ギブアッティ部隊基地で大乱闘:食堂の列で口論となり兵士21人負傷

 昨日日曜日にクツィオットにあるギブアッティ旅団訓練基地で、2部隊間の激しい乱闘により21人の兵士が負傷した。イスラエル軍によると、7人がベエルシェバにあるソロッカ病院に搬送され、他の者は基地の医療部隊によって治療を受けた。

 同基地で勤務する兵士達の証言によると、同じ訓練基地を使用しているベドウィン巡察部隊新兵達とギブアッティ部隊新兵達との間に緊張関係があったとのこと。シャケッド大隊新兵達とベドウィン巡察部隊の新兵達との間で食堂の列の順番で口論となり、乱闘に発展したと見られている。

 この乱闘では殴り合いと蹴り合いになり、証言によるとお互いに武器で脅迫しあったとのこと。今回の乱闘には部隊長も参加しており、仲裁に入った兵士達も負傷している。現在軍警察が原因を調査している。

 イスラエル軍によると、「今回の事件は、イスラエル軍が兵士達に要求する軍の価値観や行動と矛盾する深刻で異常な事件である。この事件は現在旅団長によって調査中で、乱闘に参加した兵士全員が処罰される予定である」と伝えた。

 2018年1月にもネゲブ砂漠にある軍基地の食堂で大乱闘が起きた。その事件では9人の兵士が軽傷、7人が病院に搬送された。乱闘はテクノロジー・メンテナンス部隊コース研修生達と軍警察兵士達との間で起こり、その時も食堂の列の口論が原因であった。

最新記事

すべて表示

パレスチナ当局は、総選挙中止の地盤を準備中

1か月後に西岸地区とガザ地区の約250万人のパレスチナアラブ人が、15年ぶりにパレスチナ議会選挙に投票する予定である。しかしここ数日間パレスチナ自治政府が、総選挙が無期限に延期される可能性について世論を準備しており、実際には中止される予定であることが明らかになった。 総選挙延期の公式理由は、イスラエルが今までに東エルサレムに於ける選挙の実施を許可しなかったことになっている。以前からの経験では、イス

シリアの地対空ミサイルがネゲブに着弾、イスラエル空軍が報復攻撃

イスラエルが関連したとされる攻撃後に、昨夜シリアからイスラエルへ発射された地対空ミサイルがネゲブに着弾した。シリアの地対空ミサイルに対する防衛システムが作動し、イスラエル空軍はその報復として、ミサイルが発射された場所やシリア国内のその他の対空砲を攻撃した。 シリアの報道によるとイスラエル空軍は夜中1時30分に、地対空ミサイルが発射されたダマスカス付近の数か所の目標を攻撃したとのこと。イスラエル軍ス

テロリストを認識して攻撃:ガザ国境で戦うイスラエル軍最新ロボット

国境付近で戦うロボットが初公開。ガザ師団では、航空産業社製のロボット「ヤグアル」(ジャガー)が導入され、遠隔操作でテロリストを認識・攻撃が可能となる最初のロボットになると期待されている。 エルビット社とエルタ社製のテクノロジーで、ここ数年間イスラエルで開発された。ロボットは既に現場の最初の軍事作戦結果を出しており、ベイト・ラヒヤとベイト・ハヌーン正面に駐屯する北部旅団の管轄下にある。このロボットの

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.