キスレブの月(11月~12月)希少なクロッカスと魔法の紅葉

 カイザリアの建設でヘロデ大王が使用した採石場に花咲くコルチカムのカーペットと、エルサレムの山々にヨーロッパを思い起こす紅葉のカーペット。キスレブの月にお勧めの観光スポットだ。キスレブの月には秋のコルチカムの花が徐々に消え、冬の到来を告げるクロッカスが花咲き始める。数か所のスポットでは、紅葉の色が本物のヨーロッパの秋の雰囲気を旅行者に醸し出す。

●ヘロデ大王採石場のアキナルキスとクロッカス

 オール・アキバの近くに、カイザリアの町を建設するためにヘロデ大王が石を切り出した採石場の遺跡フルバット・メラフがある。しかし秋になるとこの場所は美しい特殊な花で一面覆われる。

 最初の雨から二週間後、遺跡はコルチカムのピンクのカーペットで覆われ、その隣には希少なアキスイセンが咲いている。冬の時期に咲くスイセンとは少々違うが、その希少価値とトゲがある乾燥した植物を背景にするととても際立って見える。数日雨が続けばコルチカムの花の代わりに、とても希少と考えられている白紫色をしたクロッカス・アレピカスが花咲く。

 遺跡はオール・アキバの工場地帯の北端にあり、4号線からオール・アキバに入ると最初のロータリーを右に曲がってハイラン通りへ入り、北上して道路の突き当りまで走るとT字路がある。道路のわきに車を置いて砂利道を歩いて行く(今は土砂で塞がれている場所もある)と右側に小さい丘が見える。岩肌や茂みの中に花が咲いているのが見える。入場は無料。

●エイン・ヘメッドの魅力的な紅葉旅行

 イスラエルはヨーロッパではなく、落葉樹はイスラエルにあまりない。しかしそれでも秋に赤色と黄色に色変わりする木樹が生えている場所が幾つかある。一つは冬の到来前に訪問することをお勧めする場所で、1号線のヘメッド交差点の近くにあるエイン・ヘメッド自然公園である。車でエルサレムから15分、テルアビブから30分の場所にある。

 カナダの国旗を飾っているメープルの木の親戚のスズカケノ木が密集しているクサロン川の一部に自然公園が面している。スズカケノ木は秋になると赤色、黄色とオレンジ色の葉のカーペットを落葉する。

 紅葉のカーペットを歩ける自然公園の散歩道は、遺跡として残っている十字軍時代の要塞の近くにあり、ピクニックも可能なので一日中過ごせることが出来る。

最新記事

すべて表示

独立戦争時に戦死した植物学者トビヤ・クシュニルの花を辿って

「トビヤはまだ黒く希少なアイリスを栽培している」と、ナオミ・ショメル(注:黄金のエルサレム作曲家)の歌に記され、毎年秋になると「自分の庭に吹く狂った風が、殆どの白ユリをなぎ倒す」と描写している。73年前のトビヤ・クシュニルの事を歌っており、パルマッハ隊に入隊して独立戦争で戦死した。享年24歳であったが、イスラエルの地の自然調査の発見に多大な貢献をし、一部は世界規模の重要な発見でもあった。 「当時イ

5月23日から接種済みの観光客は、イスラエル訪問許可

イスラエルは5月23日から、グループ旅行の外国の接種済み観光客に国を再開する。このように保健省と観光省の共同作業チームによって規制が決定した。決定される人数制限に沿って観光客グループはは到着し、第一段階の結果に沿って、現在の方向で感染が継続するならば、グループではない観光客の規制拡大が可能となる。 各省間チームには、市民医療サービス責任者のシャロン医師と、コロナ総責任者のナフマン教授、及び専門家が

今年の独立記念日には何処へ飛べて幾らかかるか

独立記念日(4月15日)を前に市、接種証明書保有のイスラエル人に新しい渡航先が加わった、アブダビだ。同王国の国営航空会社のエティハドは、イスラエルとUAE間の直行便を始めて運航したフライ・ドバイ航空会社に加わり、第一段階として週2便を飛ばす。イスラエル人は同国では隔離を必要としない。 ドバイとアブダビ間も再開した。イスラエアー社営業販売副責任者のギル氏は、「イスラエル人にアブダビが再開してから、ド

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.