ガザ地区でコロナ感染拡大、西岸地区でも一部封鎖

 ガザ地区でコロナ感染が急激に悪化しており、先日のデータでは感染者数が5倍になったとのこと。ガザの赤十字事務局長のイグネシオ氏と現地記者サミー氏は、ガザ地区内の複雑な状況に関してコメントしてくれた。

 「ガザの状況は衝撃的で心配だ」とイグネシオ氏は語った。「コロナ以前から崖っぷちになっていた健康システムは既にパンク状態だ。病院の病床利用率は約90%で、その中の約70%が重症者となっている。どれくらい病院とスタッフの対応が持ちこたえることができるか分からない」とも語った。検査キット、医療機器、防護服や薬が不足しているとも語った。「状況は刻々と悪くなるだけだ」と心配そうに語った。

 WHOがガザに医療機器を入れており、次のステップに対して関係者達も準備は進めている。ただしパレスチナ人はまたワクチン購入の手続きを始めてもおらず、世界から寄付として受け取れることを願っているようだ。

 「ガザでは夜20時から翌朝5時まで封鎖されており、既に1か月が過ぎた」とサミー氏は語った。「感染数は先週だけで2千人の新規陽性者が確認され、5倍にもなっている。これは大問題だ。我々に何が出来るだろうか?呼吸器、薬やその他のものも不足している。我々の苦難は大きくて、我々にとってもイスラエルにとっても問題である」と語った。

 サミー氏はまた、「我々は隣人であって、イスラエルはガザに薬を送らなければならない。とても困難な状況だ。コロナを恐れて外出しないし、夜中は封鎖されている。コロナ閣議は完全封鎖実施を恐れており、ガザでは経済的影響も考慮して決定できない。どちらに転んでも経済は最悪だ。仕事、電気、水、給料もない。ガザに全ての問題が降り注いだ」とも付け加えた。

 イグネシオ氏はこれに関し、「ガザの経済基盤は低い。完全封鎖が実施されれば多大な影響が出る。多分世界で一番最悪の結果になるだろう」と語った。

 現状ではパレスチナ当局は、感染状況悪化の為に西岸地区の全ての店を週末、金曜日から日曜日まで閉鎖することを決定した。その後14日間、夜から翌日の朝まで毎日夜間封鎖が実施されることとなる。

最新記事

すべて表示

ドバイから帰国したイスラエル人が隔離ホテルで暴動

ドバイから昨夜帰国したイスラエル人達が、規制によって義務付けられている隔離ホテルへ搬送された。しかしホテルでの隔離を免除する申請を検討する保健省の代表が空港に不在なため、最初はホテルへの移動を拒否した。長い説得後にホテルへ到着した時に、ホテルにも代表者がいないことが判明した途端に暴動が発生した。 エルサレムのダン・パノラマ・ホテルに到着したイスラエル人には、ホテルに到着すれば保健省の代表者と合える

10月以来、感染係数が1以下

昨日は8,174人の新規陽性者が確認され、9万件以上のPCR検査で陽性率が9%となっている。全国の病院には1,901人の入院患者、重症者1,132人、呼吸器付が317人となっている。 陽性者数が8千人を超えたのは3日連続だが、今朝諜報局により発表された報告書によると、10月以来初めて感染係数が1以下の0.99となったと朗報もある。感染係数が1以上の場合には感染者数は指数関数的に増加し、ある一定の時

最悪:昨日の新規陽性者数が1万人を突破

コロナ禍から初めて昨日の新規陽性者数が10,021人となり、10万件のPCR検査で陽性率も10.2%と高くなっている。オックスフォード大学のデータによると、過去7日間で人口に対する陽性者数は、イスラエルが世界で一位となっている。次にポルトガル、アンドラ、チェコ、アイルランド、レバノン、モンテネグロ、イギリス、スロベニア、アメリカ、スペイン、スイスという順だ。 しかしPCR検査数が感染データにも影響

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.