エルールの月(8~9月)涼しい泉と水中散策

 ハマジャルサ・ラグーンとハキブツィーム川の濡れる軽い徒歩トレイルと、最も価値ある泉での水浴。これらがエルールの月にお勧めの旅行だ。真夏の水浴旅行は最高だが暑い日々を考慮すると、あまり歩く必要が無い簡単で日陰があるトレイルを選ぶことをお勧めする。


●ハマジャルサ・ラグーンのとても濡れる旅行

 ガリラヤ湖への河口手前に出来たダリヨット川のラグーン、ハマジャルサの「濡れるトレイル」は熱風の日に最適である。このラグーンでは川の中を通る800mの濡れる散策トレイルがある。水流を下降していくと、川幅が広くなり水深も深くなって途中でプールのようになっている。トレイルの殆どは日陰になっており、キョウチクトウのピンク色の花が組み込まれた緑の深みを歩いて行く。

 濡れないトレイルを行く人達も、バリアフリーになっている水へ入れる特別な場所で、冷たい川の水を楽しむことが出来るようになっている。


●谷の泉だけではない:ハキブツィーム川

 ベテシャン渓谷は、イスラエルで水が豊富な地域であり、渓谷とギルボア山との境目には、ハキブツィーム川の水流ともなっている大きな泉が幾つかある。ハマアヤノット・パークにある川の一部にトレイルがあり(濡れる方か乾いた方か選択可能)、その川沿いに幾つかプールが出来ていて、駐車場の近くにも大きな美しいプールがある。

 約2年前に行われた川の開発・改善工事の枠内で、水の中に入れるようになり、橋が架かり、展望台が造られ、トレイルが整えられ、水際に安全に降りられる階段も作られた。このトレイルはとても家族用に適しているが、川の一部は比較的深くなっている。

 その為に泳げない子供達用に浮き輪などを用意すること。ハマアヤノット・パークへの徒歩入場は無料で、トレイルは駐車場に近い場所になる。この川からそう遠くない場所に、水浴できる自然の泉が三か所ある。アイン・ムダアアイン・ショケックアイン・ミグダルだ。

最新記事

すべて表示

全国の特別ブティック・ワイナリー

ワイナリーへの訪問は、過去数年間で盛んとなり、コロナ禍では一般公開したワイナリーの数も増大した。全国の数百か所のワイナリーを訪問することが可能となり、全部にビジターセンターや、ブドウ畑の視察などがある訳でもないが、片手に素晴らしいグラスワインがあれば、それ以上望むものはない。 何処から訪問を開始し、本当に特別はワイナリーとは?北部から南部まで、グラスワイン以外にも提供しているワイナリーを紹介しよう

上級者用シナイ半島

シナイ半島は自分が好きな渡航先の一つで、とても近く、安く、景色も体験の見返りもある。陸上の国境(タバ国境)であるために、シナイ半島が海外だと忘れてしまいやすく、パスポートと海外旅行保険を忘れないようにしないと、ウニを踏んで怪我をしても誰も賠償してくれない。国境使用税はイスラエル側とエジプト側でも支払う必要があり、国境を越えた直後から安堵感がある、のんびりした全く違う世界へ移動できることを確約する。

EUがイスラエルのグリーンパスポートを認証:「航空業と観光業への緩和」

イスラエルとEUは、15日午後にイスラエルとEU諸国内で発行されているワクチン証明書の相互認証契約書にサインした。保健省と外務省の共同声明によると、この契約書のテクニカル的な部分は10月初旬までに完了し、イスラエルのグリーンパスポート保持者が、ヨーロッパ各国のコロナ規制に沿って、現地のグリーンパスポートを取得してレストラン、文化センター、公共施設などへの入場が可能となる。 EU諸国以外に今回の契約