1か月はかかると語っている。このミッションには、ネタニヤ市の特殊クリーニング会社が選ばれた。

 「インテンシブなメンテナンス作業を実行するには今が最適だ」とギル氏は語った。「代々に継がれる遺産を保守している。このクリーニング作戦にはとても興奮している。人の家はその人の人格を表す。ここにある遺品は一つ一つが特殊な意味を持ち、彼が偉大なリーダーであったことを見せてくれる。この家はついさっきベングリオンが外出し、もう少ししたら帰宅するような雰囲気で残されている」。

 「彼が市民の軍隊であるイスラエル軍を組織した。ここにある洋服ダンスからも我々自身のことを学ぶことが出来る。幸福にもこれらの遺品を保存することに成功し、老朽は感じられない。カーキ服も何着もあり、彼が良く着用していたことが分かる。彼がどのように生活していたかを理解することにより、一人の人間としての彼に我々を関連付けてくれる」とも述べた。

最新記事

すべて表示

7月から観光客入国が拡大

2021年7月1日から市民ではない接種済みの外国人は、事前の許可なしに入国することが出来るようになる。国のリストやワクチンの種類などの詳細は、現在保健省によって作成中である。この規制は今日活動している陸上国境にも有効となり、2021年7月4日にはイスラエル人のためにアラバー国境(ヨルダンとの国境)も開通される。 今回の発表は、約2か月前の観光省のキャンペーン発表時に予想されていたことが実現したこと

空港で長蛇の列:帰国者はPCR検査なしで解放される

金曜日のベングリオン空港での特殊な混雑により、接種者と回復者を含むイスラエル入国者全員へ要求されるPCR検査を受けずに帰宅した者が数人いることが判明した。保健省ではPCR検査なしで入国した人数に関して回答をしていない。 保健省によると、同時に着陸したフライトにより、長蛇の列と非常な密の状態が発生したとのこと。安息日入りの時間が間近に迫っていた事も、入国者達の感情を逆立てる要因の一つとなったとのこと

全てがワイナリー、ブドウ畑と乳製品のミツペーラモンを訪問

この1年間で良いものが生まれたとすれば、ワイン勧告のジャーナルであり、ワイナリーの訪問、ブドウ畑のおもてなし、小規模の興味深いワイン地域に国を変えることであった。今日この趣味はワイン好きだけではなく、ユダ山地、ガリラヤやゴラン高原で息を吸いたい人ならだれでも可能となった。 今回はネゲブ山、ミツペーラモンの近くでエイラット、シナイやそのほかの多くの美しい場所に行く途中のワイナリー、ブドウ畑と乳製品を