キスレブの月(11月~12月)希少なクロッカスと魔法の紅葉

 カイザリアの建設でヘロデ大王が使用した採石場に花咲くコルチカムのカーペットと、エルサレムの山々にヨーロッパを思い起こす紅葉のカーペット。キスレブの月にお勧めの観光スポットだ。キスレブの月には秋のコルチカムの花が徐々に消え、冬の到来を告げるクロッカスが花咲き始める。数か所のスポットでは、紅葉の色が本物のヨーロッパの秋の雰囲気を旅行者に醸し出す。

●ヘロデ大王採石場のアキナルキスとクロッカス

 オール・アキバの近くに、カイザリアの町を建設するためにヘロデ大王が石を切り出した採石場の遺跡フルバット・メラフがある。しかし秋になるとこの場所は美しい特殊な花で一面覆われる。

 最初の雨から二週間後、遺跡はコルチカムのピンクのカーペットで覆われ、その隣には希少なアキスイセンが咲いている。冬の時期に咲くスイセンとは少々違うが、その希少価値とトゲがある乾燥した植物を背景にするととても際立って見える。数日雨が続けばコルチカムの花の代わりに、とても希少と考えられている白紫色をしたクロッカス・アレピカスが花咲く。

 遺跡はオール・アキバの工場地帯の北端にあり、4号線からオール・アキバに入ると最初のロータリーを右に曲がってハイラン通りへ入り、北上して道路の突き当りまで走るとT字路がある。道路のわきに車を置いて砂利道を歩いて行く(今は土砂で塞がれている場所もある)と右側に小さい丘が見える。岩肌や茂みの中に花が咲いているのが見える。入場は無料。

●エイン・ヘメッドの魅力的な紅葉旅行

 イスラエルはヨーロッパではなく、落葉樹はイスラエルにあまりない。しかしそれでも秋に赤色と黄色に色変わりする木樹が生えている場所が幾つかある。一つは冬の到来前に訪問することをお勧めする場所で、1号線のヘメッド交差点の近くにあるエイン・ヘメッド自然公園である。車でエルサレムから15分、テルアビブから30分の場所にある。

 カナダの国旗を飾っているメープルの木の親戚のスズカケノ木が密集しているクサロン川の一部に自然公園が面している。スズカケノ木は秋になると赤色、黄色とオレンジ色の葉のカーペットを落葉する。

 紅葉のカーペットを歩ける自然公園の散歩道は、遺跡として残っている十字軍時代の要塞の近くにあり、ピクニックも可能なので一日中過ごせることが出来る。

最新記事

すべて表示

設立120周年をお祝いするエルサレムのホテル

イスラエルの観光に関して少し理解している人は、アメリカン・コロニー・ホテルに付いて聞いたことがあるだろう。東西エルサレムの境目にある国際的な香りを持ったホテルで、シェイフ・ジャラフ居住地にある。隠れた庭でもたれた、政治家や諜報部の秘密の会合なども有名な話だ。しかしここ1年半何処でも起きているように、コロナ禍以来この歴史的なホテルは、その歴史に新しい1枚を刻み、半分は悲しく、半分は甘い話である。 こ

同行者も送迎も無し:空港でのコロナ規制が厳格化

今晩零時(7月26日)から、ベングリオン空港での同行者、及び送迎者の入場が禁止となる。ターミナル1と3への入場は、4時間以内のフライトに登場するフライトチケットを提示した者しか許可されず、またはフライトの為に何らかのことを行う為に必要な者だけである。また未成年の同行者、または身体障がい者の同行者、及び商用目的の入場は許可される。 今日は1日で約3万4千人の利用客が空港を通過し、そのうちの1万6千5

明日から16歳以上のイスラエル人は、全員海外出国申請書を提出する必要

保健省は、明日6月29日から16歳以上のイスラエル市民は全員、イスラエルから出発する24時間以内に申請書を記入する必要があることを発表した。この申請書には、個人の詳細と、最高リスクレベルと定義された国々を訪問しないという宣誓書になっている。申請書入力にはここをクリック: 最高リスクレベルの国々のリストは、現在ではアルゼンチン、ブラジル、南アフリカ、インド、メキシコとロシアになっている。これらの国々