クナッフェの作り方:自宅のフライパンで作れるデザート

〇材料:

●砂糖シロップ

 砂糖 3/4 カップ

 お湯 1/2 カップ

●クナッフェ

 リコッタ・チーズ 250g 又は モッツアレラのシュレッド・チーズ 200g 

 サワークリーム15% 1個

 クリームチーズ3% 200g

 バター 75g(カダイフ麺用)

 カダイフ麺 200g

 バター 50g(炒め用)

 刻んだロースト・ピスタチオ(塩分無しのナチュラル)


〇調理方法:

1.砂糖シロップ:鍋に砂糖と水を入れ、沸騰したら火を弱めにしてかき混ぜながら数分調理する。火から下ろしたら冷めないように保温しておく。

2.クナッフェ:ボールの中にリコッタ・チーズ、サワークリームとクリームチーズを入れて良く混ぜる。

3.電子レンジでバターを溶かし、カダイフ麺と良く混ぜる。

4.フライパンに25gのバターを溶かし、カダイフ麺の半分の量をフライパンに平面に敷く。

5.カダイフ麺の上にチーズを平らに載せ、カダイフ麺の端は何も乗せないで残しておく。残ったカダイフ麺をチーズの上から覆い、端を押して中身が出ないように閉じる。数分カダイフ麺を焼き、下側が茶色になったらフライパンと同じ直径の皿を上に被せ、クナッフェと一緒にひっくり返す。

6.25gのバターをフライパンで溶かし、皿に乗っているクナッフェの焼けていない方を下にしてフライパンに戻し、数分焼いて茶色になったらまたひっくり返してお皿に乗せる。砂糖シロップの半分の量をクナッフェの上からかけて、ピスタチオで飾り付けたら完成。

*入手可能ならばヤギチーズも少量混ぜると美味しさアップします。

最新記事

すべて表示

神のパンのレシピ:アメリカのスーパーで販売されている人気商品

リロケーションでノースカロライナに2年間駐在し、アメリカの食料事情を知ることとなったが、特にスーパーの棚に並びきれない有り余る豊かさには驚いた。特にパンの棚は顕著で、理解できない数の種類のパンが置いてあり、お互いに似ているのに似ないように努力しているのが分かる。 そんな中で最も目についたパンは、Food For Life社のパンで、とても不思議な名前の「エゼキエル4:9」という名前のパンを販売して

イスラエル南部のお勧めワイナリー9か所(後編)

●カドゥマ・ワイナリー、クワル・ウリヤ カドゥマのファミリー・ブティック・ワイナリーは2010年に設立され、ワイン製造過程の一部で巨大な陶器製の壺を使用しているイスラエルで唯一のワイナリーである。ワイナリーは古代の製造方法と、最新の技術と最先端のノウハウとを組み合わせ、古代にイスラエルと世界で使われていたワイン製造技術を最新化させている。 このワイナリーは世界中のサイトで行われた調査に沿って、イス

イスラエル南部のお勧めワイナリー9か所(前編)

イスラエル南部、特にネゲブ砂漠では、この地域へのビジネスと観光の再開が感じ取られている。しかしレストランはまだ閉鎖しており、ワインとおつまみを組み合わせた旅行に出たい人達は、イスラエル南部に広がっているワイナリーの一つでそれを楽しめることが出来る。 イスラエル南部では既に数千年前からブドウの栽培地域であった。この地域には興味深い考古学遺跡が何か所もあり、ブドウ畑の跡、ワイン工場やワイン用のブドウ倉

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.