ゲッセマネの園の教会で放火未遂

 警察は、49歳のエルサレム市民男性を、ケデロンの谷にあるゲッセマネの万国民の教会を放火未遂の容疑で逮捕した。放火によって教会内のベンチの一つに被害が出ている。警察の調査によると、この容疑者は以前にも放火の前歴があり、刑事事件であってテロ事件ではないとみている。

 現地の見張り員が放火現場を発見し、警察が到着するまで容疑者を確保していた。4台の消防車が教会に到着し、消防隊員は「幸運にも教会全体に火が広がらなかった」と報告している。消防隊員の話によると、教会内は煙で蔓延していたとのこと。教会内を換気し、救急隊員や放火専門家も現場に到着した。

 発火性物質で教会に火をつけようとした容疑者は、多くの放火前科者であった。ケデロンの谷にあるフランシスコ会教会のゲッセマネの万国民の教会は、4世紀のビザンチン時代に建設された教会の上に1924年に建設された。キリスト教の伝承によると、教会はイエスがローマに手渡されて十字架刑に処される前に、最後に祈った場所として信じられている。

最新記事

すべて表示

独立戦争時に戦死した植物学者トビヤ・クシュニルの花を辿って

「トビヤはまだ黒く希少なアイリスを栽培している」と、ナオミ・ショメル(注:黄金のエルサレム作曲家)の歌に記され、毎年秋になると「自分の庭に吹く狂った風が、殆どの白ユリをなぎ倒す」と描写している。73年前のトビヤ・クシュニルの事を歌っており、パルマッハ隊に入隊して独立戦争で戦死した。享年24歳であったが、イスラエルの地の自然調査の発見に多大な貢献をし、一部は世界規模の重要な発見でもあった。 「当時イ

5月23日から接種済みの観光客は、イスラエル訪問許可

イスラエルは5月23日から、グループ旅行の外国の接種済み観光客に国を再開する。このように保健省と観光省の共同作業チームによって規制が決定した。決定される人数制限に沿って観光客グループはは到着し、第一段階の結果に沿って、現在の方向で感染が継続するならば、グループではない観光客の規制拡大が可能となる。 各省間チームには、市民医療サービス責任者のシャロン医師と、コロナ総責任者のナフマン教授、及び専門家が

今年の独立記念日には何処へ飛べて幾らかかるか

独立記念日(4月15日)を前に市、接種証明書保有のイスラエル人に新しい渡航先が加わった、アブダビだ。同王国の国営航空会社のエティハドは、イスラエルとUAE間の直行便を始めて運航したフライ・ドバイ航空会社に加わり、第一段階として週2便を飛ばす。イスラエル人は同国では隔離を必要としない。 ドバイとアブダビ間も再開した。イスラエアー社営業販売副責任者のギル氏は、「イスラエル人にアブダビが再開してから、ド

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.