コロナ禍のプロジェクト:イスラエル初代首相のランドリー

 まだ閉鎖中のキブツ・スデーボケルにあるベングリオンの家では、この現状を利用して、1973年に他界したイスラエルの初代首相が残した服や遺品の整理やメンテナンスを行っている。

 現場の職員達は、「老人」が使用していた洋服、カーペット、カーテン、シーツ、ベッドカバー、タオルやハンカチまでもクリーニングとメンテナンスに出している。洋服ダンスには、キブツの農場で作業服として使用していた多くのカーキ服があり、式典用のスーツ、シャツ、ジャケットやネクタイなどもある。ベングリオンが特に愛用したつなぎの下着、コート、砂漠の冬用セーター、トルコ帽子、キッパ、軍帽やカフィア(アラブの布巻)もある。

 現場の職員達の注目を引いたのは、ワンジーパジャマと袖に血痕があるジャケット、1957年の国会議事堂に投げ込まれた手りゅう弾で負傷した時にベングリオンが着用していたものだ。現場の責任者であるギル氏は、ジャケットもクリーニングに出すが、血痕はそのまま残すそうだ。

 現場の職員達は、これらの遺品のクリーニングとメンテナンスの過程はとても繊細で、最低1か月はかかると語っている。このミッションには、ネタニヤ市の特殊クリーニング会社が選ばれた。

 「インテンシブなメンテナンス作業を実行するには今が最適だ」とギル氏は語った。「代々に継がれる遺産を保守している。このクリーニング作戦にはとても興奮している。人の家はその人の人格を表す。ここにある遺品は一つ一つが特殊な意味を持ち、彼が偉大なリーダーであったことを見せてくれる。この家はついさっきベングリオンが外出し、もう少ししたら帰宅するような雰囲気で残されている」。

 「彼が市民の軍隊であるイスラエル軍を組織した。ここにある洋服ダンスからも我々自身のことを学ぶことが出来る。幸福にもこれらの遺品を保存することに成功し、老朽は感じられない。カーキ服も何着もあり、彼が良く着用していたことが分かる。彼がどのように生活していたかを理解することにより、一人の人間としての彼に我々を関連付けてくれる」とも述べた。

最新記事

すべて表示

死海マーチング:50年経過して初めてヨルダン川河口を訪問できる

軍管轄地となってから50年以上が経過し、死海へのヨルダン川河口へ旅行者が初めて訪問することが可能となった。散策コースは約4.5kmで、死海文書地方自治区の「死海の先駆者」マーチの枠内で、3月の3回の週末と総選挙の日のみ特別に一般公開となる。 このコースは去年のマーチングの枠内で一般公開される予定であったが、丁度発生したコロナのせいで急遽中止となった。このコースは健脚な人用で、ヨルダン川の川岸を歩い

グリーン・海上アイランド:ロイヤル・カリビアンがハイファから接種者のみのクルーズを開始

大手クルーズ会社であるロイヤル・カリビアンは、近日イスラエルでの活動を開始すると発表した。同社の発表で、「5月から夏や祭日にかけて9月末まで、ロイヤル・カリビアン社は3泊から7泊のハイファからギリシャの島々やキプロス島へ、同社豪華客船オデッセイ・オブ・ザシーのクルーズ航海を開始する」と伝えられている。 目的地にはロードス、サントリーニ、ミコノス、ハニヤ、アテネやリマソールがある。3月9日より予約可

封鎖解除第三段階:どのホテルが再開

政府は昨夜、封鎖解除第三段階を承認した。グリーン規制に沿ってホテルの運営が再開し、現在まで死海のホテルだけ許可されていた食堂の利用も可能となる。どのホテルが再開するか調べてみた。 ナカシュ・グループからの連絡だと、ハーバート・サムエル・ホテル、エイラットのロイヤル・シャングリラとオーキデアは改築中で過越し祭にオープン予定、それ以外の同グループのホテルは全て来週日曜日から再開する。テルアビブのスタイ

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.