ゲッセマネの園の教会で放火未遂

 警察は、49歳のエルサレム市民男性を、ケデロンの谷にあるゲッセマネの万国民の教会を放火未遂の容疑で逮捕した。放火によって教会内のベンチの一つに被害が出ている。警察の調査によると、この容疑者は以前にも放火の前歴があり、刑事事件であってテロ事件ではないとみている。

 現地の見張り員が放火現場を発見し、警察が到着するまで容疑者を確保していた。4台の消防車が教会に到着し、消防隊員は「幸運にも教会全体に火が広がらなかった」と報告している。消防隊員の話によると、教会内は煙で蔓延していたとのこと。教会内を換気し、救急隊員や放火専門家も現場に到着した。

 発火性物質で教会に火をつけようとした容疑者は、多くの放火前科者であった。ケデロンの谷にあるフランシスコ会教会のゲッセマネの万国民の教会は、4世紀のビザンチン時代に建設された教会の上に1924年に建設された。キリスト教の伝承によると、教会はイエスがローマに手渡されて十字架刑に処される前に、最後に祈った場所として信じられている。

最新記事

すべて表示

キリヤット・シュモナからエイラットまで:都市自然

まだ自然保護地区に行くことが出来ず、でも自然で少し息抜きをしたい人達にとっては、自宅付近の都市部自然を訪問する絶好の機会だ。環境省の支援の下、自然公園局の環境学者が実施した、約50か所の都市自然の枠内で、町の中心部には特別で小さな自然地域が沢山隠れていることが判明した。 これらの調査結果は市長、設計士、地方行政区運営課に提出され、自然を考慮しながらの都市開発計画の継続を可能とさせる。また環境省の支

家族連れで不法侵入、焚火、車両侵入:希少な要塞遺跡での違法と破壊行為

3度目の封鎖が開始して以来、一般公開に向けて保存と開発が進んでいるツェデク要塞国立公園での破壊行為などが多数確認されている。フェンスや遺跡入口の破壊、古代遺跡の床で直に焚火やバーベキューをした跡、不法侵入した車両やバギーカー、また散歩道を車が走行していたのも確認されている。 それ以外に小さい子供を連れた家族が、公式に一般公開され李以前に現場を探索しようと、まだ現場での工事が終了していないにも関わら

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.