クナッフェの作り方:自宅のフライパンで作れるデザート

〇材料:

●砂糖シロップ

 砂糖 3/4 カップ

 お湯 1/2 カップ

●クナッフェ

 リコッタ・チーズ 250g 又は モッツアレラのシュレッド・チーズ 200g 

 サワークリーム15% 1個

 クリームチーズ3% 200g

 バター 75g(カダイフ麺用)

 カダイフ麺 200g

 バター 50g(炒め用)

 刻んだロースト・ピスタチオ(塩分無しのナチュラル)


〇調理方法:

1.砂糖シロップ:鍋に砂糖と水を入れ、沸騰したら火を弱めにしてかき混ぜながら数分調理する。火から下ろしたら冷めないように保温しておく。

2.クナッフェ:ボールの中にリコッタ・チーズ、サワークリームとクリームチーズを入れて良く混ぜる。

3.電子レンジでバターを溶かし、カダイフ麺と良く混ぜる。

4.フライパンに25gのバターを溶かし、カダイフ麺の半分の量をフライパンに平面に敷く。

5.カダイフ麺の上にチーズを平らに載せ、カダイフ麺の端は何も乗せないで残しておく。残ったカダイフ麺をチーズの上から覆い、端を押して中身が出ないように閉じる。数分カダイフ麺を焼き、下側が茶色になったらフライパンと同じ直径の皿を上に被せ、クナッフェと一緒にひっくり返す。

6.25gのバターをフライパンで溶かし、皿に乗っているクナッフェの焼けていない方を下にしてフライパンに戻し、数分焼いて茶色になったらまたひっくり返してお皿に乗せる。砂糖シロップの半分の量をクナッフェの上からかけて、ピスタチオで飾り付けたら完成。

*入手可能ならばヤギチーズも少量混ぜると美味しさアップします。

最新記事

すべて表示

ホムス、串焼き、焼きピタパン

メキシコとバンコクの現地市場を歩いていた時に、海、陸、空からの串焼きの山盛りになっているバーベキューの列が並んだ煙の匂いを追いかけ、一部はソースに浸され、一部はソース無しで、味はアジア又は東洋であった。 炭火が小さくなった時に、グリルマンは火が消えないように団扇で煽る。バーベキューの上から火を煽る光景は最もイスラエルらしく、また同時に国際的であると考えた。料理の準備を終えて机を整え、ビールかワイン

コロナ禍中にワイン消費が急増、過越し祭も期待

過越し祭前夜祭のワインはどのボトルが使用されるのか?「イスラエルのワイン販売の60%以上が、過越し祭と新年祭用に作られている」と、我々の地域で最古の製造産業の一つであるワイン産業の過越し祭に対する重要性さをレカナッティ・ワイナリー副社長のギル氏は語った。 イスラエル人が好むワインは赤ワインだが、ここ数年間ではローゼワイン、ゲベルツトラミネールをベースとしたワイン、洗練された口当たりの良いワインが増

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.